<   2013年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

私が以前から尊敬申し上げる、脂質代謝野咳ア的な権威デモある板倉弘重先生がシンポジすとを飾る、シンポジウムが開催されますので、ご興味のある方は是非参加聴講いただくとイイと思います。

第1回農医連携ユニット シンポジウム「食で守る、食で治す」
――長生ドラジ臨床研究報告を兼ねて――
■農医連携ユニット公式サイト ⇒  http://www.agromedical.org/

◆農医連携ユニットからのメッセージ
日本の現状は、少子高齢化の急激な加速、生活習慣病罹患者やその予備軍の増加、また認知症などは今や社会問題となり、さまざまな健康上の課題が人々の生活と国の経済を圧迫しています。
こうした課題を解決するうえで重要なのは、人々の健康に及ぼすさまざまな要因を、単眼的にではなく複眼的に、分野分離的にではなく分野横断的に、個別にではなく統合的に、その可能性と方法を探っていくことではないでしょうか。
なかでも食に関わる要素は、大きな可能性を持っています。
高い機能性を持つ食品を活かす知恵は、「農」と「医」の交流から生まれます。学問の垣根を越えた多角的な検証を行うことで、新たな科学のモノサシを作り、健康上の課題を解決することを、私たちユニットは目指しています。
是非、各分野の方々のご参加をお待ちしております。

◆プログラムと講師
 ・「食品の体内ダイナミズム」 板倉弘重(日本臨床栄養学会理事長)
 ・「食品機能と健康寿命」 佐藤隆一郎(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)             
 ・「食で守る、食で治す」 川嶋朗(東京女子医科大学附属青山自然医療研究所長)
・「医療の新しい息吹」 久保明(東海大学医学部抗加齢ドック教授)
 ・「韓国における長生ドラジの現況報告」 盧聖煥(長生ドラジ生命科学研究所所長)
 ・「長生ドラジの臨床報告1」 水上治(健康増進クリニック院長) 
 ・「臨床報告2」上馬塲和夫(帝京平成大学ヒューマンケア学部、東洋医学研究所教授)
 ・「農医連携ユニット誕生の経緯と目指すもの」後藤典子(ジャーナリスト)
 
日 時:2013年12月7日(土)
講演 15:20~18:00(15:00 開場)
懇親会 18:10~20:00(韓国料理)
場 所:東京韓国YMCAアジア青少年センター(地図)
住 所: 東京都千代田区猿楽町2-5-5 電話 03-3233-0611
アクセス:JR水道橋駅徒 歩6分、御茶ノ水駅徒歩9分、地下鉄神保町駅徒歩7分
参加費: 無料(懇親会のみ、3000円)

【ご参加の連絡方法】
参加の有無につきましては、12月6日(金)までに、農医連携ユニット事務局のアドレスに、下記事項を明記の上、ご連絡をお願いします。
メールアドレス:info@agromedical.org

氏名(フリガナ)
勤務先
資格、専門分野
懇親会参加の有無

お問い合わせ先  
TEL:03-6427-6776 (後藤まで) FAX:03-5925-3748
by nutmed | 2013-11-26 09:30
本日11月20日の日のでは、午前6時21分でした。毎週水曜日は神田淡路町の神尾記念病院で栄養カウンセリングがあるため、午前5時30分は起床し、午前6時15分には車でじたくを出ます。つい3か月前は起床するころには東の空もすっかり明るくなっていたのに、今の季節はまだ暗いうちに起床して、トマトジュースとヨーグルトをいただき、日の出前に自宅をでることになります。
この後、日の出はますます遅くなり、大みそかの朝は午前6時49分、新年1月7日の午前6時50分42秒をピークに翌日1月8日から、今度は徐々に日の出が早くなります。一方、日の入りは12月7日の午後4時27分57秒をピークに、徐々に日の入りは遅くなります。早起きは三文の徳といいますが、まさに今朝は、雲一つない日の出前の東の空に、今世紀最大で最後の彗星アイソンを双眼鏡でみることができました。
12月初旬までのこの期間の早朝の空に、肉眼でも観察できるほどの明るさになるそうですから、皆さんもぜひ観察してみてください。

先日11月17日(日)に、第1回目の子育てママのための食育・備食セミナーが、東京麹町で開催され、たくさんのママさんに集まっていただきました。この食育・備食セミナーは、今後2か月に1回の予定で開催しえいくことになっていますが、私が以前から形骸化してきた食育ではなく、人間が栄養素を摂取するために不可欠な「消化分解、吸収」というプロセスの基本的な知識から、わかりやすく理解していただき、素材の良し悪しや、単なるサプリメントや健康食品に依存したり、調理方法に過剰にこだわることなく、大人から子供までが、最適な健康を得るために必要な栄養素をどのように進めることが望しいかを理解納得してもらう、本当に必要な食育を志してもらう抗炎症剤とをコンセプトに、そのコンセプトに賛同していただいた周囲の方々の協力を得ながら発足したものです。第1回目の先日のセミナーは、好評のうちに終わり、1時間30分というちょうどいい時間の中で、盛りだくさんの内容を一度にお話しするのではなく、内容を細分化して、わかりやすい目線でお話しするような設定にしてあります。
すでに、来年1月19日の2回目の開催も決定しており、参加申し込みも増えている状況です。
本来ならば、全国各所で開催できればいいのでしょうが、現状ではそれも難しい状況にある中、セミナーの様子を撮影した動画を公開していく予定で、いずれはセミナーのライブ中継ができるようになればいいと計画中です。
今回、先日のセミナーの様子のダイジェスト版を配信しますので、参考にしていただければと思います。

by nutmed | 2013-11-20 10:36
今日は、私が開発に協力をして企画した、乳酸菌が生産するバクテリオシン(たんぱく質)を素材とする、口腔内ケア用商品のモニター募集のお知らせです。
私自身、バクテリオシンの有用性については、6年ほど前から注目研究してきていて、2009年のブログでもしばらくテーマで紹介していますので、そちらを参考にしてください。

今回、モニターの方に試用していただくのは、乳酸菌ふぁ生産するバクテリオシンを抽出精製し、顆粒状に加工したものです。
現在までに行ったこのバクテリオシンの効果としては、歯周病の原因菌であるミュータンス菌・ジンジバリス菌の増殖抑制阻止、カンジダ菌の増殖抑制、バイオフィルムの形成抑制、口臭予防があります。

商品の原料は以下の通りで、市販のマウスリンスに配合されるようなアルコール、科学物質、着色剤は含まれていないことと、乳酸菌生産たんぱく質なので、飲んでも問題のない安心の素材です。
原材料
乳酸菌酵母産生物質粉末(C5100)
乳糖、デキストリン、乳糖果糖オリゴ糖、サイクロデキストリン、
クエン酸、香料(レモン)
※ 原料の一部に乳を含む
※ 自然素材でないもの: 香料

2週間、朝食前と就寝前に、顆粒を、コップ1杯の水またはぬるま湯に溶かして、うがいをしていただき、2週間後のモニター終了後にアンケートに回答していただきます。

バクテリオシン口腔ケアモニター応募要項
募集人数:30人ですが、なるべく歯周病ケア中の方、歯周病が気になる方を対象とさせていただきます(応募多数の場合には抽選とさせていただきます)
募集応募期間:平成25年11月15日から11月22日まで
以下の応募フォームをコピーし、必要事項を記入の上,nutmed1@gmail.comへ送信ください。

----------------------応募フォーム-----------------------------------------------------
名前: 
ふりがな:
〒:
住所: 
電話(商品宅配のため): 
メールアドレス:
応募理由:


------------------------------------------------------------------------------------------


by nutmed | 2013-11-15 12:42
忙しくしていて自分のセミナーの告知を忘れておりました! 今週日曜日ということで案内告知が間際になり申し訳ないですが、ご興味のあるお母さん、女性の方は是非お集まりください。な、申し訳ないですが今回のセミナーは「女性限定」になります。もちろんお子様連れでもOkです。
特別無料セミナーのご案内   2013年11月17日 (日曜日) 
13時開始~14時半終了 

~ママのための 食育講座 ~ 備食メソッド講座
「その栄養、きちんと届いていますか? 」

<セミナーテーマ> 
美食 ⇒ 備食のススメ
セミナー概要:
食事は食べる前から始まっている?
食べた物が栄養素まで分解されるために必要なプロセスとは?
消化酵素の重要性
人間は微生物との共存で成り立っている?
噛む回数が体へ謎のシグナルを送る?
Ⅰ日、1リットル以上出している唾液
あなたとあなたの子供は胃酸がでているか?

【日 時 】 
2013年11月17日 日曜日
12:45 受け付け開始
13:00 セミナー / 質疑応答
14:30  終了

【 セミナー会場 】
O’LAULAUセミナールーム
東京都千代田区麹町4−1志村ビル2階 (志村薬局2階)
営団地下鉄有楽町線 麹町駅2番出口から徒歩30秒 

【 セミナー参加申し込み先 】
※ご興味のある方は、どなたでもお申し込みできます。
※定員(40名)になり次第、申し込みを締め切らせていただきます。

【お申し込み方法】 受講料無料   
下記メールアドレス宛てに ①~③を書き添えてお申し込みください。
①11月17日(日曜日)セミナー参加希望
② ご氏名  (参加代表者)
③ ご参加希望人数(上限4名様まで)
メール送信先: olaulau0236@gmail.com

満席になり次第、締め切らせて頂きます。あらかじめご了承下さい。
by nutmed | 2013-11-14 11:23
ヒスタミンの話も佳境に入ります。
ヒスタミンとホルモンの関係については多くの論文が発表されています。特に女性ホルモンのエストロゲンとヒスタミンの分泌量には相関関係があることが報告されています。
いくつかの論文を検索してみて興味深いことは、排卵周期と妊娠に伴うエストロゲンの生産分泌量が、ヒスタミン生産分泌量を増加させ、アレルギー症状だけでなく、ヒスタミン不耐性に関わる症状を発症することと、深い関係があることです。
頭痛や情緒不安をはじめとする、PMS(生理前症候群)と言われる症状群の中のなかには、エストロゲンの上昇に伴い、ヒスタミンの生産量が増加して発症する症状と考えられているものがすくなくありません。PMSや月経困難症を抱えている女性の症状改善に、前回紹介したヒスタミン分解酵素(DAO)を処方し服用してもらうおとで、多くの症状が改善されたという報告もあります。
また、皆サプリメントンの周囲にもこのシナリオを裏付ける状況を経験した方も少なくないのではと思います。
私の周囲にも、申請、湯人知人の女性の中に、花粉症症状がひどい、特に生理前に酷かった女性が、妊娠してから花粉症症状が無くなった女性は数人います。一方で、出産後数年以内に再び花粉症になrという話も聞きます。
この背景の1つには、妊娠に伴いエストロゲンの生産量が著しく低下し、其れに伴いヒスタミン量が低下するものt考えられています。http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/973560
by nutmed | 2013-11-13 08:17
本来はヒスタミンのテーマのはずなんですが、先般、私の友人の黄班変性を患う2人の男性からの嬉しい報告があったので、急遽そちらを紹介させていただきます。
8カ月間にわたる加齢性黄班変性といわゆるウェットタイプの黄班変性に対するメラトニンの効果についてのお話です。
メラトニンが加齢性黄班変性(AMD)の予防と改善に有効であるという報告は2005年(Ann N Y Acad Sci. 2005 Dec;1057:384-92.
Effects of melatonin in age-related macular degeneration.)と2011年(Med Hypotheses. 2011 Jan;76(1):79-85. doi: 10.1016/j.mehy.2010.08.036. Epub 2010 Sep 29.
Potential of melatonin to treat or prevent age-related macular degeneration through stimulation of telomerase activity.)で発表され、AMDが中高齢者の健康問題のTOPに位置付けられるアメリカやカナダでは、当時大きな話題になりました。
メラトニンは、網膜色素上皮( RPE )細胞を酸化的損傷から保護するための能力があることがわかりました。年齢とともに黄班変性のリスクが高くなる背景には、加齢とともに生産能力が低下するメラトニンの減少が深く関わっている可能性が高いことも報告されています。
2013年2月に、趣味のバイク仲間の56歳と63歳の男性から、「最近本を読んでいると文字が欠けて見難いことがあるので眼科で診てもらったら。
加齢性黄班変性の初期段階と言われたけど、進行を止めて改善するいい方法はないものかね」と相談されたので、禁煙と酒の飲み過ぎや、血糖の上昇するでんぷん質の炭水化物の食べ過ぎは注意するようにアドバイスするとともに、メラトニンの話を紹介しました。1人はいわゆるドライタイプ、もう1人は2型糖尿病の治療中で硝子体出血を何度か繰り返しているウェットタイプの黄班変性を持つ男性です。
ご両人には、メラトニンの働き、安全性、睡眠への影響などと、黄班変性の背景にある細胞の酸化の改善に有効なメラトニンの背景を説明し、モルモットになっていただくことに了解してもらいました。 2月中旬から毎晩睡眠予定時間の1時間前に3mgのメラトニンを飲み始めてもらいました。4月後半のバイクツーリングの時にご両人と再会したときに「メラトニンって効くね!」と言うコメントがあり、私も前のめりになりながら「視力の改善はありました?」と確認すると、お二人ともに「いや、目の方は変化がないけど、スーッと眠れるようになったよ。酒飲まなくても眠りに入れる」。まーそれはそれで酒の飲み過ぎを改善する効果はあったわけです。
8月の中旬、ドライタイプの黄班変性の男性からメールがあり、「女房が、以前は毎日朝から晩まで目薬さして、文字が見えずらいと言っていたのに、最近は目薬が全然減らないし、文字が見難いと言わなくなった。と言うので自分でも気がつかなかったけど、そう言えば文字が欠けてる部分が少し狭くなってきている」という経過報告がありました。その後も継続してメラトニンを飲んでもらっています。一方、ウェットタイプの黄班変性の男性は、文字の欠けの症状は2月以降進んではいないものの、大きな変化はなかったようですが、明暗調節機能に少し変化があったようで、街灯が点いていても段差が見えにくいほどだった玄関の階段の段差がうっすらとでも確認できるようになったということです。
加齢性黄班変性変の治療についてh早ければ2017年から、iPS細胞による網膜移植の道が、本格的に開かれるようですが、網膜細胞の酸化ダメージの改善のための食事、生活習慣、ストレスの軽減行動も大事なポイントではないでしょうか。
by nutmed | 2013-11-12 15:52
ヒスタミン不耐性の4回目です。
アレルギー反応もヒスタミン不耐性も、ヒスタミンが直接的にかかわっているという共通点がありますが、いわゆる、アレルギー症状の原因の多くが、体外からの異物であるアレルギー物質に刺激され、自らの体内で作られたヒスタミンによって現れる症状です。一方、ヒスタミン不耐性の症状の原因の多くが、魚、肉、植物や、それらを使用して加工された発酵食品などに生息するバクテリアにyって作られたヒスタミンによって症状が現れます。、
通常、ヒスタミンが過剰になり炎症が拡大慢性化しないようにするため、人はヒスタミンを分解無毒化させる酵素ジアミン酸化酵素’DAO:Diamine oxidase) を作る能力を備えています。しかし、何らかの原因でDAOの生産能力が低下し、ヒスタミン量がDAOの量を超える状態をつくることで、ヒスタミンが細胞内に慢性的かつ大量に漏れ出し、粘膜の炎症と血管の収縮拡大m狭窄を拡大させることになります
DAOの生産能力低下の原因の1つには、先天的な要因もあることも報告されていますが、その他、栄養不足があり、ビタミンB6、マグネシウム、亜鉛、ビタミンC、必須脂肪酸の不足が確認されています。
体内で作られるヒスタミンも、バクテリアによって作られる自然界に存在するヒスタミンも同じアミンです。ヒスタミン不耐性の原因の殆どは食材など外部からのヒスタミンによるものですが、DAOが低下することで悪化するものですから、症状の経過は通常アレルギー反応と誤解されることがあります。私もすでに十人以上で経験していますが、アレルギー検査をしても反応が出ないのにヒスタミン由来の症状を持っている人は最近少なくないです。
実際にこのような例がありました。昨年3月に花粉症症状が出た男性が、耳鼻科で抗ヒスタミン剤を処方され、服用して3日間は症状が緩和したのに、4日目以降は再び、鼻水、目のかゆみに加えて、蕁麻疹、動悸と精神的な不安症状が現れてきました。最初、薬のせいかと思い、薬の服用を一時的に止めてみたそうですが、症状は治まらなく、今年は、春だけでなく、9月のはじめから同様の症状が現れ、栄養カウンセリングに来られた方でした。
1この男性の1週間の平均的な食事内容のヒアリングをかけると、チーズが朝食代わりになっていることと、、自炊で魚や肉の煮物を作ると、3日間はそれを食べることが多い食習慣がわかりました。私からの食事アドバイスで、3週間、発酵食材m乳製品、煮物の作り置きは避けてもらうことと、サプリメントでビタミンB6、マグネシウム、亜鉛、ビタミンC、必須脂肪酸を摂ってもらうようにしました。
鼻水、目のかゆみが出なくなったのは、このヒスタミン除去食をはじめて1週間目で、3週間目が終了した時点では、蕁麻疹、動悸、不安感もほとんどでなくなるようになりました。
j実は、私自身もヒスタミン不耐性の可能性が非常に高いことが最近わかりました。5年ほど前に花粉症の遅いデビューを果たし、抗ヒスタミン剤の厄介になるのはイヤだったために、例年シーズン前から、天然の強い抗ヒスタミン作用を持ったケルセチンを飲んでm症状の緩和を図ってきました。ところが2年前のシーズンから花粉症の症状が出なくなり、ケルセチンの服用もやめ、「加齢とともに免疫力が低下してきた兆しか?」くあいに考えていました。2年前の9月の胃カメラでヘリコバクターピロリ菌の中程度の繁殖が確認されて、薬で除菌を勧められられたものの、食事療法で繁殖拡大を抑える目的で、酵母、キノコ(菌子類)、麹、ワイン、漬物、チーズなどお避ける食事をしていた時期でもあります。
今年のスギ花粉シーズンも目立った症状はなく過ぎしてきましたが、8月に知人からいただいた、自家製の黒豚の麹漬を2日続けて食べた30分後くらいに、背中全面徒労足の膝にかゆみを伴う蕁麻疹が一気にあふれ出て、また、眼の周囲のかゆみに加え、左目で見る視界が真っ白になり、何も見えなくなる状態が1時阿抗炎症剤ん続きました。丁度mヒスタミン不耐性に興味を持ち、論文文献リサーチをはじめたころだったので、おそらくこれがヒスタミン不耐性が背景にある症状だろうと実感しました。
その後、ヒスタミン不耐性によるものかを確認するため、アメリカの友人の医師にお願いして、ヒスタミン分解酵素のDAOを送ってもらい、この10月初めの週末の2日間を使って人体実験を行いました。
初日の土曜日の昼食には、何も飲まず普通に、麹溝、ピクルス、納豆、キムチ、前日の朝に開封してラップをして冷蔵保存しておいたサバの水煮の缶詰、イカの塩辛を食べ、同じ食材をy翌日日曜日の昼に食べましたが、日曜日は昼食20分前にヒスタミン分解酵素を飲んでからの食事です。
初日の酵素を飲まない食事では、食後30分くらいに、背中に蕁麻疹が現れ、あまり出ることのない頭痛がありました。翌日の酵素を飲んで同じ食材を食べた時には目立った症状はありませんでした、
それ以降、しばらく発行食材、ワイン、漬物など、ヒスタミン含有食材については、少し避けて注意をするとともに、ヒスタミン酸化酵素DAOの生産を向上させるための、栄養素を意識して摂るようにしています。
残念なのは、ヒスタミンは鰹節にも含まれていることと、100℃でも分解しないので、大好きな蕎麦の蕎麦汁にも含まれるため、しばらく様子見をすることにしたことです。
by nutmed | 2013-11-06 15:48

栄養・健康・食に関する気ままな日記


by nutmed