今回は、肝機能検査とプロテインサプリメントの過剰摂取についてです。かつて、プロテインサプリメントといえば、ボディビルダーご用達、アスリート必携のサプリメントでしたが、この10年ほどで、サプリメント市場の上位を占めるほどポピュラーになりました。高齢者の体力向上から、少年サッカー選手の体つくり、減量にと、さながら万能のサプリメントのような扱いぶりです。日常的に、大豆、ホエイ、チキンなどを原料とするプロテインパウダーなどのサプリメントを採っている人は、かなり多いのではないかと思います。最近では栄養療法のクリニックで常用的にプロテインサプリメント、特に低血糖症状のサプリメント指導で出されることもあります。
さて、これらプロテインサプリメントを常用している人の中に、定期健康診断や、しょうじょうの治療で行った血液検査の結果、「肝機能があまりよくない」とか「感想をもうすこしいたわってください」などとコメントもらったことがあるひとは少なくないのではないでしょうか。中には、「肝機能が少し高めだけど、現状はセーフだから少しお酒を控えてしょくじにも注意してね」くらいの子、コメントで済まされるケースもあるでしょう。
本人としては、いたって健康的な生活で、食生活はいうに及ばず運動も定期的にこなしているのに、ちょっと意外な結果に首を傾ける人も。
ALT(アラニントランスフェラーゼ)というかんぞうの細胞に特異的な代謝酵素があり、健康診断ではほぼ確実に肝機能確認のために実施される血液検査の1つです。ALTは肝臓の細胞がアルコール、毒素、化学物質、ストレス、薬剤などによってダメージを受けると増加し、血液中に放出される酵素です。このALTは、長期間の高容量タンパク質摂取が腎臓にダメージを与え、血液が賛成傾向になり、肝臓ダメージが起こることでも上昇するす可能性があります。通常、日常生活では1ひあたり40-70g、運動をする人では体重1kgあたり1g程度のプロテイン摂取が考えられていますが、肝機能のわずかな変化にも注意することで、肝臓への負担をかけない有効なプロテイン摂取を心掛ける必要があると思います。
例えば、にちこうてきにプロテインサプリメント常用されている人は、定期健康診断の時には、2-3日ほど前からプロテイン摂取をやめて検査に臨んでみてもいいでしょう。また、栄養療法クリニックでプロテインを処方され、その後の血液検査でALTが上昇していた場合には、主治医にプロテイン摂取とのかんけいを確認するべきだと思います。
by nutmed | 2017-05-31 06:45

カンジダ菌除菌の手段として、最も一般的な方法は、医薬品の抗真菌剤、ナイスタチンやジフルカンなどの深在性真菌症治療剤を処方してもらい服用する方法ですが、日常的にカンジダ菌の増殖抑制、除菌向上を考えた場合、薬剤ではなく、ナチュラルな方法によって除菌を考えることがポイントになると考えます。その点、乳酸菌にはカンジダ菌の増殖を抑える作用をもったものがありますので、有効に取り入れてはいかがかと思います。いかにカンジダ菌増殖を抑える働きが確認されている乳酸菌をいくつか紹介します。
これらの乳酸菌がカンジダ菌の増殖を抑える働きの1つには、乳酸菌が作る天然の抗生、抗真菌作用を示すバクテリオシンによるものと考えます。
バクテリオシンについては過去のブログ記事(http://nutmed.exblog.jp/22388133/)を参照ください。

ラクトコッカス・ラクティス
ラクトコッカスクレモリス
ラクトコッカス・ジアセチラクシス
ロイコノストッククレモリス
ラクトバチルスプランタルム
ラクトバチルスカゼイ
これに加えて、イヌリンという、植物(根茎)が作る繊維質は
乳酸菌の繁殖を向上することが報告されていますので、いかのようなイヌリンが豊富に含まれる食材を意識して食べていただくと有効だと思います、
菊芋
ごぼう
にら
タマネギ
にんにく
チコリ

by nutmed | 2017-05-30 06:10

女性の閉経後の2型糖尿病のリスクが高まることについては、以前からたくさんの研究が報告されています。
その最大の理由は、自女性ホルモン「エストロゲン」が閉経前後から閉経後、大きく変化し分泌量が減少することによるものと考えられています。
2002年にアメリカオクラホマ大学の研究チームが長期間の閉経女性のインスリン、血糖値、エストロゲンレベルの追跡調査を行った内容が報告されていますが、この報告をみると、閉経後の女性の血統コントロール、特に、インスリンの抵抗性増大による2型糖尿病への罹患リスクが高くなってきていることがうかがえます。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11874937&prev=search)
もう1つ、閉経後の女性の2型糖尿病リスクが増える背景として考えられることは、カンジダ菌の増殖によるインスリン抵抗性増大により、2型糖尿病のリスクが増えることだと考えられます。
以前にもこのブログでは、カンジダ菌が女性ホルモンエストロゲンに与える影響と、最近ではインスリン抵抗性を増大させることを紹介してきました。つまり、カンジダ菌の増殖は、エストロゲンの機能とインスリンの抵抗性の両者に直接的関節駅に影響を与えるということが考えられます。
閉経後の女性には膣カンジダ症をはじめとして、カンジダ菌による症状が増えることも報告されていますが・閉経前後から、カンジダ菌の積極的なコントロールを強く意識することは大切だと思います。

また、閉経後にホルモン補充療法を進めらr手ばあいにも、主治医にカンジダ菌の確認はしていただくべきだと思います。

by nutmed | 2017-05-29 11:25

今日は、日本人にも興味のあるかたが多いであろう2型糖尿病の発症率と抗生物質の多様の背景についてでうs。
2016年委デンマークの研究チームが20年弱にわたる長期検討を行った、2型糖尿病の発症率と抗生物質の服用の関係についての報告文献があります。
https://academic.oup.com/…/article…/doi/10.1210/jc.2015-2696
報告書の中で研究チームは、抗生物質の処方数が増えるにつれて2型糖尿病の発症率とリスクが増加していることを報告しています。
以前にもこのブログで2型糖尿病のほとんどが、インスリンに対する抵抗性の増加、つまり、インスリンが正しく機能しない状態であり、また、最近の研究によって、インスリン抵抗性の増大が、カンジダ菌の作り出すSAP(分泌型アスパルチルプロテアーゼ)によってインスリンの機能が著しく疎外されるこことの報告を紹介してきましたが、そのおおもとの背景に、抗生物質との関係がありそうであるおとがわかり、現代の生活少雨看病で、その原因は食生活、ストレス、運動不足と啓蒙されてきた2型糖尿病ですが、これらの要因以外にも、安易な抗生物質の処方、多用の可能性が潜んでいた可能性があります。
カンジダ菌、酵母などの真菌類には抗生物質は全く効果がありません。そればかりか、、杭性物質を多用する結果、カンジダ菌の繁殖を増大させることにもなります。多くのバクテリアと共存し繁殖場所を共にするわけですから、抗生物質でカンジダ菌以外のバクテリアが殺菌されることで、言わばカンジダ菌の一人天下となり繁殖が旺盛になります。
2型糖尿病のリスク予備軍や、気になる人は、一般に言われているような食生活改善や運動不足解消だけでなく、安易に抗生物質を多用、特に長期間の服用には注意するべきだと思います。
また、現在2型糖尿病の加療中の患者および治療をしている臨床医は、患者のカンジダ菌の完治を徹底することで、予想以上に結党コントロールが安定する可能性がありますので、注目していただきたいと思います。
カンジダ菌コントロールなくして結党コントロールは進まないかもしれません。

by nutmed | 2017-05-25 00:07

「体内美人化計画~糖質は防ぐよりコントロールする!~」

テーマは「糖質」。ここ数年、糖質制限がブームですが安易におこなって体調不良に陥っている方が後を絶ちません。糖質摂取を軸に考える最適な食事スケジュール管理法とは?臨床栄養士と料理研究家が指南する正しい糖質コントロール術について。目からウロコの最新栄養学セミナーです!

講師:佐藤章夫(米国臨床栄養士)
   太田カティー(体内美フード料理研究家)
日程:7月1日(土)
時間:14時~16時半(13時30分開場)
会場:東京都立多摩図書館 セミナールーム
   東京都国分寺市泉町2-2-26 「西国分寺駅」より徒歩7分
定員:50名
受講料:4,000円(税込)※事前振込/ゆうちょ銀行
主催/運営:一般社団法人日本栄養医学食養協会

お申込みはこちら
http://janmf.com/seminar170701/
by nutmed | 2017-05-23 23:45

3月末の投稿を最後に、ブログの更新がストップしていました。
佐藤先生はブログを書くことをやめたのではないか? とか、さすがにネタが尽きたんじゃないの。
とか、病気じゃないのか?などなど、読者の皆さんには心配をさせてしまいました。
理由は、3月末に急に著しく体調を崩し、即刻緊急入院と相成りまして、50日間の入院治療療養をしており、先週5月20日の土曜日に退院となりました。
一時は、食欲が失せ、体力も低下し、体重も18kgほど減り、昔の私をしっている方が、今の私の姿を見たら別人ではないかと思うほどの痩せぶりです。
それでも、管理栄養士の食事指導とPTによる運動療法リハビリの甲斐もあって、日ごとにたいりょくが回復し、食欲も信じられなほどの旺盛ぶりです。

まだ退院間もないですが、これまでの生活リズムを改め、午前4時に起床したっ後に2-3kmほどの散歩、PTにプログラムしてもらった、バランスボールとバランスポールを使った筋トレとストレッチ、そして瞑想による自律性ン系トレーニングから1日をスタートさせています。 非常に体調がよく、朝食もおいしく、まさにエネルギー充電して、生きている実感を味わっています。
本来の本調子になるまでは今しばらくアイドリングが必要なので、ゆっくりアクセルを踏みながら、体調見合いでしばらくは走っていこうと考えています。

それでも、仕事がしたい、講演、レクチャーをしたい気持ちは沸々と湧き上がっています。
実際、今秋27日土曜日には、私の復帰セミナーがありますので、今からワクワクしています。
ここのセミナーはすでに満席のようですが、7月にも東京・国分寺でセミナーが予定されていますので、後日、こちらのないようも紹介させていただきます。

ゆっくりとではありますが、着実に前進していきますので、今後とも臨床栄養士のひとり言をよろしくお願いします。

by nutmed | 2017-05-23 23:40