臨床栄養士のひとり言

ブログトップ | ログイン

<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第555回 公開回答

先週末に無事帰国しました。極寒のドイツ(今年は比較的寒いそうです)から初夏を思わせる日本に帰ってきたら早速体調を崩しました。それでも我が家の庭の桜はもうすぐ開花のところまできています。

今回の出張では重金属の問題が世界的にかなり深刻になっていることが報告されていて、特にアジア圏では深刻な問題ととらえるべきとの共同声明がだされたほどです。今朝のラジオでも報道されていましたが、お隣の中国で燃やしている石炭から発生する水銀が風に乗って韓国や日本にまで到達していることも先週のミュンヘンの学会で一足早く報告されていました。風に乗って運ばれてくるのは黄砂ばかりではないわけです。
報道では危険な水準ではないと言っていますが、以前から説明していますように一度体内に侵入してきた水銀はすぐに体外に排泄されるとは言えません。僅かな量であってもそれが常時続くことで体内に蓄積される量は想像以上の量になります。
ただでさえ、日本は魚だけでなく歯科治療で使用してきたアマルガムやワクチンからの水銀汚染が懸念されているだけに、また1つ汚染源が増えたわけです。もっとも中国の石炭に由来する水銀は昨日今日はじまったことではないので、ようやく国も目を向けるようになったことだけでも幸いだというべきかもしれませんが・・・

今回の出張ではこの話題以外にも収穫がありました。ドイツのニュルンベルグで開業する内科のドクターから非常に強力な抗生物質作用を持つナチュラルな素材の紹介をしてもらいました。この素材は日本ではまだまだなじみのない素材ですが、抗生物質の処方を懸念する高齢者や小児、カンジダ菌症の患者には非常に有効であることが既に報告されています。その作用のしくみを聞くと十分納得のできるすぐれた素材であることが理解できました。副作用もないので今後私も使ってみたいと思っています。

さて、前置きが長くなりましたが、ドイツ出張中に読者の方から質問がありました。先月アメリカで行われたDr.ライトのセミナーに参加したときに私がDr.ライトと会食をして、Dr.ライトが肉を食べていたことに興味を持たれた方で、なぜDr.ライトが肉を食べるようになったのか教えてほしいとの問い合わせです。
結論から言えばこの件に関してはDr.ライトの奥様がかなり影響をしています。Dr.ライトは以前から摂取するたんぱく質は大概魚と決まっていましたが、最近肉をたべるようになった背景には体力があったようです。
朝は果実と野菜とハーブティーで、昼はほとんど食べることがなく、食べるとしてもリンゴやブドウ。夕食も玄米と魚を少しの生活スタイルを長年続けてきたようですが、Dr.ライトが注意していたのは添加物、それもMSG(味の素のような類)による頭痛や体調不良の直接的な影響があり、調味料を使用して味付けするような料理は避けてきたようです。それがいつのころからか肉を食べると頭が重くなり体調が悪くなることに結びついてしまったようです。奥様が1度化学調味料を一切使わずハーブや岩塩だけで味付けをして、パインアップルで前処理をしてやわらかくした肉を料理してだしたところ頭痛や体調が悪くなることがなく、魚だけを食べていたときよりもエネルギーの持続性が高いことがわかったということです。同じ動物性のタンパク源でも魚と牛や豚のそれとはアミノ酸組成も異なることもあるのでしょうね。もちろん奥様が購入してくる肉はオーガニック飼料で育てられたものが中心であることは言うまでもありませんが。

ま、私としては次回Dr.ライトに会うときに肉食のままでいるかが興味のあるところですが・・・
by nutmed | 2009-03-23 19:18

第554回 ミュンヘンから

EUのネットアクセス環境はいいと聞いていたのに、どうも今回のホテルはあまりよくないようです。
ミュンヘン初日、町の中心から北にあるマクシミリアン大学の講堂で、重金属毒素学会の初日のセミナーがありました。
d0070361_164113.jpg

今年のセミナーは3年前よりも参加者が多く、89名。遠くは南アフリカやチリからの参加ドクターもいました。
アジアからは3年前にも一緒になった韓国、シンガポール、インドからの馴染みのドクターの顔もありました。

初日のトピックスでは、パラジウムの有毒性についての報告がフランスとオランダからありました。3年前には水銀とニッケルの有毒性についての話題でもちきりでしたが、今年はパラジウムが新たにトピックスとなっています。この10年以上、歯科の治療素材で水銀を使用したアマルガム合金はほとんど使用されなくなりましたが、パラジウム合金素材については使用頻度が高いと聞いています。

水銀に比べ、パラジウムが蒸発して体内に蓄積することはほとんどないと言われてきましたが、長年の使用によって微量ながら体内に蓄積することは否定できないとの報告です。

このテーマについては帰国後改めて紹介したいと思います。
by nutmed | 2009-03-15 16:14

第553回 明日からドイツ・・

明日12日から今の季節はまだ寒いドイツに出張です。今回の目的もセミナーでして、テーマは重金属です。
先月とは違って今回のセミナーは多少時間の余裕をもったカリキュラムになっているので、各国のドクターとの情報交換も楽しみの1つです。
また、昨年秋に収穫されたヨーロッパのオーガニック素材の展示会にも足を運んできますので、新しいトピックスなどがあれば現地から報告できるかもしれません。

そういえば、先日のブログで私が甘いものは好きで、特に「きんつば」には目がないと紹介したので、今日早速知り合いのドクターから金沢銘菓の「きんつば」をいただきました。とても上品な甘さでおいしくいただきました。

帰国するころにはきっと東京の桜の花もちらほらと咲き始めていることでしょうね。

では・・
by nutmed | 2009-03-11 20:01

第552回 カンジダ菌 ふたたび・・・

国試の正式な発表はまだですが、どうやら自己採点では「サクラサク」のようです。親の私たちも大喜びですが、当然、本人が一番喜んでいるようでして、晴れて4月から社会人の仲間入りとなります。

さて、桜の便りが我が家だけでなくあちこちから聞こえ始めてきたこの頃、今日の東京も午後から一気に気温が上昇しましたが、そこはまだ3月初旬。夜になると未だ肌を刺すような冷たい風が関東平野を走りぬけています。

そんな今日の午後、ネットで検索してこのブログにたどりついたという兵庫在住の女性から1本の電話が届きました。内容を聞くと、10年以上前から重いアレルギー症状と化学物質過敏に悩まされていて、過去に13回ものアナフィラキシー症状で救急車のお世話になったということで、ステロイドは9年間継続し、一時的に症状は穏やかになるものの、その後異常なという表現が適当なほどの味覚過敏と臭気過敏に襲われ、薬だけでなく、サプリメントや食材の多くに反応し受け付けることができないほどに至っているとのことでした。
病院やクリニックにも行き検査を受け、過去の症状を説明はしても検査結果がほぼ正常値な状態から、具体的な症状の説明もなく薬を処方されることが少なくなかったそうです。できれば薬による治療ではなく栄養療法を試してみたいので、大阪・神戸など関西方面で本格的な栄養療法を実践していて、今の症状の根本的な原因究明とその改善・治療をしてくださる医療施設を紹介してほしいとの電話でした。

残念ながら私の知り得る限りでは関西方面で彼女の症状をケアしていただける栄養療法を実践している医療施設を知らないために、紹介をしてあげることはできませんでしたが、短い電話での会話の中でいくつかの質問をした結果、かなりの確度で「カンジダ菌」の増殖が過去から今の症状の原因になっている可能性を感じました。彼女が持っているいくつかの症状にはカンジダ菌の影響による症状と酷似しているものが多く、一夜にしてアトピー症状を伴う皮膚炎を発症したことや、食事をしてから数時間すると疲れること、傷などがすぐに化膿してしまいなかなか治りにくいこと、極度の臭気、味覚過敏があることなどを総合すると、その疑いはかなり濃いものとなりました。そして不思議というか残念なことに何年か前に受けた人間ドックで胃カメラを飲んだときに、担当医から「ああ、こんなところにカンジダ菌が繁殖して白くなってる。食道にカンジダ菌が繁殖するのは珍しいね・・でも体のどこにでも居る菌だから・・」と告げられた経緯があるとのことで、私は彼女に、その時にそのドクターから抗真菌薬の処方はされなかったのかを確認したところ、彼女が薬に対する過敏症があったこともあるようですが、「このくらいならすぐ治るから大丈夫だろう・・」のようなコメントしかもらえなかったということでした。この時点で彼女の症状を考慮し、薬や食材の過敏のことも考慮したうえで何らかの対応をスタートしていたならば、改善の方向に向いていた可能性は否定できないだけに残念でした。

実は彼女の持っている症状のすべてではないものの、かなり共通の症状を持ち、検査では正常値であるがゆえになかなか症状の原因がつかめていないだけでなく、症状が悪化してしまう方は少なくないと言ってもいいでしょう。
誤解があるといけませんから、私自身は栄養療法が全てを解決するとは思ってはいません。抗生物質や最新の薬、手術、化学療法も必要であることは間違いありません。ただ、検査値は正常であっても、目の前にいるクライアントが明らかに正常ではない症状を持ち、少し踏み込んで生活習慣、食生活、ストレスの状態をヒアリングすることでわかる背景もあります。
このブログを購読している方の中にはドクターも少なくないと思いますが、クライアントの不定愁訴の原因を究明するときに一度カンジダ菌を考えてみてはいかがですか。
by nutmed | 2009-03-10 23:03

第551回 減量の心得

今朝は久し振りの太陽が顔を見せてくれ、我が家の庭の桜の蕾も少しづつふくらみはじめ、またブルーベリーと山椒の新芽がふくらみはじめ、もうすぐそこまで春が来ていることを告げてくれています。
今日明日は全国的に薬剤師の国家試験があります。我が家の一人娘もこの春から新社会人となる前に、4年間の集大成である薬剤師の国家試験に臨んで、今朝も5時に起きて6時には試験会場へ出かけていきました。考えてみれば子供の成長は本当に早いものです。彼女の節目節目で迎えてきた試験は数多くありましたが、私は今まで決して「頑張れよ!」と声をかけたことがありません。私が言わなくとも彼女は彼女なりに頑張ってきたことは親である私自身が一番理解しているつもりなので、頑張れという言葉をかけることは彼女にとって、何か失礼になるような気がして今まで一度も声をかけたことがありませんでした。今朝、彼女が家を出る前に私の部屋にやってきて「じゃ行ってくるから・・」と言ってくれたときに、一瞬私は何と声をかけてやればいいものかと悩みました。それでも私の口をついて出た言葉は「しっかりやっておいで・・」でした。今考えるともっと気の利いた言葉をかけてやればよかったかとも思いますが、彼女は4年間の集大成を見事にその成果としてあらわしてくれると信じて送り出してやりました。

さて、昨年のブログでも紹介しましたが、私が栄養カウンセリングに出ている2つの病院とクリニックで昨年からスタートさせた減量プログラムが徐々にその成果を見せ始めていて、青山のクリニックでは本格的に肥満を対象とした減量プログラムをスタートさせることになりました。
先日も女性で肥満に悩む方のカウンセリングを行いましたが、以前から肥満傾向にある方の共通点として、食事の仕方、特に食べるスピードが異常に早いことは知られていて、この女性もその典型的なケースでした。
世の中の医療施設で肥満改善のためのカウンセリングは広く行われていて、この早食いは真っ先に注目されてアプローチをされてはいますが、「あなたはまず食事をゆっくり食べないと・・・」と言った通り一辺倒な指導が行われていることが少なくありません。しかし、当の本人はそんなことは言われなくても理解していることだし、今までも何回となく他人から言われてきたことだと思います。実は、これが肥満改善、時に食事指導をスタートさせるときの最も注意しなければいけないポイントだと私は考えています。以前から私はストレスのない食生活を言い続けてきましたが、このストレス、この場合には本人の癇に障ることがそれになりますが、折角本人が減量にまじめに取り組もうとクリニックにやってきているのに、最初からその意欲をそいでしまうような指導は、この先の減量プログラムの進行に大きな影を落とすことになりかねません。
私がいつも心がけていることはクライアントがストレスをためずに、意欲を損ねないように進めることです。そのためには一律にすべてのクライアントに同じ対応はできないことになり、クライアントごとに精神的な壁を取り除いてあげつつ、ハードルを低く設定し、自分の手の届く範囲から実行してもらい、1つ1つのハードルを越えることができた満足感を持たせながら着実に前に進んでいくことが重要と考えています。
今回クリニックを訪れたクライアントの女性にも、まずは簡単で本人が苦痛に思うことなく、手の届く範囲からできることとして、「咀嚼(そしゃく)」、つまり食材によって噛む回数を考えた食事をまずは1週間実行してもらうことだけに専念してもらいます。実は多くの肥満の方はこの咀嚼にまじめに取り組んでもらうだけで2-3kgの減量は確実に成就できるんです。きっとこのクライアントもそれを感じ取ってくれると信じています。

世の中相変わらずダイエットブームは続いていますが、もしあなたが確実に減量を成就させたいと思うのであれば、ストレスをためない食生活から取り組むべきだと思いますね。最初から高い目標を設定するのではなく、低い目標でかまわないから確実にステップアップができるような自分の性格と意思と相談の上で決めた目標です。
by nutmed | 2009-03-07 11:52

第550回 アダになることも・・・

今月3月はいつになく忙しく動きのある月です。先日アメリカのセミナーから帰国したと思ったら、来週12日からはドイツのニュルンベルグに出張です。今回のドイツは3年ぶりの国際有害重金属学会総会出席とセミナー参加です。3年に1回開催されるこのセミナーを受講することが義務付けられているので何としても出席せねばいけないのですが、それ以上に各国のドクターたちとの重金属や体内のミネラルに関する情報交換、新たなトピックスや研究報告が楽しみでもあります。

昨晩は青山のクリニックでの栄養カウンセリングの日でしたが、以前から栄養療法に興味を持っていたドクターが栄養カウンセリングの見学をしたいということで、昨晩青山に来ていただきました。その折にお土産をいただいたのですが、「佐藤先生は日ごろから炭水化物や甘味の摂取については食べ過ぎはいけないと言っているので、何を持ってきたものかと困ってしまって・・・」と言われ、内心{またやってしまった・・}と思った次第です。

これと同じような場面に遭遇することは非常に多いんです。もっとも私自身がアチコチで炭水化物や甘いものの過剰摂取の功罪について喋っているのですから当たり前と言えば当たり前なんですが・・
ただ、決して私自身が甘いものを一切食べないわけではないんです。四六時中甘いものを食べるわけではないですが、ケーキやまんじゅうを食べたいと感じたときには躊躇せずに口にしますしね。

先日アメリカへDr.ライトのセミナーを受講に行った折、以前から師匠であるDr.ライトの教えをある程度意識してきた私にとっては結構ショッキングな場面に遭遇しました。私は「Dr.ライトはコーヒーを飲まない、豚肉・牛肉は食べない」という思いをずーっと持ち続けてきましたが、今回ラスベガスのセミナー会場で、初日の講義の始まる前のひと時、久々の再会を喜んでお互いの情報交換をしているときにDr.ライトが片手に持って何気なく飲んでいた飲み物を見て驚きました。コーヒーだったんです。私が彼に「それコーヒーでしょ?何でそんなもの飲んでるの!?」と確認すると「そう、コーヒーだよ。でもデカフェだからカフェインは入ってない」と何もなかったように。考えてみれば以前からDr.ライトがコーヒーの功罪を説明するときには「カフェイン」のことが主論になっていたことは事実ですが、目の当たりに堂々とコーヒーを飲む彼の姿は少しショックでもありましたが、その日のランチではもっとインパクトのある場面に遭遇しました。
Dr.ライトの奥様と、私と一緒にセミナーに参加した2人のドクターの5人でランチをともにしました。ラスベガスのホテル名物のビュッフェランチ(バイキング)に行ったのですが、Dr.ライトが両手に抱えてきた皿の上には、何と肉厚のローストビーフが載っていて、テーブルにつくなり、おししそうにその血のしたたる肉を食べ始めた姿を見たときには開いた口が一瞬ふさがらなかった状態です。
同行したドクターも「Dr.ライトは肉食べるんですね」と少し安心した様子。
いずれDr.ライトにはこの件について確認してみるつもりですが・・・

まあ、自分では気がつかないうちに自分で喋っていることがアダになることもあるんですね・・
ちなみに私が好きな甘味は「きんつば」です(笑)
by nutmed | 2009-03-06 12:19

第550回 自分の体内環境、生活習慣に合った食事

昨晩の雪は積もるのでは?と思っていましたが、朝起きてきればいつもの東京・・ある意味では交通の混乱を招くことがなかったのでよかったですね。

さて、今日は自分の体内環境、生活習慣に合った食事という考えについてです。

まず理解していただきたいのは、《食物は究極の薬》であるということです。 サプリメントが広く使用されるようになった昨今、多くの人がビタミン剤やミネラル剤を摂っていれば好きなものを食べてよいと勘違いしています。これはとんでもないことです。サプリメントは「補助」という名のとおり、あくまでも食事を補助するために摂るものであり、食事のかわりにはなりません。
自分の体内環境、生活習慣に合った食事を摂ることによって、症状や体内環境に対して適切なサプリメントの効果が現れます。人間の体は約60兆個の細胞で作られていて、それらの細胞すべてがたんぱく質、炭水化物、脂肪によって作られ維持されています。 代謝タイプに完全にマッチした高品質のサプリメントを摂っているとしても、正しい食事を摂っていないのであれば、サプリメントの効果を得ることは難しいといえます。
  
大切なことは、《体が発する声に耳を傾け食事を微調整する》ことです。これをいつも心に留めてください。
食事の微調整がときおり必要になりますが、それは自分の体内環境、生活習慣というものがいつも同じではないということです。注意を払わなければならないのはただひとつ、体が絶えず伝えようとしているメッセージに耳を傾け、その意味を理解することだけなのです。
現代社会に生きるわたしたちは、自分自身の体との会話を持つことすら少なくなりました。あまりに不適切な食生活をあまりにも長く続けてきたために、わたしたちの多くが健康をもたらしてくれるものとは何なのかを忘れてしまい、真の健康さえも知らなくなってしまったのです。
低レベルの栄養摂取が続いた結果、ほとんどの人は遺伝的に恵まれた健康の恩恵を真に享受できていません。すばらしい健康を持って生まれたとしても、燃料が正しく供給されないことにはその健康が肉体にあらわれることはないのです。しかし幸いなことに、自分の体内環境、生活習慣に合った食事を知り適切な食事をしていくことにより、わたしたちのだれもが生まれながら持った健康を得ることが可能になります。
by nutmed | 2009-03-04 15:07

第549回 ラスベガス セミナー 最終日

たった今、3日間のバイオアイデンティカル補充療法のセミナーの全講義が終了しました。連日朝7時から午後7時までの長時間の講義でした。これほど長時間の講義は中々経験できませんが、中身は非常に濃く、頭の中も一気に大きくなったようです。実は今回のセミナーには日本から2人のドクターと一緒に参加をしてましたが、2人のドクターも連日、医学部では学ばないような、また日本の医療では行われていない療法や検査の講義を受け、非常に満足しているようです。遠くまで来た甲斐は十分あったようです。

それにしても、アメリカのセミナーに出席するたびに思うことは、講師のドクターの話が理解しやすく、笑いも交えて非常にわかりやすく吸収しやすいことです。
今回のセミナーも遠くはフィンランド、インド、ブラジル、ドイツから、アジアからもわれわれの他にも台湾、韓国からドクターが出席して盛況のうちに終了しました。

講師の中心ドクターのドクターライトも出席者からの質問攻めにあいますが、いやな顔ひとつせず丁寧に対応している姿を見ると、こちらも真剣に知識を得て帰らねばとなります。
d0070361_11423440.jpg

d0070361_11425856.jpg


セミナーの最後は講師全員に対す質問タイムで、ここでも盛んに意見交換されていました。
d0070361_11451384.jpg


今回のセミナーで受講した知識は近いうちにブログで紹介しようと思います。

さて、明日は帰国なので、折角なので少しだけギャンブルに興じてくることに・・・・
by nutmed | 2009-03-01 11:47