臨床栄養士のひとり言

ブログトップ | ログイン

<   2010年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

閑話休題 季節感だけでなく旬の感覚が無くなった・・

今日は箸休めの意味も含めて、昨晩のニュースから話題を1つ。
昨年秋からのエルニーニョ現象と北極の寒波の影響があって、今年に入ってから気温の上下動が激しく、「春野菜」や秋の果実の生育・収穫に大きな影響をもたらしているというニュースが耳目に飛び込んできました。
このTVのニュースを見ていて真っ先に異論を唱えたのは、我が家の娘でした。
TVのニュースキャスターが「このところの寒波による低温と季節外れの降雪によって、トマトやキュウリなどの春野菜、初夏を彩るアスパラガスの生育と収穫に影響がでそうです・・」とアナウンスすると同時に、我が娘が「今トマトとキュウリを春野菜って言わなかった?」とすかさず一言。
画像を見れば、コンクリートが敷き詰められたハウスに、どこに根を張っているのか、トマトが力なさそうに育っている光景があります。 このアナウンサーやテレビ局の常識を問うことはさておき、このニュースを見ていた何人の日本人が、トマトやキュウリが春野菜というコメントに反応したのか?ということと同時に、すでにトマトやキュウリは人間の手によって夏野菜から春野菜に換えられてしまったのかという、恐ろしくも仕方のない現代社会の現実を、わずかな時間の中で思い知らされました。
需要があるから農家は1年中を通して野菜や果実を育て、市場に送り、国民はその恩恵を受けているのですが、よく考えてみれば、その恩恵は決して「自然の恵み」ではなく、夏野菜のトマトやキュウリを1年中でも食べることができるように品種改良し、農法を考えた産学の研究者、技術者、そして農家の「研究開発力と努力の恵み」なのかもしれません。

以前から幾度となくお話してきたように、人間が、自然の恵み、恩恵、そしてそれらの生物が持つ力の恩恵をうけることができるのは、その生物自身が、気温、水、太陽、土などの四季を通じて得た恩恵があるからこそだと思っています。
すべての動植物がそうであるように、人間もまた、生きるための「営みの力」は、同じ自然界で育まれた力をもった動植物によって作り出すことができるものです。

食の安全、食育、地産地消、遺伝子組み換え、スローフードなど、この10年ほどの間に食を取り巻く環境の中で話題になり議論され、そしていつものように喉元を過ぎていったものは数知れません。しかし、野菜や果実の旬や、それらが持つ力、そしてその恩恵を受けている人間の営みについては、残念ながらあまり議論にはなりませんね。
遺伝子組み換えの豆や野菜についてはメディアも国民も敏感かつ過剰に反応するのに、春に収穫される夏野菜、冬野菜の背景には感謝はしても、不思議、疑問に思わないほど、季節感だけでなく旬の感覚が無くなってしまったのだとしたら・・・
by nutmed | 2010-03-31 09:42

第764回 セリアック病 長期継続テーマの意図

今日は2回目の投稿になります。

読者の方から、「ここ最近のブログでは食物過敏症とセリアック病のテーマを継続されていますが、もう少し現代人の食生活に身近で、健康作りにためになるテーマを取り上げてもらえませんか・・」というメールをいただきました。確かに今年の2月15日から1カ月以上もこのテーマを続けてきていますので、マンネリ化を感じている読者の方もいるかもしれないですね。ただ、私が今までになくこのテーマを長きにわたって継続しているには理由がありまして、日本人の老若男女の多くが、日常生活の中で見過ごしていたり、無関心になっているような様々な症状や体の悩みの原因に、食物過敏症やセリアック病様の状態、つまり「吸収」という人間の重要な働きにかかわる背景が少なからずあると考えていることがあります。これは私がアメリカでの勉強をして戻ってきたときからで、神尾記念病院や青山外苑前クリニックやカウンセリングのクライアントさんを見ていても、その思いは益々強くなっています。
血液や尿の検査では何も異常はでてこないのに、明らかに自覚できる症状があるような、いわゆる不定愁訴と言われている症状(慢性的な疲労、不眠、めまい、体重の増減、頭痛、手足の冷えや痛み、湿疹、じんましん、アレルギーなど)や、低血糖、うつ症状の全てではないものの、その多くにセリアック病の原因となるような腸における吸収の異常がかかわっている可能性が高いと考えています。このような背景があるので、多くの方に腸における吸収の問題の根源の1つを知っていただきたい、また、「いつものことだから・・」と諦めずに、食材の選び方、食事の仕方、自分の代謝のタイプに積極的に目をむけてもらいたいという意図があります。
この1カ月間ほど、通常のテーマ内容に比べかなり難しい内容になっているかもしれませんし、皆さんの日常的な食事や栄養の管理から見れば、かけ離れているように思われるかもしれませんが、人間の営みにとって重要な「吸収」にかかわるテーマですので、是非理解を深めていただきたいと思います。
by nutmed | 2010-03-30 17:48

第763回 食物過敏症 セリアック病と自己免疫疾患

昨日は1日中2月上旬の寒さで、関東近畿関西もあちこちで季節外れの雪に見舞われたところが多かったようです。ここ東京でも午後には一瞬ではありましたが吹雪のような雪が! 週末から関西にバイクででかけていた友人も、自宅を目前に足柄で大雪に遭遇して足止めを食い、結局レッカー車で自宅まで帰宅したほどです。いつまで続くのでしょうか、この寒波・・・

さて、今日はセリアック病と自己免疫疾患についてです。
自己免疫疾患(Autoimmune Disease)とは、自分の体の細胞や臓器に対して攻撃(多くは抗体を作る)をしかけてしまう病気のことです。通常、人間はウィルスやバクテリア、化学物質、などの異物から体を守るために、免疫というしくみが働いてくれますが、何らかの原因によって、自分の細胞や臓器を自分自身のものではない「異物」として認識して攻撃をかけ、それによって現れる様々な症状や病気のことを言います。
皆さんがよく耳にする自己免疫疾患には、リウマチ、橋本病、シェーグレン症候群などがあると思いますが、これら以外にも難病と言われるような多発性硬化症やレイノー病なども自己免疫疾患の1つです。一般に、自己免疫疾患は人口の3%(約400万人)ほどが患っていると言われていますが、セリアック病だけについて言うと、セリアック病の30%の人が自己免疫疾患を持っていると言われています。セリアック病の人が自分の細胞臓器に攻撃をしかける自己免疫疾患を作りやすい原因については、現状明確にはなっていませんが、多くは自己免疫疾患の症状が先に現れるために、セリアック病の発見や治療が遅れることが少なくありません。小児でセリアック病の症状が現れ、同時に自己免疫疾患の症状が現れた場合、原因となるグルテンの除去食をしばらく継続することによって、自己免疫疾患の症状がなくなっていくことは比較的多いですが、成人のセリアック病の場合には、グルテンの除去食を行っても症状の軽減はあまり見られません。これも原因は明確になっていませんが、おそらく、細胞臓器が成長過程にある小児と、成熟し徐々に細胞臓器や消化の働きが低下していく成人の違いにも関係があるのではないかと思います。
セリアック病の人が発症しやすい自己免疫疾患は以下のとおりです。それぞれの症状についてはネット検索するといいでしょう。
・甲状腺疾患(甲状腺機能低下(橋本病)
・シェーグレン症候群
・アジソン病
・自己免疫性肝疾患
・心筋症(抗心筋抗体陽性)
・円形脱毛症
・リウマチ関節炎
・疱疹状皮膚炎(日本人には稀)


逆にいえば、これらの症状が現れている人の中には、元々の原因のスタート時点にセリアック病の疑いがある可能性は少なくないとも言えます。
by nutmed | 2010-03-30 09:26

第762回 食物過敏症 セリアック病の検査

桜の開花宣言が出て以来、連日2月中下旬の陽気で、桜も咲いていいのか迷っている様子のこの頃です。

さて、今日はセリアック病の検査について紹介します。
セリアック病の診断のために、このtTGという酵素を検査することはポピュラーです。tTG(またはtTGに対する抗体)の数値が高い場合には、グリアジンが形を変えて、HLA-DQ2とHLA-DQ8に結合する頻度も量も増えるわけですから、検査診断としてはセリアック病の可能性が非常に高いということになります。tTGの数値が高い、または抗体が陽性であれば必ずセリアック病である、もしくはそのリスクが高くなる、というわけでもありません。現在のtTGの検査は、tTGという酵素(タンパク質)が存在しているかの確認を目的とする(感度)検査としては非常に有効な検査ですが、セリアック病であるかどうかを判断する確定的な診断(特異性)を目的にする場合にはやや劣る現状があります。
その背景には、tTGという酵素は腸だけでなく、全身の細胞に存在するということがあります。また、tTGは糖尿病、心臓病、肝臓の障害、クローン病などでも陽性になることがあります。もちろんセリアック病の人が陰性となることもあります。
アメリカでは、血液によるセリアック病の診断検査で、比較的感度が高く、最も特異性が高いのは、筋内膜抗体(Endomysial Anti-body:EMA)を確認する検査です。この検査は絨毛の状態(委縮しているかの確認)を判断するものです。このほかにも、血液を使ってグリアジンに対する抗体の有無を確認する検査がありますが、アメリカでも日本でも、直接小腸の細胞を採取して検査する「生検」(Biopsy)の信頼性が高いと考えられています。
皮膚表面に水が溜まったような水泡ができる「疱疹性皮膚炎」の原因の1つがセリアック病と関わっていることもわかっていまして、セリアック病の主な背景の1つである、栄養素を吸収するための腸の表面にある絨毛細胞が委縮することによるものと考えられています。したがって、疱疹性皮膚炎ができたときには、可能性の1つに絨毛の状態(委縮)を疑ってみることも必要かもしれません。
by nutmed | 2010-03-29 09:34

第761回 食物過敏症 セリアック病 その7 グルテン#3

昨日は2月初旬の気温まで一気に逆戻り。夕方のお茶ノ水近辺では雨に小雪が混じるほどでした。ただ、桜の花にはこの寒さのおかげで、花の咲く期間が少し長くなる恩恵はあったようです。

今日は、セリアック病の腸の症状の原因となるグルテンとHLAとの関係についてです。
現在までのところ、セリアック病は遺伝的な要因がかなり深いと考えられていて、遺伝的に決定されるHLA(ヒト白血球型抗原:Human Leukocyte Antigen)の中の特定のHLAを持っている人では、圧倒的にセリアック病を発症する確率が高くなることが報告されています。HLA-DQ2とHLA-DQ8という白血球型抗原がそれにあたりますが、DQ-2を持った人では、セリアック病の発症リスクが95%近くまで高く、逆にDQ-8を持った人では5%と低いことが報告されています。日本赤十字が定期的に報告している日本人のHLA発現頻度を見ると、DQ-2のHLA持つ人は0.3%と他の人種に比べて低く、DQ-8の場合には約10.8%と報告されています。確かにこの数字は他の人種から見れば少ないようですが、DQ-2とDQ-8のHLAによるセリアック病の発症リスクと、日本人のDQ-2とDQ-8のHLA頻度を考慮すると、日本人の約120人に1人がセリアック病の発症リスクを持つことになります。この数字は、糖尿病や高血圧など生活習慣病のリスクに比べ決して高い数字ではないかもしれませんが、読者のみなさんはこの数字、どう感じますか?

以下の図を見てもらうと、HLA-DQ2とHLA-DQ8がセリアック病にどのように関わっているのかがわかると思います。
d0070361_12563958.jpg

食材に含まれるグルテンの構成成分であるグリアジンが腸から吸収された後、酵素のトランスグルタミナーゼ(tTG)によって形を変えます。この形を変えたグリアジンとリンパ球の表面にあるHLA-DQ2とHLA-DQ8が結合することによって、抗原提示細胞(APC)が刺激を受けます。刺激を受けたAPCは、ウィルスやバクテリアなど外部からの侵入者やがん細胞を攻撃するT細胞を刺激するとともに、リンパ球を刺激します。刺激されたリンパ球は自身が作り出すタンパク質でできた、いわば攻撃用のミサイル(ペルフォリン)や爆弾のような酵素(グランザイム)を放出します。例えはいいとは言えませんが、「昨日までは有効関係にあったどこかの大国が、国境を越えて侵入し、ミサイルや爆弾で攻撃してきて交戦状態となり、武器を持たない市民が巻き添えを受ける・・」のような状態ですね。言うまでもなく、正常な絨毛細胞や粘膜細胞が武器を持たない市民ということになります。
by nutmed | 2010-03-25 12:57

第760回 食物過敏症 セリアック病 その6 グルテン#2

d0070361_875576.jpg

今朝の東京は、1度ほころんだ桜の蕾にも気の毒なくらい気温が低くなり、おまけに冷たい雨の洗礼です。
今週末には関東地方の桜の名所も酒宴でにぎわうことでしょうね。

さて、今日はグルテンについての2回目です。
前回、グルテンの素状については説明しましたが、グルテンが含まれている素材にはどんなものがあるのかを紹介します。
最もグルテンが多く含まれている植物は、やはり小麦かもしれません。ただ、小麦は以下の図のように、同じ穀類の中でも仲間がいくつか存在します。
d0070361_875576.jpg

小麦の仲間にはライ麦とバーレイ(大麦)がありますが、前回説明したように、この両者にもグルテンの構成物質であるグリアジンに似た物質(「セカリン(Secalin)」、大麦には「ホルデイン(Hordein)」)が含まれていて、グルテンのように腸の働きに影響を与える可能性が高いことが確認されています。
小麦と同じ単葉類である米やオーツ麦、トウモロコシ、粟、コウリャンなどは、セリアック病の人には今のところ安全(90%ほど)な食材として食事指導されている素材ではあります。ただ、最近の各国の研究報告を見ると、これらの食材にも反応してしまう人が増えているようです。
グルテン(セカリン、ホルデンなども)がセリアック病の最大の症状である腸の働きに影響を与える背景は、以前にも説明したように、沢山のアミノ酸(33個)で構成されているタンパク質であって、そのタンパク質をアミノ酸の1つ1つに分解するためには、胃酸や消化酵素をもってしても、かなり至難の作業であることにあります。
繰り返しになりますが、ひとたびグルテンなどによって腸の粘膜や細胞が影響を受け炎症を発症し、それが慢性化することによって、グルテンを含まない他の穀類、またそれ以外の食材にも反応をしはじめてしまうことは少なくありません。
小麦には多くの種類がありますが、日常的に食べる素材でグルテンが含まれている(またその可能性が高い)素材を以下に紹介しておきます。
グルテンおよびグルテン類似タンパク質が含まれる素材
小麦、オートムギ、ライムギ、オオムギ、デュラム小麦(デュラムセモリナ:パスタやパンの素材) パン、ラーメン、うどん、そーめん、麩、餃子の皮、スポンジケーキ、食用でんぷん、セ、マカロニ、スパゲティ、クスクス、モルト(麦芽)、かまぼこ(つなぎ)、ソーセージ(魚肉など)、ハンバーグ(グルテンミート)、そのほか1部の酢、醤油、香味料、人工着色剤、アミノ酸液(植物タンパク質加水分解物)、1部の化粧品(口紅)や歯磨き粉にも使用されています。

グルテンが含まれていない食材なら大丈夫か?と言えば、少なくとも腸の働きに影響を与えるであろうグルテンを遠ざけることで、症状は改善される可能性は高いと言えるでしょう。ただ、症状が慢性化した後については、今度はグルテンだけでなく、糖の塊であるでんぷん質が問題を投げかけることにもなることがあります。
その話は次回に・・・
by nutmed | 2010-03-24 08:20

第759回 食物過敏症 セリアック病 その5 グルテンについて

先週土曜日は第1回目の一般セミナーを無事終えることができました。参加いただいた読者のみなさん、ありがとうございました。次回は7月頃に予定をしていますので、日程が決まりましたらブログでお知らせいたします。

さて、今日はセリアック病の5回目、グルテンについてです。
グルテンはよく「でんぷん(スターチ)」と混同されることがありますが、グルテンとでんぷんは異なるもので、グルテンがたくさんのアミノ酸がつながって構成されたタンパク質であるのに対して、でんぷんはブドウ糖がつながって構成されている炭水化物です。自宅でグルテンとタンパク質を簡単に作る(抽出)ことができるので、ご家族で実験をしてみるといいかもしれませんね。小麦粉と水を用意します。水は小麦粉のおよそ半分の量です。ボールに小麦粉と水を入れ、パン生地を作る要領で十分にかき混ぜ、固めたら30分ほどそのまま放置します。別なボールに水を入れたものを準備し、生地をその水で揉み洗いするようにします。水が白く濁ってきますが、その白く濁ってきますが、この水を乾燥させ粉にしたものがでんぷん(スターチ)です。何回か水を換えて、水が濁らなくなるまで揉み洗いした後残った塊がグルテンになります。
セリアック病の原因と目されているグルテンですが、グルテンは皆さんが毎日食べる食材、特に加工食品の多くに使われていると言ってもいいかもしれません。グルテンはアミノ酸がたくさん結合したタンパク質なので、以前は「植物性タンパク質」という表示が許されていたこともあったようですが、現在ではアレルギー(セリアック病が主ですが)の原因食材となるため、食品の表示は「グルテン」や「小麦粉(グルテン含む)」と明確に表示する義務があります。
グルテンは小麦に含まれるタンパク質ですが、その他の植物、特に穀類にはグルテン(グリアジン)に近い成分で、セリアック病の症状にも深くかかわっている可能性の高いタンパク質があります。いくつかを紹介すると、トウモロコシには「ゼイン(Zein)」、ライ麦には「セカリン(Secalin)」、大麦には「ホルデイン(Hordein)」というタンパク質が含まれています。これらのタンパク質はセリアック病を引き起こす、またはセリアック病の症状を悪化させる可能性の高い素材であることが確認されています。したがって、グルテン以外のこれらの素材成分もセリアック病が疑われる人は勿論注意していただく必要があるかと思いますが、それ以外の人でも、グルテンを食べなければ大丈夫とは断言できないので、注意確認していただきたい素材ですね。
by nutmed | 2010-03-23 17:21

週末歳時記♯2 セミナー動画をUP

昨日20日のセミナーの様子をHDカメラで撮影していたのですが、チープなカメラということもあってか、画像は今3くらいになってしまいました。音声も多少ワレていますが、1回目のセミナーの様子がわかってもらえると思います。
次回はもう少し撮影は工夫しないといけませんね・・・

by nutmed | 2010-03-21 00:51

週末歳時記 第1回セミナー無事終了

今日は3連休の初日、また晴天に恵まれ、気温もグングンと上昇し、お出かけ日よりにもかかわらず、たくさんの方が私の第1回目の一般セミナーに参加していただき、まことにありがとうございました。
居眠りする間もなく、あっという間の2時間だsったことと思います。 難しい内容も少しあったかとは思いますが、目から何枚もウロコを落としていただけたことと思います。 ネタは五万とあるので、10時間でも20時間でも話はできるのですが、そうもいかないわけでして、好評であれば2回3回と、今年は回を重ねていければと思います。
d0070361_2128137.jpg

d0070361_21284489.jpg


本日参加のみなさん、ありがとうございました。
by nutmed | 2010-03-20 21:29

第758回 食物過敏症 セリアック病 その4

週末から3連休ですね。明日の土曜日は以前から紹介していますように私の初の一般講演会です。限られた時間ですが、参加の皆さんに何を話そうか今から楽しみです。直前ではありますが、席を増やしたために若干の余裕があるそうですので、本日中に申し込みいただければ参加はできるそうです。

さて、今日はセリアック病の4回目です。今日は、セリアック病がどのように進行し、グルテン(グリアジン)だけでなくその他の食材にも反応をしてしまう可能性の背景を紹介します。
通常は、腸の表面の突起(絨毛)を作っている細胞は5-7日で再生をし、新しい細胞が生まれ変わりますが、炎症が進んで火災現場の跡のようになった腸の粘膜細胞は再生が難しくなります。
少し難しくなるかもしれませんが、腸の粘膜細胞の損傷を引き起こすのはサイトカイン(ガンマ-インターフェロン)というもので、これが作りだす化学物質によって炎症がさらに進みます。炎症が進んだ組織細胞は、グルテン(グリアジン)だけでなく、グルテンに近い物質、消化分解が十分でない食材、重金属、たんぱく質など、様々な食材や物質にも敏感になり、炎症を起こしている組織の中にある細胞(プラズマ細胞)がグルテンだけでなくこれらの食材や物質に対しても抗体を作りはじめます。個人差はあるものの、セリアック病の人がグルテンだけでなく、徐々に色々な食材や物質に反応をしはじめ、腸の状態が悪化するのはこのためと考えられています。また、腸の働きが後退することで腸内細菌の環境も悪くなり、普段は静まっている大腸菌などが腸の症状の悪化に拍車をかけてくることも少なくありません。
このような状態の一方で、栄養素を吸収し、異物は侵入させない腸の突起(絨毛)にも変化が出てきます。
d0070361_952641.jpg

上の写真と図を見ると分かるように、正常な絨毛がタワーのように高く伸びていて、この状態が栄養素を正しく吸収できる状態です。
d0070361_9533332.jpg

一方、この写真と図のようにセリアック病の人の腸の絨毛は、先のほうが削られたようになって平らに委縮してきます。絨毛がこのような状態になると栄養素は正しく吸収できなくなり、慢性栄養吸収障害が激しくなるだけでなく、糖の吸収やインスリンの出方にも影響がでます。
セリアック病の人の多くは糖尿病(Ⅰ型またはⅡ型またはⅢ型)を併発することは少なくありません。むしろ血糖が高くなって糖尿病が先に診断されて、その背景にセリアック病があったことが後でわかることが少なくないほどです。日本ではセリアック病と血糖の状態のことについて詳しい医師や病院が少ないので、血糖が上がればすぐに血糖効果剤を処方されて糖尿病の治療に入ってしまうケースがほとんどでしょうね。通常は、食べた食材に含まれる糖分を細胞に取り込むためにインスリンが働きますから、食後にインスリン量が増えますが、血糖が安定せずに低血糖になったり高血糖になったりとバランスがわるくなる原因(低血糖が多い)は、糖分を吸収するための腸が炎症を受けているので、食べたものが消化分解はできていても吸収ができないため、糖分も吸収できずにインスリンの作用で血糖が低くなることにあります。セリアック病の人の多くはこのような背景から、最初低血糖症状が現れることが多いでしょう。血糖が低くなることで疲労感が激しくなり、不眠、記憶力や集中力が低下してきます。病院に行って空腹時血糖を検査すると低血糖になっているので、高たんぱく質食や1日5-7回にわけて食事をする頻回食を指導されます。本人はグルテンに反応することがわかっていますからグルテンフリーのGF食を多く食べるようになります。GF食なので腸の炎症を誘発することはなくセリアック病の主な症状は治まりますが、GF食なので、ある程度吸収ができるため、一時的にインスリンの分泌も正常になりますが、ここで一気に血糖はあがります。
by nutmed | 2010-03-19 09:56