臨床栄養士のひとり言

ブログトップ | ログイン

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

第563回 メタボリックシンドロームの判定に思うこと

今年の連休は例年と異なり飛び石が多いと思っていたら、不況の影響もあってか、特に製造業では連続16連休なんて企業もあるそうですね。おまけに休日祝日土曜日の高速料金一律¥1000なんて小手先の内需拡大策もあったりするので、車での大移動でいずこも大渋滞が予想されています。
私ですか? 連休中は積み残しの原稿書きと読み残しの原書読書が70%、残りはいつものようにストレス解消のために趣味のバイクでプラッと新緑を愛でにいく予定でいます。

国の肝入りでスタートしたメタボリックシンドロームについては、国民性もあるのでしょうか、最近では以前ほど話題にならなくなりましたね。以前に健康診断のことを書いた記憶があるのですが、メタボリックシンドロームも同様で、あまりにも画一的な基準で判定をされてしまうことに疑問を感じていたところ、海の向こうアメリカでも同じことを考えている友人がいたようです。
日本ではウェスト周囲が男性で85cm、女性で90cm以上あり、以下の3項目のうち2つ以上に該当する人がメタボリックシンドロームの疑いと判定されます。
1、中性脂肪が150mg/dl以上でなおかつHDL-コレステロールが40mg/dl未満
2、上の血圧が130mmHg以上かつ下の血圧が85mmHg以上
3、空腹時血糖の値が110mg/dl以上

d0070361_1433852.jpg


これがメタボリックシンドロームの判定基準で、これ以外には何もありません。
私が疑問に感じているのは、人間の体内の脂と糖分、そして血圧は食生活や運動の有無だけでなく、「性別・年齢・食事の仕方・ストレスの大小・採血の時間」によって大きく変化するもので、それだけではなくその人が赴いている仕事の環境によっても大きく変わるということが何も加味されていないということです。毎日朝から夕方まで肉体労働をする人と、1日中デスクワークをする人では体内の脂質と糖の消費量、代謝システムはまるっきり異なるわけです。
このような背景をもって生活している人を、一律同じ数値の枠組みで分けてしまい、「あなたはメタボリックシンドロームです」と判定してしまうことが果たして国が考えている生活習慣病予防の促進につながるのでしょうか。
私の友人のテキサス工科大学の研究者が偶然同じようなことを疑問に感じていたようで、彼はまず職業に注目しました。
少なくとも1日6時間デスクワークをしている40歳代の男女と、少なくとも1日5時間以上肉体労働をしているビルの建設作業員の40歳代の男女の血液中の中性脂肪、コレステロールを抜き打ちで協力してもらって調べました。採血は午前9時と午後6時の2回お願いをしましたが、ビルの建設作業員のほうがデスクワークの人たちに比べHDL-コレステロールも血糖値も午前午後ともに平均して低くほとんどの人が「基準値」内であったそうですがビルの建設作業員のほうが午前中の中性脂肪の値は平均して高く、基準値を上回る人も少なくなかったそうです。しかし、午後6時に採血した中性脂肪の値ではデスクワークの人たちは午前中とあまり変化が見られなかったのに対して、ビルの建設作業員では午前中よりも数値が低くなっている人が多かったということです。彼はこの背景として肉体労働者ではエネルギーのもととなる中性脂肪のキャパシティーが高いのではないかと考えているようです。
これがすべてに当てはまるわけではないかもしれませんが、人種の違いだけでは片づけられないほど、人間の体内環境がライフスタイルや仕事の環境で変わるkとではないかと思います。

私がカウンセリングを行っているクライアントの中に、会社の健康診断で「あなたはメタボリックシンドロームです」と告げられて以来、気分が落ち込みがちになり、薬を飲まないと眠れない状態になった男性が1人います。彼は40歳半ばでそれまでは家族を大事にし、仕事も確実にこなしていく、中肉中背のいわゆる脂がのった男性でした。彼の弁を借りるのであれば「メタボリックシンドロームなんて対岸の火事くらいにしか思っていなかった。自分には関係のない話だと思っていた。人事課からメタボリックシンドロームの食事、運動指導の通知が届いたときには目の前が真っ暗になったような・・・」
私はある種の「医原病」のような感じさえ受けました。もちろんメンタルケアの不充実の問題もあるでしょうが、一律同じ数値の中だけで判定するのではなく、判定する側がその人の背景にある生活、仕事職種、ストレスなどの環境要因を十分に理解把握した上でより詳細な判断、その後の指導ができるのではないでしょうか。
by nutmed | 2009-04-27 14:06

第562回 読者からのメール-IgG抗体検査について

昨日は全国的に夏日または真夏日になったところが多かったようです。そのせいか夜の繁華街では生ビールの文字が躍り、4月に入社の新入社員とおぼしき後輩を連れて喜び勇んで店ののれんをくぐるおじさんたちがあちこちで目につきました。いよいよ本格的なビールがおいしい季節ですからね。

さて、今日は読者から寄せられたメールを1つご紹介したいと思います。
先日終了したばかりのIgG抗体食物アレルギーについてのメールでした。
「ブログ「臨床栄養士のひとり言」のIgG抗体のアレルギーの記事を読み、自分の経験から非常に納得する部分があり驚きました。こうやって苦労していて、IgG抗体検査を必要としてる人間がいるということで報告させてください。」という出だしで始まったこのメールを送ってくれた方は、1年ほど前から食事をした後に急激な倦怠感に襲われるようになり時には床に倒れて昏睡するようなことさえあったようです。はじめは食後は胃腸に血液が集まるから眠くなるんだろうと考えていたようですが、眠気の程度が通常の眠気とは異なり明らかに異常であることが徐々にわかったようです。なにがなんだかわからないながらも、食事が原因だろうと思い色々と調べるうちに反応性低血糖症というものの存在を知ったようです。これで原因がある程度特定でき、反応性低血糖症状に見合った炭水化物の摂取制限食事メニューを考え続けていくうちに、炭水化物が一切含まれない食事をしても意識が飛んだり、呼吸が苦しくなったりするようになり、ここでますます症状の原因背景がわからなくなりました。 病院に行き症状や経過を説明し、血液検査を受けても主治医からは「コレステロールが少し低いくらいで異状ないですね」とのコメントだけで苦労が増すばかりだったようです。
その後も地道に自分で食べた食材のリストをこまめにつけ、自分の体調が明らかに変化した食材の特定をする努力を続けた結果、いくつかの食材と漢方薬に対してアレルギー反応を示し極度の倦怠感が現れることをつきとめたようです。
しかし、このように食材1つ1つを自らチェックしていく作業は生活スタイルへの影響や精神的なストレスが増すばかりで、IgG抗体の検査を受けてみようと考え始めたということで、日本でIgG抗体検査を実施してくれつ施設を紹介して欲しいということでした。

私が想像するにこの方と同じ、もしくは似たような状況で悩んでいたり疑問に思っている方は少なくないのではないでしょうか。ただ、すべてがIgG抗体にかかわる背景ではないにしても、毎日口にする食材が、自分でも知らず知らずのうちに、ただし確実に体内で体のシステムに影響を与える芽をつくることは間違いのないことです。
by nutmed | 2009-04-23 12:41

第561回 不定愁訴とアレルギー 過敏性腸症候群(IBS)

先週末の土日は久々に連チャンで講演会でした。土曜日は大阪、日曜日は東京。両講演会ともにあるサプリメント販売会社の顧客向けのサプリメントについてのテーマで講演をしてきました。多くの方がどんなサプリメントがよくて、どんなサプリメントが悪いのか、サプリメントの選び方などについての話を聞けるものと期待してくるのですが、私がサプリメントについてはじめて講演をする対象者には、サプリメントの良し悪しや選び方についての話はほとんどしません。ですから聴衆している方の多くが最初は期待はずれなんでしょうが、会の半ばを過ぎるころにはほぼすべての聴衆している方が、サプリメントの選択方法やその良しあしよりももっと重要な栄養素の基本を、いかに自分が今まで認識していなかったかが理解でき、講演会が終わるころには皆さん満足した顔になっているのが私の楽しみでもあるんですが。

さて、今日は不定愁訴とアレルギーの最終回「過敏性腸症候群」(以下IBS)になります。
IBSは先進国に多い症状で、精神的なストレスと低たんぱく摂取がその原因とされているものです。「過敏性」という名前がついているように、腸が必要以上に過敏に反応して下痢と便秘を交互に繰替えすことが多く、その症状は比較的午前中に多いとされています。神経伝達ホルモンであるセロトニンの作用によって腸が過剰に動くためにおこるとされていることから、セロトニンを抑える薬や、漢方の「桂枝加芍薬湯」などがポピュラーに処方されます。これらの薬で症状は落ち着くことは落ち着きますが、結局は「対症療法」でしかなく、根本的な原因背景は依然として残ることになります。
男性よりも女性に比較的多くみられ、不定愁訴の中の上位にくる症状の1つでもあって、私がカウンセリングしている30-40歳代の女性に多いですね。
日本ではその原因を「精神的なストレス」「心身症」として片づけてしまうことがすくなくないですが、IBSの背景にも食物アレルギーが潜んでいることが少なくありません。2005年にイギリスのセントジョージ医科大学の研究者たちが発表した報告では、IBSの症状を持った18歳から75歳の131人に血液中の14種類の食物(トマト、小麦、カニ、タラ、全卵、トウモロコシ、マッシュルーム、牛乳、米、エビ、牛肉、鶏肉、大豆、ブドウ)に対するIgE抗体とIgG抗体を検査したところ、即時にアレルギー反応を起こす背景となるIgE抗体が陽性となった患者はほとんど見られなかったのに対して、遅延型アレルギー症状ほかの背景となるIgG抗体の中でカニ、全卵、エビ、大豆、小麦に陽性反応を示した患者が76%でありました。これらの患者に対して反応を示した食物を6ヶ月間避ける食事指導とともにビフィズス菌などの乳酸菌を4か月摂ってもらうことによって患者のIBS症状がなくなったという報告があります。
日本人の場合には欧米人と摂取する食物に若干の違いはあるものの、精神的なストレスの影響のほかに、それもかなりの確率で食物性の潜在的なアレルギーが関わっている可能性は高いと思います。
現在日本ではIgE抗体検査は頻繁に行われていますが、IgG抗体検査についてはまだまだ頻繁に行われていないのが現状です。以前にも話したように血液を使わずに体内が耐性を持ってしまっている食材や添加物を検査する方法は日本でも実施している施設はあります。以下はその検査の報告書の一例ですが、左には食材や添加物の名前があります。右側の数字が60以上になると体内が耐性を持っている可能性が非常に高い素材ということになります。
d0070361_114463.jpg

by nutmed | 2009-04-20 11:05

第560回 不定愁訴とアレルギー 頭痛

先週末の土日は年に1回の趣味で乗っているバイクの「おじさん」仲間の全国ミーティングが岐阜県馬瀬温泉で開催され、ことしで7回目の皆勤参加してきました。長野県から岐阜を抜ける山道では桜が今が見ごろでソメイヨシノやヤマザクラがここ一番の開花でした。今年は100台を超える参加でしたが平均年齢も年々高くなってはいるものの、この手の年齢層に多いごあいさつかわりの「最近ヒザの調子が・・」や「血糖値がね・・」の話題は不思議と少ないのは、大好きなバイクに乗り続けるために「健康体」を維持管理を積極的にしているからなのかもしれませんね。最年長者が70歳を超えていますからね!私もあと20年、頑張りたいです。
d0070361_13164610.jpg


さて、今日はアレルギーと頭痛についてです。不定愁訴のなかでも頭痛を訴えるクライアントは多いですね。もちろん血液検査ではすべてが正常値であるのに、頭痛症状は依然として存在する。原因背景がなかなかつかめないものですから、本人も半ば諦めて上手にお付き合いしていこうくらいのことでかたずけてしまうケースは少なくないと思います。

頭痛にはいくつかのタイプがありますから全てがそうではありませんが、食餌性アレルギーがその原因になっていることは意外に多いことです。多くの方が「アレルギー症状」はじんましんや湿疹、肌のかゆみなど、体の表面に現れるものを「アレルギー症状」だと思っているのではないでしょうか。確かにそれらはアレルギー症状の典型的な症状ではありますが、体の表面に現れる自覚症状がなくとも、体内でアレルギー反応が進んでいることは決して少なくありません。日本でもアメリカでも慢性的な頭痛を訴えるクライアントに、前回紹介したIgG抗体検査を行うことは非常に稀だとは思いますが、頭痛の原因が食物が体内で引き起こすアレルギーであることがあります。
栄養療法を選択した頭痛で悩まされるクライアントに、IgG抗体の検査を行うと40-50種類の食材や添加物に反応していることが多く、中には100種類以上の食材に反応しているケースもあります。これらの反応している食材や添加物を個人差はありますが2-6週間避ける「エリミネーションダイエット」や反応している食材や添加物を4日間避けて5日目に再び食べて反応度合を見る「ローテーションダイエット」をクライアントにお願いして行ってもらうと、頭痛の原因背景となっている可能性の高い食材や添加物がかなり詳細に特定できるだけでなく、それを避けることで頭痛が改善されることはめずらしくありません。
いわゆる食べてからすぐに体が反応をしてしまうIgE抗体がかかわるアレルギー反応とは異なり、IgG抗体アレルギー反応は、「食材や添加物に対する耐性」を持ってしまうと考えてもいいでしょう。
人間が体外から侵入してくるウィルス、バクテリアなどから体を防御する働きが「免疫」になりますが、人の免疫の働きの約80%を担っている臓器が腸です。腸にはこれら体外から入ってくる「異物」を体内に侵入させないようにするための「膜」を形成しています。言い換えれば、人間にとって重要な栄養素はこの膜を通し、異物は侵入させないための働きを持った膜ですね。加えてこの膜は体が栄養素として認識できる大きさまで消化分解されていなければ、やはり「異物」(大きなタンパク質の塊)として認識をしてしまいます。
この腸の膜が化学物質、カンジダ菌、薬(主に抗生物質)、重金属、ストレスなどによって再三ダメージを受けることによって異物と栄養素を認識して膜を通過させたり侵入させないようにする働きが低下し、不必要に体の免疫システムが動きだすことになります。
これはLGS(リーキーガット症候群)のテーマでも説明しましたのでそちらを参考にしてください。
by nutmed | 2009-04-14 14:08

第559回 アレルギーと不定愁訴 アレルギー検査

このところ毎週水曜日のお昼はほぼつけ麺ランチです。決してラーメン通でも愛好者でもないのですが、1週間に1回は恋しくなるんですね。いわゆるコッテリしたスープではなく魚介類だしのスープですね、好きなのは。
で、毎週水曜日の昼に友人のドクターと行く店が「二代目 つじ田」というメディアでもよく取り上げられていますし、ラーメンフェチの間でも知られた店らしく、いつも昼は30分待ちは当たり前の状態です。
麺は強力なコシがあって、スープはほのかに鰹の香りがあり、一見コッテリなスープですがさっぱりした舌ざわり。特徴は「すだち」をかけて麺をスープにつけて食べることでしょうか。栄養学者の立場から言うと、このすだちのpHが胃の中に食物がはいっているときの酸度に近いこともあって、消化を促進してくれます。
d0070361_1572521.jpg


さてつけ麺の話はこのくらいにして、今日はアレルギー検査についてです。
そろそろ終盤戦にはいったスギ花粉の時期ですが、アレルギー性症状を持った方の多くは、医療施設で採決をしてアレルギー検査を受けたことがあるでしょう。この場合に実施するアレルギー検査は、アレルギー物質に対応するグロブリンというたんぱく質の中の「免疫グロブリンE(IgE)」に対する抗体の反応を検査しているもので、前回説明した「即時型」といい、アレルギー物質に刺激を受けてから速やかに体内でこの「免疫グロブリンE(IgE)」抗体を作りアレルギー症状を表わすものです。(詳細はココ
このIgEアレルギー検査では花粉やダニ、犬猫の皮膚などのほか、小麦、米などの食材についてアレルギーの有無を確認することができますが、食材など食餌性のアレルギー反応有無の確認にはこのIgEアレルギー検査は力不足であることが少なくありません。もちろん、「そばアレルギー」などのように食べたそばから体が反応してしまい深刻なショック症状を起こすことがあるような即時型食餌性アレルギーの典型的なものについてはIgE検査でも判断することは十分可能ですが、いわゆる「遅延型食餌性アレルギー」とよばれ、食べてもショック症状はもとより、ジンマシン、かゆみなど具体的な症状が出てこないような状態の場合には、IgE検査はあまり有効ではないといえます。花粉症やそばアレルギーなどばかりが話題になっていますが、実はこの無症候性のアレルギーが想像以上に多く、それが慢性化し引き金となって起こる症状は少なくありません。むしろ、昔に比べて環境や食生活に深く食い込んできた化学物質や食事内容の変化で、現代のほうが多いとさえいえるでしょう。
不定愁訴としてクライアントが訴える症状の中には、もともとの発端が食餌性アレルギーによって引き起こされているものが少なくありません。
日本の臨床現場ではあまりなじみがありませんが、栄養療法によってアレルギー症状や不定愁訴の原因背景を調べていく中で必ず実施するのが血液中のIgG抗体検査(免疫グロブリンG)です。 西洋医学のドクターの多くがIgE抗体検査をチョイスする背景には、目前にいる患者が持つ症状(即時型症状)を判定するためには今のところ最良の検査であり、患者が「いわゆるアレルギー症状」を訴えている物資でもないし、時間をかけてアレルギー症状の原因をつくる背景となるIgG抗体検査を実施しても患者の経済的な負担を考えてもこれといった有効性を見いだせないでいる可能性は少なくないと思います。

食餌性のIgG抗体検査では血液を用いた検査で120種類、経絡から発せられる周波数の変化を見る検査では約3000種類の食材や添加物に対する検査を行うことができるようになりました。実際、患者が食べてもアレルギー反応として体表面に何らかの症状が出てくるわけではないのに、IgG抗体検査では明らかに反応を示す食材は、健常人でも少なくありません。本人はいたってアレルギー反応を持っているとは思ってもいませんが、反応を示す食材や添加物を7-14日避けてもらうと、不定愁訴として持っていたいくつかの症状がなくなることは決して少なくありません。

次回は症状とアレルギー反応です
by nutmed | 2009-04-08 16:01

第558回 アレルギーと不定愁訴 サイトカイン

今日の東京は朝から気温がぐんぐん上昇し、昼前にはここ中央区でも19℃までになりました。気温を肌で感じて春の訪れを感じることもありますが、街を歩く人、特に女性の服の色が淡いピンクやグリーンに変わるのも今頃ですね。

前回のアレルギーの話の中で即時型と遅延型の反応の話をしましたが、もう少し専門的な話をすると、この即時型アレルギー反応のほとんどが文字とおりアレルゲンと呼ばれる反応の原因物質にただちに反応を起こすもので、これに対して遅延型アレルギー反応は数時間から数日をかけて反応を起こすものです。もっと詳細にみるとこの遅延型アレルギー反応にはタイプ3とタイプ4の2つに分けられることがあります。
今回のテーマで取り上げるのはこのタイプ4と呼ばれるアレルギー反応で、難しい説明になりますが、免疫にかかわる重要な役割を果たすT細胞がアレルギー反応を起こす原因となる物質に刺激されて作り出す「サイトカイン」というたんぱく質がかかわる反応です。このサイトカインが攻撃する標的となるのはウィルス、細菌、がん細胞などですが、最近の研究では胃腸や口の粘膜細胞がなんらかの原因でダメージを受けた場合にもこのサイトカインが働きだす可能性が報告されています。
日本ではあまり耳にすることのないセリアック病という症状がありますが、この患者が小麦などグルテンを含む食物を摂取すると自分の免疫細胞が小腸の膜を攻撃して損傷してしまう病気です。セリアック病になると小腸から栄養を吸収出来なくなり、食事の量などに関らず栄養失調になりますがここにもサイトカインがかかわっています。LGS(リーキーガット症候群)やクローン病、潰瘍性大腸炎も同様の場合が少なくありません。
YouTubeにサイトカインの働きをCGで再現した画像がありますので見てもらうとイメージがわくでしょう。
このサイトカインは炎症にかかわる働きを持ったものが多く、炎症を抑えるものを炎症を促進するものもあります。また炎症を抑えるサイトカインでも過剰に作り出されることによって体内環境に悪い影響を及ぼす場合っも少なくありません。

次回は食餌性アレルギー検査について
by nutmed | 2009-04-07 17:58

第557回 アレルギーと不定愁訴

先週4月1日に投稿した話題について先週末までにたくさんのメールや電話での問い合わせをいただき、少し恐縮しています。4月1日は世界的にエイプリルフールということで、今年は私がシアトルへ移住するというテーマで投稿したところ、多方面に影響がでてしまったようです。お騒がせしてもおうしわけありませんでした(笑)来年はもっと勘所の利いたテーマにします・・・
もっとも、シアトル移住の話はまんざらでもなくて、近い将来の実現性のある夢としていつも頭のなかで考えてはいるテーマでもあります。

さてさて、今年も我が家の庭の桜が週末に満開を迎えました。
d0070361_141807.jpg

週末は仕事だったので昨日の日曜日の夜に夜桜を見ながら庭でバーベキューをしました。今年は昨年以上に花をつけてくれて明かりに映える夜桜です。

今日から数回にわたってアレルギーと不定愁訴について少しお話してみようと思います。
スギ花粉も終焉を迎える時期となりましたが、中には引き続きヒノキ花粉で悩まされる方も少なくはないでしょう。今回のテーマのアレルギーはこれら花粉などの吸入系アレルギーではなく、食材や添加物など食べることによって体が反応する食餌系アレルギーについてです。
不定愁訴としてあげられる様々な症状のなかの多くに食餌系アレルギー反応、特に慢性化することによって症状がひどくなるものがすくなくありません。
花粉やダニやハスダストなど、吸入することで体が反応してしまうアレルギーは、一般に「即時型アレルギー」と言って、ある種の細胞が「ヒスタミン」という化学物質を作り血液中に放出することで発症します。一方で「遅延型アレルギー」という反応があり、アレルギー反応を起こしてしまう物質に慢性的に反応はするものの、即時型のように直ちに反応が現れることが少ないまでも、それが継続することによって免疫の働きに様々な影響を与えるアレルギー反応が昔に比べて深刻になっています。やっかいなことにこれらのアレルギー反応は単一の物質(食材)で反応を起こす場合もあれば、いくつかの物質(食材)が複合的に影響を与えることもあることです。
関節痛、慢性疲労、背中や腰の痛み、頭痛、湿疹、不眠、気分の落ち込みなど、確実に自覚症状を持っているにも関わらず、血液など臨床検査を受けてみてもどれも正常値で、原因背景が不明ないわゆる不定愁訴の中にはこのような遅延型アレルギー反応が着実に体内で慢性化しているケースが少なくありません。
このような症状の改善には通り一辺倒の対処では効果がないだけでなく、場合によっては症状が改善するどころか新たな火種を作ってしまうことにもなりかねません。特に小児や高齢者では改善方法を誤ると長引くこともあります。そのためには日常から自分の体調、特に食事による体調や体内環境の変化を十分観察することも大切です。
by nutmed | 2009-04-06 14:41

第556回 4月1日、今日から新年度です

先週今週と年度末でバタバタしておりブログ更新を怠けてしまいました・・・・
さて、今日から新年度。朝から主要な駅では今日から新社会人のフレッシュな姿を多く見かけました。夢と希望を持って社会に・・というところですが、昨今の経済事情を考えると少し先行きが不安な気持ちもあるかもしれませんね。でも世の中いい時ばかりではありませんし、悪い時があるからいい時を迎えたときには感動も倍増ですから、新社会人の皆さん頑張ってくださいね。

私も新年度、新たなチャレンジを決めました。
4月から娘も社会人独り立ち、この機に長年の夢であったアメリカ移住を決意しました。
以前からシアトルのドクターライトからの誘いもあって、この6月から日本の住居を引き払い、ワイフと2人でシアトルに移り住むことにしました。
栄養医学研究所の仕事はシアトルへ持っていくことにしています。今の世の中これだけネットが発達し、また人間の移動も昔に比べて早くなっていますので、時差さえ除けば東京にいてもシアトルにいても今までとおりの仕事が可能ですしね。
来週からシアトルに向けての荷造りをスタートして、6月4日には日本を離れます。

これからはアメリカの現地から今まで以上の情報をお届けできるものと思います。

もちろんこのブログも今まで以上に強力に進めていくつもりですのでご期待ください。
by nutmed | 2009-04-01 09:17