臨床栄養士のひとり言

ブログトップ | ログイン

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

第1366回 クランベリーエキスがピロリ菌予防に有効

過去5年間で、栄養指導、サプリメントアドバイスを行てきたクライアントを振り返ってみると、圧倒的に副腎機能のダメージにかかわる症状を持ち合わせた人が多い。中でもこの3年ほどの間に顕在化してきたのは、過剰なストレスによる胃の症状、胃痛、胃炎、逆流食道炎などだと感じます。
さらに深く探っていくと、クライアントの中に、人間ドッグや検診で実施した胃カメラと血液検査で、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染を指摘された人が少なくないようです。 日本人の30-50%に感染者が存在するとも言われているヘリコバクター・ピロリ菌ですが、検査方法が充実し、実施施設が増えたことも、感染者の人数が増えてきたことに拍車をかけているものと思いますが、それ以上に、胃痛、胃炎、逆流性食道炎、胃潰瘍などの症状を持つ人が増加してきた背景に、ストレスがヘリコバクター・ピロリ菌の感染とが相まって、症状の顕在化をたどってきたのではないかと考えます。
アメリカやカナダでも、ヘリコバクター・ピロリ菌とストレス性の胃炎、胃潰瘍は現代人の深刻な症状の1つになっており、日常的にヘリコバクター・ピロリ菌の感染を抑止する習慣指導をする医師も少なくありません。
私の友人で、テネシー州で栄養療法クリニックを開業しているドクターもその1人で、先週末に彼と行っている定期的な情報のやりとりの中で、ストレスからくる胃炎(委縮性胃炎)の改善効果を向上させるために、昨年から彼が患者に指導して使っているのがクランベリーエキスであることをききました。
クランベリーエキスについては以前にこのブログでも数回テーマで紹介していますので、こちらをご覧ください。
そのブログの中でも紹介しているように、クランベリーエキスに含まれるポリフェノールであるプロアントシアニジン(PAC)には、大腸菌が人の細胞に着床して繁殖することを阻害する作用が確認されています。実は、PACが持つこの作用の対象となる菌には、ヘリコバクター・ピロリ菌も含まれ、ヘリコバクター・ピロリ菌が胃の粘膜に着床して繁殖することを阻害してくれることが今から10年ほど前にイスラエルの大学から報告されています(Inhibition of Helicobacter pylori adhesion to human gastric mucus by a high-molecular-weight constituent of cranberry juice) この発表と同じ年には中国の北京大学からも同様の研究報告が発表されています。
実際に、クランベリーエキスのカプセルタイプのサプリメントを処方している彼の話では、クランベリーとピロリ菌の繁殖拡大阻止の話を患者にはじめた当初、彼は、1日250ccのクランベリージュースを、起床後と就寝前に飲むように勧めたそうですが、果糖摂取の問題と、満腹感から食欲が減退するなどのクレームが多くなり、この数か月前からカプセルにクランベリーエキスが入ったサプリメントを使ってもらっているようです。
ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌剤を処方されていた患者の中には、薬の副作用も含めて、逆流性食道炎の症状が辛かった人が少なくなかったそうですが、クランベリーエキスを飲み始めてから、その症状は落ち着いてきたそうです。多くのストレスにさらされている人が、ストレス性の胃炎や胃潰瘍を発症しないようにするための予防策としても、ストレス過多な生活にある人にクランベリーエキスは有効な予防機能性成分だと思います。
私の友人の彼が、すでに胃痛や胃潰瘍の手前まで来ているストレス過多の患者に処方している素材を1つ紹介しておきますが、クランベリーエキスに加えて、亜鉛のサプリメントを毎日60mgを2回に分けて飲んでもらっています。亜鉛は先日のテーマで紹介したように、胃粘膜の保護作用が認められているミネラルで、日本でも胃潰瘍などの治療で胃粘膜保護を目的に処方されている「プロマック」という薬は亜鉛の合成薬です。
by nutmed | 2014-09-24 16:15

第1365回 亜鉛不足野深刻な状況 その2

亜鉛不足の深刻な状況の2回目です。
昨日の説明の中で、亜鉛が足の臭いの原因である可能性について説明しました。今朝までに、同じ質問のメールが141通届いています。質問内容は「足の臭いの原因は水虫だと思っていましたが、水虫の人も亜鉛が足りないのでしょうか?」
水虫の原因はカビの仲間の真菌で、亜鉛不足が直接的に水虫の原因ではないです。ただ、水虫に感染した後に、患部の皮膚細胞のダメージを修復するためには亜鉛も必要になります。
亜鉛不足が進行する背景には、カルシウムや鉄などのように国民が目につくようなインパクトのある情報流布がないことがあると思います。
アメリカやカナダでは、40年も前から、10月になると、子どもの風邪予防の目的で、ドラッグストアの店先に並ぶのが、亜鉛とビタミンCが配合された飴やトローチですので、子供のころから亜鉛の役割と大切さは広く啓蒙されています。
亜鉛が不足することで現れる症状を昨日紹介しましたが、実際にこれらの症状が現れたところで「亜鉛不足かな?」と疑う人はわずかでしょう。その原因の1つは国民への亜鉛摂取の啓蒙であり、1つは、亜鉛が不足している状態か否かを簡単に確認できるような方法(ものさし)を提供されていないことだと思います。
最近足の臭いが強くなったから、ニキビが治りにくいからといったところで、わざわざクリニックや病院に行って、血液で亜鉛を検査しようと思い立つ人は、この日本では皆無でしょう。
しかし、現代人の食事内容、食事の仕方をみるにつけ、また多くの成人が持っている症状をみるにつけ、亜鉛不足の状況はジワジワと進行していると思われます。
アメリカのコロラド州ボルダーでクリニックを開業している、私の友人のドクターが30年以上にわたってクリニックで使っている、亜鉛不足確認のための簡単なチェック方法を、10年ほど前に伝授してくれましたが、クリニックに出向く必要もなければ、採血をする必要もない、自宅でできる簡易方法で、私もよく使っている方法があります。 この方法は亜鉛という金属を口に入れると、独特の金属の味がする性質と、亜鉛が舌で感じる味覚の機能には不可欠であることを利用したもので、100%の判定とはいかないまでも、場合によっては血液で亜鉛を分析するよりも確実だったことは私も経験しています。
アメリカでは亜鉛の液体タイプのサプリメントが売られているのでそれを使いますが、日本にはないので、市販のカプセルタイプの亜鉛サプリメントを使います。カプセルの中身の粉をコップに入れた30ccほどの水に入れてスプーンでよく書きなぜます。
コップの中の液体を一気に口の中に入れて飲みこまずに口の中をゆすぐようにして。20秒後に吐き出します。この時に、金属の味がしたり、渋味、苦味を感じた場合には、亜鉛の不足はないと考えます、一方、これらの味を一切感じなかった場合には、レベルは別としても亜鉛の不足の傾向にあり、現在、現れている様々な症状の背景に亜鉛不足による可能性を疑います。100%の確定ではないものの、この簡易チェック方法ならば、個人で自宅で行える亜鉛不足確認のものさしになるはずです。
昨日紹介した亜鉛不足の症状が現れている可能性を感じる方は、一度自宅でできるこの簡易チェックを行い、チェックしてみることをお勧めします。また、日常的に亜鉛不足にならないように自分のものさしを持つことを実感してください
by nutmed | 2014-09-18 10:12

第1364回 亜鉛不足の深刻な状況 その1

今日のテーマは、世界的にも問題になっておr、日本でも顕在化しつつある亜鉛不足の深刻な問題についてです。
細胞臓器の働き、300種類以上の酵素の働きなど、人間の営みには重要不可欠なミネラルである亜鉛ですが、カルシウムや鉄に比べると注目度は低いミネラルでしょうか。アメリカでは国民の15%ほどに亜鉛不足があると言われていますが、日本でも、欧米に比べて亜鉛が豊富な食材があるにも関わらず、国民の亜鉛不足は深刻化してきていると感じます。
亜鉛の働きの代表的なものを挙げると
300を超える酵素反応
免疫力を維持
創傷治癒
ホルモンレベルの調整
DNAの合成
代謝を維持
正常な血糖値を維持
正常な視力を維持
正常な結合組織およびコラーゲンレベルの維持

があります。
亜鉛が不足することで現れる症状には。
足の臭い(アメリカでは"Stinky Feet”と言いティーンエージャーとベジタリンを象徴する呼称です)
にきびや他の皮膚疾患
抜け毛
胃酸不足(低酸症)

が代症状例です。
亜鉛不足と足の臭いの関係は日本ではあまり紹介されていませんが、亜鉛がドライスキンにかかわるビタミンAの代謝には欠かせないミネラルである背景があります。私がアメリカで研修しているときに、車に同乗させた友人の男女の足の臭いがすると、ほかの友人が「彼は(彼女は)は亜鉛不足だな!」と言っていたくらいです。動物性たんぱく質を食べないベジタリアンでは、亜鉛不足の土壌から収穫された野菜(意外に多い)を日常的に食べていることで、足の臭いがきつくなることと、爪の表面に白い斑点と線が出やすくなります。
亜鉛は胃酸の生産にも深くかかわっています。胃酸の元は塩酸ですが、人は演歌ナトリウムを材料にして、塩酸を作りますが、その過程で酵素(炭酸脱水酵素)が働きます。この酵素の働きを促進させるのが亜鉛(イオン)で、亜鉛が不足している人には胃酸低下の症状が出やすくなります。
胃酸の生産能力が低下する中高年以降ではなく、充分胃酸が生産できる若い人たちでも胃酸が不足しているような兆候がある原因の1つは、亜鉛不足であるのではないかと考えられています。
by nutmed | 2014-09-17 13:17

第1363回 究極の機能性食材

d0070361_1402846.jpg

この写真は、育成段階からの土つくりと肥料の与え方を厳密に管理し、ほとんどの植物には不可欠な栄養素の1つ、カリウムを低く抑えたマスクメロンです。
カリウムが過剰に摂取されることがよろしくない体内環境、症状はいくつかありますが、透析を受けている腎臓の働きが低下している人にとっては、極端に制限しないといけないミネラルの1つでしょう。
「医食同源」とよく言いますが、生活習慣病を中心とする病気や症状の原因になるのも食(栄養素)でありますが、その症状を改善するのも、予防するのも食(栄養素)です。
一方、欧米と日本国内でも、症状の改善の目的の食について、質を上げていこうと考えるグループや個人が出始めています。綿日もそのうちの1人ですが。
「病は気から」ではありませんが、病気の治療や改善、または予防を積極的に行っていく人にとって、食べたいものが食べられないことほど辛く、ストレスが溜ることはありません。たとえば、糖尿病の治療をしている人が、巨峰が食べたいと言えば、医師や看護師、管理栄養士からこっぴどく叱られますg、本人としては、もし巨峰を今食べて欲求を満足させることができれば、ストレスの原因にはならないわけです。もちろん、今あるその症状を作ってしまった原因の多くが、欲求の赴くままに体内環境のことを考えずに、なんでも食べてきてことが多くの原因であることも間違いのない話です。
その一方で、症状の改善治療に励む患者としても、同じ人間としての希望、欲求、特に食に対する欲求は決して低くはありませんし、治療のプロセスの中で、精神的な満足度がこうおうsることで、症状の改善にも貢献することは少なくないです。また、患者が持つストレスが、治療改善の経過成果を停滞させてしまう可能性も否めません。
今回ここで紹介した「低カリウムメロン」が究極の機能性食材である背景には、カリウムが含まれたメロンなんて死ぬまで一生食べることなど叶わないと思っていた患者が、治療改善を進めていくに際しての、ポジティブな
効果を生み出す効果は期待できる食材でしょう。
by nutmed | 2014-09-10 17:11

大阪セミナーの再告知

来月10月4日(土曜日)に大阪で私のセミナーが開催されます。
まだ若干の残席があるようですので、ご興味のある方は是非参加下さい。 従来から私がブログd何回も提唱してきた消化分解と胃酸と吸収についての葉話を詳しく、実験も行いながらわかりやすく説明いたします。
詳細はこサイのトをご覧ください
by nutmed | 2014-09-04 12:35

第1362回 血管新生を抑えるプロテオグリカンの作用 2

今日から9月です。ここ数年、四季の曖昧さ、特に秋が以前に比べて短く、季節感があいまいになったなと感じます。
さて、今日は血管新生を抑えるプロテオグリカンについての2回目です。前回紹介したように、がん治療の分野をはじめとして、膝関節痛の改善などの機能素材として、サメの軟骨や鮭の鼻骨から抽出されたプロテオグリカンが世界的にも注目されています。 
一方、アメリカでは、サメ軟骨から抽出さえたプロテオグリカンに比べ80~100ほど新生結果の抑制作用が強いと言われている、植物由来のプロテオグリカン混合物(PGM)の効果が注目さています。
sその植物は、日本でもいたるところで、5月中旬から10月ころまで植生しているヒルガオ(Bindweed)です。ちゅごくの漢方約でも、北米インディアンのハーブでも古くから使用されてきた商物すが、すでに、鶏卵やマウスでの実験では、新生血管を抑える効果の検証が確認されており、現在ヒトによるいくつかの臨床実験も行われています。
d0070361_1945558.jpg

ヒルガオの根にはプロテオグリカン混合物が豊富にに含まれているほか、ハートの形をした葉にもその存在は確認されています。
アメリカで期待がもたれているのは、眼底の網膜にある毛細血管部で起きる新たな血管によって、網膜がじゃれてコブのような状態になる症状、代表的な症状は、糖尿病性網膜症、黄斑浮腫、黄斑変性、ぶどう膜炎などでの進行を抑えることによる改善です。日本でも最近、これらの症状の症状改善と進行抑制に、がん治療の方法の1つで使用される新生血管の発生を抑える薬を、眼球に数回にわたって注射注入する方法がx封目されて、いくつかの眼科で行われていますが動物実験の段階ではありますが、プロテオグリカン)PGM)が含まれるヒルガオを摂ることで、これらの症状の進行の改善をすることに大きな期待がもたれています。
ヒルがの摂り方にはいくつかの方法がありますが、最もオーソドックスな方法は、根と葉を乾燥させたものをハーブティのようにしして飲む方法だと思いますが、妊娠中、授乳期の女性、乳幼児、小児、胃潰瘍m胃炎など胃の症状、下痢をともなう腸炎などの症状を持つ場合には使用は避けるべき素材です。ヒルガオのハーブティはめったに市場に出回ることがありませんが、最近では、アルコールで根から抽出した州出エキスのサプリメントもアメリカではみかけるゆになりました。
by nutmed | 2014-09-01 20:22