臨床栄養士のひとり言

ブログトップ | ログイン

<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第1391回 腸の働き

週末の陽気で桜前線が一気に動き出したようです。
東京でも横浜でも、ここ川越でも、流行に敏感なソメイヨシノが1つ2つと、薄いピンク色の花を咲かせ始めました。今週は少し気温が低くなる予報ですが、今週末にかけて、そこかしこから桜の開花情報が寄せられることでしょう。 木に花を咲け咲かせる植物は見ごたえがあるのと同時に、気持ちを穏やかにさせてくれる効果があるようです。
さて、今日の話題は、腸内細菌についてです。 最近、NHKの特集でも話題になった腸内細菌ですが、一時的な話題で終わらせることなく、日常的に自分の腸内最近の環境に注目して欲しいものです。
日本人は何故、腸内環境や乳酸菌のことばかり注目するのか。最もほとんどがマスコミや企業の戦略なのでしょうが。食物の物理的分解も行い、一部の栄養素の吸収も行っている立派な消化器官です。 腸と同様に膜1枚で外界とのコミュニケーションを行っている口腔内のバクテリアの環境はもっと注目されるべきだと思います。もちろんその意味では、口腔内バクテリアのコントロールにも乳酸菌やそれらが作るタンパク質のバクテリオシンは非常に有効だと考えられます。
口の中にできるカンジダ菌による口腔カンジダ菌症は、腸や女性の膣内に繁殖するカンジダ菌(Candida albicans)と同じ真菌です。カンジダ菌は2人に1人くらいの確率で口の中にも繁殖はしていますが、抗生物質の長期多用によって、腸内細菌の環境がアンバランスになりカンジダ菌の増殖が起きたとき、体の免疫抵抗力が低下したとき、ストレスが増えだ液中のコルチっゾールとアドレナリンが 増加したときなどに発症することが多いと言われています。また、糖尿病や放射線治療を行っている場合、義歯を使っている方にも発症しやすい症状です。症状 は唇やほほの内側の粘膜、舌に白い斑点状の苔(こけ)のようなものができる場合と、粘膜が赤くなる場合の2つがあり、そのままにしておくと痛みをともなう 口内炎になることもあります。
口腔カンジダ菌症が見つかった場合には抗真菌薬のうがい薬や内服剤を処方されますが、予防の目的でこれらの薬を使うことは現実的ではありませんね。バクテリオシンの中には口腔カンジダ菌症の原因となるカンジダ菌(Candida albicans)にも有効なものがあります。
ペ ントシン(pentocin)と呼ばれるバクテリオシンの仲間の1つで、乳酸菌ペントサス菌「Lactobacillus pentosus」が作る物質になります。1999年に南アフリカの細菌学研究グループが乳酸菌ペントサス菌が作り出すバクテリオシンに似た物質のペント シンがカンジダ菌の増殖を阻害することを報告しています。この乳酸菌には50種類ほどの仲間がいて、京都のしば漬けや中国料理に使われる金華ハム(発酵ハ ム)から見つけられているほか、人の腸内、出産直前の妊婦の膣からも見つかっています。ヨーグルトを作る時にも使われる乳酸菌の1つです。
元来、この乳酸菌ペントサス菌は腸内の乳酸菌として常在していて便の中か らも見つかる菌でもあり、人間の便を培養して乳酸菌ペントサス菌を得た日本人による研究では、非常に興味深いことが報告されています。テトラサイクリンと いう非常に広範囲なバクテリアの殺菌能力を持った抗生物質を添加し培養した結果、大腸菌やほかの乳酸菌群を含むほとんどのバクテリアの繁殖が著しく低下しているにも関わらず、乳酸菌ペントサス菌はこの厳しい条件下でも増殖を続けていたこと。また、ペントサス菌の培養液にカンジダ菌を入れると、培養後にしばらくの間繁殖を続けていたカンジダ菌の繁殖が完 全に止まったことです。
実際に口腔内カンジダ菌症の診断、または疑いを、歯科医から告げられ、私の栄養カウンセリングに歯科医から紹介されていらしたクライアントの中に、就寝前にヨーグルト(無糖)を大匙1杯コップ1杯の人肌の水に溶かしたもので、口腔内を十分にゆすいで就寝してもらうと、口腔内カンジダ菌症の症状の多くが大幅に改善された方は少なくないです。
健康、生活習慣病の改善のために、腸内環境に目を向けるのと同時に、口腔内のバクテリアのコントロールも考えることは「消化器全体の機能改善」のために重要なテーマだと思います。
by nutmed | 2015-03-23 09:03

第あ390回 4年目にして思うこと・・・

昨日は全国のマスコミは2011年3月11日の東日本大震災の4年を振り返っての特集がめじろおしでした。
今日は自分自身の備忘録としても残しておきたいと思い、会えてこの話題にしました。

2011年から2012年の間、私のこのブログでも、毎朝の放射線量を測定した数値を公開していました。時間の経過とともに、私自身だけでなく家族や周囲の人の中にも、あの日の出来事の記憶が、まるで壁についたシミがう時間とともに薄くなっていくように、薄れてきていたことは否めないことです。
マスコミが流す「限定された」情報の中でも、相変わらず福島の原発事故後の飛散している放射線量は存在していることぐらいはわかっていたつもりでも、やはり、ここから180kmほど先で起きている出来事と考えていた部分もあったかもしれません。
しかし、自分自身がまさに180km先で起きている出来事の渦中となんら変わらない汚染環境を、この4年間続けていたことを思い知らされることに気が付きました。
改めて「アンダーコントロール」なんて言葉は妄想と過剰な期待であることを痛感しました。
2011年4月に購入した簡易型の放射線量積算定性判独カード。ずっと財布の中に入れていますが、この4年でこんなに色が変わり、積算放射線量が多いことを物語っています。
d0070361_141463.jpg

d0070361_1424140.jpg

実は、このカードを購入した当時は、180km離れているので、まさかこの部分(赤くまるで囲んだところ)の色が濃くなることはないのだろうと考えていたことも事実でした。
皮肉にも、原発事故の対策、東北の復興のスピードに比べると、180km離れたこの地でさえ、想像以上の速度で汚染の蓄積は進んでいるということでもあります。
私は読者のみなさんに恐怖心を煽るつもりはないので、そのように感じた人がいたのなら申し訳ないですが、皆さん自身の備忘録として、汚染環境はまだ終息などしていないことを改めて頭に刻み、自分の手が届く範囲からでも自分や家族の被るリスクを避けるアクションはおこすべきなのではないかと思います。
by nutmed | 2015-03-12 14:19

第1389回 腸内環境とサプリメントの摂取

私の師匠のDr.Jonathan Wrightをはじめ、アメリカやカナダで栄養療法を実践する医師、臨床栄養士、カイロプラクターなどの多くが、安直にサプリメントを飲むことを勧めない理由の1つに、腸内環境の確認をせずに、やみくもにサプリメントで栄養素を飲ませても、その症状の改善にならないだけでなく、かえって逆行することが多い、特に生活習慣病や慢性症状の場合には多いことがあるためです。
腸内環境の状態確認の最たる対象は、「腸内細菌」であることは言うまでもありません。慢性症状の背景と腸内細菌のかかわりの多くは、人間と同じ生き物である細菌が生きるためには栄養素が必要になるといういたって単純なことでもあります。
たとえば、腸内に生息する細菌の多くがいきるために必要とされている栄養素は以下の栄養素になります。
p-アミノ安息香酸(PABA)
葉酸
ビオチン
リポ酸
ニコチン酸
パントテン酸
ピリドキシン(B 6)
リボフラビン(B 2)
チアミン(B 1)
ビタミンB 12
ビタミンK

マグネシウム
カルシウム

亜鉛

このほかにも、その他のミネラルやアミノ酸も細菌の営みには不可欠になります。
一見、善悪の腸内細菌という分け方だけでみられてしまう細菌も、人間にとっては扶養家族ともいえる存在でもあるわけです。
つまり、宿主である人間の症状改善を目的に、両手に余る種類と両手に余る金額のサプリメントを飲んでいても、想像以上に症状の改善につながらない人は世の中に少なくないと思います。この背景の1つに、細菌による上記のような栄養素の略奪の可能性が否定できないことから、多くの症状に対応した栄養療法のスタート時点で腸内細菌環境を確認することは避けてとおると。後々迷宮に足を踏み入れてしまうことにもなるわけです。
腸内細菌の環境を整えることは、決して免疫を向上させるだけの話ではないことを自覚する必要があると思います。
腸内環境を確認せずにサプリメントを漫然と飲むことは、場合によっては全く逆効果であることは否定できません。
医師やサプリメントの専門家と称する人たちに、サプリメントを勧められたときに、自分の腸内環境を確認せずにそのサプリメントを飲んでもいいものかどうかを確認してみるべきだと思います。
by nutmed | 2015-03-06 08:49

福岡セミナー開催のお知らせ (再掲)

今年の一般セミナーは福岡~スタートすることになりました。
今年は福岡の博多でセミナーを開催することになりました。九州での一般向けセミバーは今回が初めてになります。
どんなサプリメントを飲めばいいか悩んでいる、子供の健康、食事内容、高齢者への食事の注意点など、多くの皆さんが疑問に思っていることや悩んでいることの原点をわかりやすく知ってもらうために、栄養摂取の基本である消化分解と吸収の解説をいたします。また、ご家庭で簡単にできる消化分解機能の自己チェック方法も伝授します。
d0070361_8323117.jpg

講演のテーマは、健康になりたい、未病を促進した皆さんには是非知っておいていただきたい、最も基本的な「栄養素の消化分解と吸収」についてです。 実際に、自分の消化分解と吸収能力がどれくらいあるのかを、自宅で簡単にチェックできる方法も教授しますので関心興味のある方は是非参加ください。

詳細はこのサイトをご覧ください。
by nutmed | 2015-03-04 08:25