臨床栄養士のひとり言

ブログトップ | ログイン

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

第1341回 血圧降下に有効な機能成分

今日は血圧を下げる機能を持った成分についてです

1、アントシアニン(よびプロアントシアニン)
アントシアニンは植物に含まれる赤・紫・青い色素をもったフラボノイドの1つで、クランベリー、ブルーベリー、ぶどう、ザクロ、ナス、紫いも、アロニア(チョークベリー)などの持つ色素です。日本でもブルーベリーのアントシアニンは有名ですが、強い抗酸化作用を持ったフラボノイドの1つです。2007年8月にポーランドの研究チームが発表したメタボリックシンドロームの改善治療に関する報告は興味深く、1日あたり300mgのアロニアから抽出されたアントシアニンを3回にわけ(100mg/回)2カ月飲んでもらったところ、平均で上の血圧が12.37mmHg、下が5.07mmHg低下していることが報告されています。この研究報告では、同時に総コレステロールが平均で14.84mg/dl、LDLコレステロールが12.5mg/dl、それぞれ低下していることが報告されています。、また、2008年8月にアメリカの臨床栄養学誌で発表されたイスラエルの研究チームによる報告によると、1日あたり50ccのアントシアニンリッチなザクロジュースを飲むことで、平均12%の血圧降下の作用があったことが報告されています。
これから期待の持てる素材として、クランベリーがあります。クランベリーにはプロアントシアニンが豊富に含まれており、強力な血圧上昇の抑制作用を持つほか、女性の膀胱炎の予防、症状改善には非常に有効な機能性素材です。

2、オメガ-3脂肪酸
オメガ-3脂肪酸については昨年6月にテーマで取り上げていますが、多価不飽和脂肪酸の1つです。栄養医学研究所でも扱っているタラの肝油をはじめ、サケ、サバ、イワシ、マグロなどの魚に含まれるDHA/EPA(長鎖脂肪酸)、また、植物性素材に含まれるα-リノレン酸(ALA・短鎖脂肪酸)では最近日本でも話題のフラックスオイルをはじめ、ナッツ類、大豆、カボチャの種子、緑黄色野菜にも含まれています。ただ、植物性素材のALAの場合、短鎖脂肪酸なので、体内でDHA/EPAに変化合成させる必要があります。
オメガ-3脂肪酸が血圧を低くする作用を持つことについては、この10年間で沢山の記事や文献が報告されていますが、その1に日本の滋賀大学の上島らが2008年に発表したオメガ-3が心臓病予防と血圧コントロールに及ぼす影響についての報告は世界的にも注目されました。日本人を含むアジア人とイギリス人、アメリカ人の白人の合計4、680人が酸化した疫学調査ですが、魚油由来のオメガ-3必須脂肪酸が血圧を低下させる効果があることを報告しています。
オメガー3脂肪酸の供給素材として、今後注目されるのは、米ぬかとブルーベリーの種子がああります。
by nutmed | 2014-02-26 13:49

第1340回 加齢性黄斑変性に有効な素材

今日のテーマは、加齢性黄斑変性(AMD)の予防と進行抑制に有効なナチュラル素材についてです。
その素材はハーブのセージやローズマリーに含まれているカルノシン酸と言う薬理成分です。
d0070361_9164225.jpg

カルノシン酸については以前、アルツハイマーの予防と症状改善効果についてを紹介しているので、そちらも復習の意味で参考にしてみてください。
日本でもカルノシン酸の研究は盛んに行われていますが、2009年に岩手大工学部応用化学生命工学科の研究チームが、カルノシン酸に、内臓脂肪の抑制作用があることを報告しています。
2012年11月にアメリカの研究チームが、マウスの実験ではありますが、ローズマリーに含まれているカルノシン酸が、AMDの予防と進行抑制に有効であると発表しています。http://www.sciencedaily.com/releases/2012/11/121127154205.htm
このカルノシン酸には、脳内の細胞間で様々な情報をやり取りしたり、記憶力に関わる働きをするアセチルコリンとの働きに直接的な影響を与える作用があることがわかっており、10年ほど前から、アセチルコリンの量が低下することと、その症状に深い関係があることがわかっているアルツハイマー症や痴呆症の予防と症状の改善に、カルノシン酸が多く含まれるセージに大きな期待が寄せられています。
カルノシン酸には強力な抗酸化作用とともに、紫外線や酸化ダメージから網膜細胞を保護する作用に期待が持てるでしょう。
by nutmed | 2014-02-19 09:17

第1339回 胃酸を止める薬の影響

最近、栄養カウンセリングを行っていて気になるのは、逆流性食道炎などの治療改善で処方される、胃酸の分泌をとめてしまうプロトンポンプ阻害剤(PPI)の長期服用による、貧血症状、耳鳴り、筋肉のけいれんなどの症状があります。ある意味ではPPIや同じ性質の薬であるH2ブロッカー(市販薬のガスター10と同じ)の作用機序が、食物を分解するための胃酸を根元から止めてしまうことを考えれば、当然の間接的な副作用症状でもあります。これらの症状の背景に深くかかわっているのが、ビタミンB12、鉄、マグネシウムで、胃酸の不足、欠乏は、これらお栄養素の吸収をするための消化分解を決定的に阻害することになります。
PPIなどの薬がポピュラーに処方され、これらの薬を服用する人が激増するようになったこの7年ほどの間に、臨床家の間でもPPIの長期服用を背景とする貧血、耳なりなど、ビタミンミネラルの吸収不足が原因と考えられる症状が多くなったという話も聞いていました。
私の娘は駆け出しの調剤薬剤師ですが、彼女からよく聞く話が、調剤で処方する薬のランキングを調べると、意外にもPPIが多いということです。
そんな因果で論文検索をしていると、2010年に、九州大学の研究者が、PPIの長期服用によるカルシウム、鉄、ビタミンB12、マグネシウムの不足に関する報告をしていました。私が栄養療法の多くを学んだDr.ジョナサンライトは、現代人の胃酸不足の傾向とその背景を常に力説してくれ、逆流性食道炎の原因を多くの医師は胃酸過多と連呼する中、「逆流性食道炎の原因の多くは、食べたものの消化分解に時間がかかる胃酸の少ない胃酸不足の人だ」と言い、PPIやH2ブロカーの安易な処方に警鐘をならしています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20882439
by nutmed | 2014-02-12 08:28