<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

私も講師を務めており、毎回受講者が増えております【「予防医療診断士」養成講座の案内です。
今回は金城先生の地元岡山での初開催もあり、楽しみにしています。
過去の口座で【「予防医療診断士」認定を受けた方の中から、在住地域での「予防医療・健康増進活動や、講座を開催され、積極的に【「予防医療診断士」として活躍されている方が増えています。
予防医療(老化予防)の具体的な実践方法に興味のある方に、ぜひ参加いただきたい講座のご案内です。

■「予防医療は日本の未来を変える力がある!!」

予防医療を広げることで、元気で生活することができて、医療費も、介護費も減らせる。
「病気ゼロ、寝たきりゼロ」を目指すことで、日本の未来が明るくなると確信しています。

未来を変える力の原点は、一人ひとりの地味な実践です!!そのための、生きた「知
恵」と「知識」と「技」を学んでもらう講座です。

~~~~~~~~~~~~~~

◆5月の予防医療診断士養成講座のご案内◆


「老化予防、元気に若々しく年を重ねたい」=本物の予防医療に興味のある方が正しい情報と正しい実践方法を学ぶための講座です。
予防医療20年の研究と大学病院で臨床医療16年の実践をもつ医学博士金城実が主催。
講師陣は関西医科大学健康科学科の木村穣教授、栄養医学研究所の佐藤章夫先生と、充実した講師陣です。
今回はBasic講座を「大阪」「東京」に加えて「岡山」でも開催することになりました。

*****************************
【1】入門講座
【2】予防医療診断士「(入門)+Basicコース」
【3】予防医療診断士「4日間集中講座」
*****************************

詳しくは↓

ホームページ:http://www.yoboiryo.jp/

協会ブログ:http://ameblo.jp/jha2014/entry-12144007041.html
by nutmed | 2016-04-28 09:55
私が2006年から継続しているブログ「臨床栄養士のひとり言」が、このたび一部オーディオブログとしてデビューすることになりました。以前から温めてきた企画モノですが、スマホや携帯オーディオデバイスがポピュラーになった今、過去のブログ記事を朗読して、オーディオ記事に焼き直すことで、通勤通学途中などに耳学問として記憶に留めてもらうことができれば幸いです。ブログ朗読はこの趣旨に賛同していただいた、FaceBook友達で、関西方面での私の栄養療法普及の協力をしていただいている、美濃さんにお願いしています。
今後オーディオライブラリーも徐々に増やして行くつもりです。

https://youtu.be/dbRAYxdIHMY

by nutmed | 2016-04-21 22:54
d0070361_1461015.jpg

d0070361_130786.jpg
皆さんもよくご存じだし、サプリメントの代表選手でもあるビタミンEについてです。ビタミンEを摂取している人の目的の多くは、メタボ対策としてのコレステロールの改善ではないでしょうか? 雑誌やネット、TVの健康番組でも「悪玉コレステロール退治にはビタミンEが一番!」なんて言葉が躍っていますよね。ところが、今日の話は、摂るビタミンEを間違えると、コレステロールを下げることができないだけでなく、コレステロールを下げるために摂るビタミンEの作用を邪魔してしまうという話です。

この図はビタミンEを構成する成分を大雑把に描いたものですが、ビタミンEの大部分は、トコフェロールとトコトリエノールによって構成されています。以前にもトコトリエノールについてはブログで紹介したことがあるので、こちらを参考にしてみてください。2002年に発表された内容では、同じビタミンEでもコレステロールを下げる作用は圧倒的にトコトリエノール(ベータとデルタ)が高く、トコフェロールには従来から言われているほどのコレステロールを下げる作用は確認できていません。それだけでなく、トコフェロールを多く含んだビタミンEは、トコトリエノールのコレステロール抑制作用に影響を与え、コレステロールを下げる機能が低下することもわかりました。最近の臨床研究によると、コレステロールや中性脂肪が高くなる脂質異常症の治療でポピュラーに処方されているスタチン系薬と一緒にトコトリエノール(ガンマ、デルタ)を摂ることで、スタチン系薬だけの患者よりもコレステロール低下の効果が高いことも報告されています。天然のビタミンEの中で、トコトリエノール(ガンマ、デルタ)を多く含む素材は、アナトー(Annatto)です。アナトーはベニノキの種子で、この種子から抽出される色素はリップクリームなど化粧品の色素として広く使われています。 このほか、ヤシの油もトコトリエノールを多く含んだ素材です。
アメリカでは市場で販売されているビタミンEのサプリメントの50%ほどは、「フルスペクトラムビタミンE」を謳った、トコフェロールとトコトリエノールを最適な比率でミックスしたサプリメントが出回っていますが、日本ではトコトリエノールのことすらあまり耳にしないのは残念です。
天然と合成のビタミンEを論点にすることは決して悪い話ではないですが、そろそそどんな目的でビタミンEを使うのかを十分考える時ではないかと思います。
by nutmed | 2016-04-13 14:06
d0070361_1393136.jpg
今日はラクトフェリンについてです。
「ラクト」は乳、「フェリン」は鉄を表す言葉なので、牛乳や母乳に含まれる鉄に関係する成分であることは想像していただけると思う。ここ数年、某大手乳業メーカーがダイエット目的でこの素材を拡大宣伝しているのでにわかに注目されてきた。ラクトフェリンは哺乳動物の乳だけでなく、涙・唾液・胆汁などの分泌物中に存在するたんぱく質である。実際、人間の初乳には5-10g/lが含まれている。この10年ほど前からドイツ、フランス、スペイン、そして米国でもラクトフェリンが見直されはじめている。ラクトフェリンは鉄を結合して運ぶ働きを持つたんぱく質の一つで、乳児の鉄の吸収を促進させるために大切なたんぱく質であることは知られている。ラクトフェリンが見直されはじめた背景には、母親の離乳時期が従来に比べて早くなったこともあるが、それだけではなく、昨今世界中を賑わすウィルス・細菌感染症に対する抗菌作用が注目されているからだ。ラクトフェリンには大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌をはじめとする大腸菌、カンジダ菌などの真菌、サルモネラ菌、C型肝炎ウィルス、ヘルペスウィルス、HIVなど多岐にわたる抗菌、抗ウィルス作用があることが報告されている。これらの細菌やウィルスは増殖するときに鉄が必要になるが、ラクトフェリンの鉄結合機能によって細菌の増殖を抑制する作用によるものである。悪玉菌の増殖を抑制する作用の背景もここにある。ラクトフェリンは乳中だけでなく涙にも含まれているが、5年ほど前から私のカウンセリングに訪れるドライアイで悩んでいる方にはラクトフェリンをお勧めしている。これはラクトフェリンに眼球を保護する作用があることと、細菌感染を防ぐ作用をもつためで、実際、米国の栄養療法クリニックでドライアイの患者に対するファーストチョイスとしてラクトフェリンを処方する医師は少なくない。また、最近の研究報告では、胃潰瘍の原因とされているヘリコバクターピロリ菌の除菌作用も認められている。ラクトフェリン自体の過剰摂取による弊害は報告されていないが、結果として鉄の過剰に繋がることがあるので、肝臓心臓機能がおもわしくない場合は使用に注意していただきたい。
by nutmed | 2016-04-12 11:55
d0070361_10201119.jpg

今回で3回目を迎える私の関西特別講義のお知らせです。
今回の関西特別講義も、
前回同様の2部制です。
午前の部は、
慢性的な不調を起こす「副腎疲労」について。
午後の部は、
「腸と脳の関係(GBC)」として、内臓過敏症をメインテーマに、
腸が脳に与える影響についてです。

特定のものを食べると、メンタルダウンしてしまったり
うつのような症状が出たりすることがあります。
多動や発達への影響を起こす場合もあり、
精神的なトラブルにもつながります。
脳と腸の相関を知ることで、
「性格」だと思っていたトラブルが解決につながる可能性も。

今回のセミナーも、単なる知識としてではなく、
実際の活用法として、健康管理に役立つお話が満載です。
※こんな方におすすめのセミナーです※
(午前の部)
・慢性的な疲れがなかなか解消しない方
・肌質の低下、鼻炎など慢性的な炎症を抱えている方
・疲れやすく、スランプ感を感じている方
・うつ様症状が改善しにくい、定期的に起こる方
・糖質制限が自分にあっているのかを知りたい人
・疲れ知らずで、健康な日々を送りたい方
・その他、クライアントへのケアに活用したい方

(午後の部)
・お腹の不調が気になる方
・アレルギーではないかと疑いがある方
・食事によってメンタルの浮き沈みを感じる方
・多動や発達障害などの食事ケアを検討される方
・腸内環境改善を考える方
・その他、クライアントへのケアに活用したい方

--------------------------------------------------

【開催日】2016年5月21日(土) 10時~16時予定

【会 場】京都駅周辺会場 (お申込み後、後日通知)

【内 容】2部制 セミナー

    午前の部 10~12時
    「疲れが抜けないのはなぜ? 
       慢性的な不調を起こす『副腎疲労』を知ろう」

    午後の部 14時~16時
    「メンタル不調は腸のせい?
       脳とつながる腸の反応を理解しよう」

【参加費】1講座   6,000円
  <限定15名>2講座通し 10,000円

 ※通し券は、限定15名とさせていただきます。
 ご希望の方はお早めにお申し込みください。


【交流ランチ会】
佐藤先生をかこんでのランチ会を同会場で行います。
お弁当希望者は別途1,000円を当日会場で受け付けます。
持参、持ち込みOK

参加申込は以下のサイトからお願いします
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01a4q3y474yu.html



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

これまで開催した「関西特別講義」はDVDにて視聴いただけます。

基礎学習として、いかがでしょうか?
自宅で何度でも観ることができるため、とてもお得な内容となっております。

一般販売
 佐藤章夫先生セミナーDVD http://yousyundo.com/SHOP/108589/list.html

協力:陽春堂

--------------------------------------------------------------------------
※キャンセルについて
キャンセルの場合は、必ずご連絡ください。
イベントの性質上、キャンセルの対応は以下の通りとさせていただきます。

・受付完了後、お振込がない場合は、一定の期間を持ちましてキャンセルとさせていただきます。
・受付完了後、キャンセル規定を過ぎますと、お振込されていない場合でもキャンセル料が発生しますのでご注意ください。
・開催2週間前まで(5/7)のキャンセルは、手数料を除き全額返金となります。
・5/8(日)を含め、以降のキャンセルは、50%の事務手数料をいただきます。
・開催10日前(5/11)から当日にかけてのキャンセルは、
返金できかねますのでご了承ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
by nutmed | 2016-04-05 13:05

栄養・健康・食に関する気ままな日記


by nutmed