汗疱状湿疹の栄養療法について
毎年、春先から初夏のころになると栄養カウンセリングにくるクライアントさんや、メールでの問い合わせが増える症状の1つに「汗疱状湿疹」があrます。医学的に原因は明確にはなっていませんが、手足の指、手の平に1~2mmほどの水泡ができ、痒みをともなうことが典型的な症状です。症状だけで判断すると、様々な症状の診断名がつけられるようで、アレルギー性症状や、湿疹など様々です。一方で、治療方法はほとんどの場合ステロイド剤や保湿剤が処方され、多くの場合1週間ほどで症状が落ち着くことも事実です。

この汗疱状湿疹ですが、栄養学敵に見ると、金属の過敏状態が強い場合にも発症する症状としても知られています。
この3月中旬、私が入院生活に入る直前、栃木県在住の32歳の汗疱状湿疹と皮膚科で診断された女性から相談メールをいただきました。毎年この時期になると両手の数本の指の第一関節から第二関節に痒みを伴う水泡ができて、毎回ステロイド治療を続けてきたけれど、なるべくならステロイドは継続使用したくないため、栄養で予防改善できることがないかという相談でした。
栄養療法では、このような症状の原因の1つに、ニッケルとコバルトに対する過敏反応が古くから報告されており、食生活の振り返りとともに、これらの金属への直接的な接触だけでなく、これらの金属が含まれる食材を避けるように指導することがポピュラーに行われます。
今回相談を受けた女性に、ヒアリングをしてみたところ、ニッケルやコバルトが使われているような装飾品や腕時計などは使っていないし、住環境の中にもこれらの金属はないと思うとのことでした。そこで、過去の経験から症状が現れる前に、いかに上げるような食材を食べたときに症状が現れたり、悪化した記憶をたどってもらいました。
ニッケルはチョコレート、ブロッコリー、マメ科植物、ナッツ類などに、コバルトは貝、レバー、ナッツ、ビート、キャベツ、チョコレート(カカオ)に含まれています。
私が入院生活しているときには連絡が取れないでいましたが、先週末に彼女から連絡がありました。
最初は気が付かなかったけれど、家族に一緒に記憶をたどってもらったところ、毎年この時期になって、アーモンドまたはマカデミアナッツ入りのチョコレートを毎日、職場で間食していることが多く、その後も症状が酷くなることもあったそうです。 今年はすでに4月の初めに症状が現れたようですが、ナッツ入りチョコレートが怪しいと感じ、症状が現れて以降は一切チョコレートを口にしていなかったそうで、症状も例年よりも収束が早かったそうです。
ステロイド剤はある意味、両刃の剣でもありますが、急性症状を収束させ、炎症を抑える場合にはファーストチョイスであると思います。一方で、無意味にダラダラと継続使用することは副作用やカンジダ菌などの真菌類の増殖を招く可能性が否定できません・
汗疱状湿疹の症状を毎年継続している人は、薬剤治療だけでなく、その原因背景に上記のような食材の影響下に内科の確認をしてみるべきだと思います。


# by nutmed | 2017-06-14 19:07

予防という言葉が叫ばれて久しいですが、多くの皆さんは、頭では予防がわかっていても、症状が慢性化し何らかの症状が突出しないと気が付かない(気が付いていてもなんらアクションを起こさなない)人がおおいのではないでしょうか。私もそのうちの1人だったことが今回の入院生活でいやというほどわかりましたが・・
私が栄養カウンセリングを行っていたり、栄養相談をされたり、セミナーで質問を受ける内容を聞いていると、多くの人が「なにについて、どのように予防策を講じていいかわからない」でいる。いわば「予防ジプシー」であるように感じることがあります。
慢性化した症状は突然悪化するわけではなく、時間をかけてゆっくり着実に進行して、やがて顕著な症状として現れくるものです。症状が現れたときに、その症状を診断し治療に当たる現代医療の医師は、目前にいる患者の症状をいち早く抑える、消滅させることを第一義に考え治療にあたりますが、多くの場合、その症状が作り上げらえた過程や背景にはあまり注目はしません。ましては、その背景に栄養の過不足だけでなく、消化分解、吸収の機能がかかわっているところまで掘り下げて観察してくれる医師は、栄養療法などを専門的に実践している医師以外では稀ではないでしょうか。
本来、予防という考え方の基本は、「結果として表れた症状に陥ることを未然に防ぐ」ことですから、慢性化した症状を直視し、検査データーでそれを探ろうとしても、本来の予防策を企画するおとは、原因、つまり症状を作り上げた過程が十分い理解できていなければ、予防のアクションにはならないと思います。
慢性化した症状の診断、治療、ケアのプロフェッショナルである現代医療が最大の効果を発揮するためには、患者となりえる誰もが、日常の生活や食生活、メンタル状態などの過程「ライフプロセズ」を意識をするだけでなく、日ごろから、症状が出た場合に、それ以前のライフプロセスの記憶をすぐに辿れる環境をもつことが大きなアドバンテージになると思います。
すでに多くの皆さんが気づいているはずですが、目前にある症状の治療のプロフェッショナルである医療施設では、診断された病名はことなっていても。症状が非常に似ているものや重複している症状が多い、例えば、発熱、痛み、下痢、便秘、記憶力低下、不眠、貧血など列挙すれば果て無く続きます。実際病名は異なっても、多くの場合、症状から治療方法が決定するために、処方される薬や処置の方法手順が同じであることは珍しくありません。
例えば、このところ特集テーマにしているカンジダ菌症も典型的にあその1つといえると思います。
いかに上げるのはカンジダ菌症のイェン系的な症状です。
  1. 原因不明の便秘、下痢、ガス
  2. 不眠や中途覚醒があり熟睡感がない
  3. 肌の炎症や原因不明の発疹、蕁麻疹、酒さや湿疹が定期的にある
  4. 歯ぎしりが酷い
  5. 筋肉や関節に痛みが常にある
  6. 疲労、うつ、または頻繁な無関心、無気力、集中力ん低下
  7. 食後に満腹感を感じることがない
  8. 鉄欠乏性貧血と診断されているこれらの慢性化した症状をこれらの
これらの慢性化した症状を訴えて医療機関を受診して、これらの症状の背景にカンジダ菌の繁殖を疑うことは非常に稀でほとんど話題には上がることはないと思います。
私の友人で日本の某大学病院の内科医に以前こんな質問をしたことがあります。「なぜ日本ではカンジダ菌症がポピュラーに扱われないのか?」彼の答えは明快でした。「もちろん入院患者の感染症、特に院内感染予防の観点からカンジダ菌を定期的に検査確認することはあるが、外来でケアするような慢性症状の患者にカンジダ菌が原因と考えるケースは稀だ。それは頭から慢性症状の原因にカンジダ菌を疑う優先順位はかなり低いからだと思う」
改めて、予防策を講じて慢性化した症状がくぁっかしないようにするためにも、日常のライフプロセスは、的確な治療、食生活の改善の重要な道しるべであると思います。

# by nutmed | 2017-06-13 21:35

エビやカニなどの甲殻類に含まれるキチンから抽出されたキトサン(Chitosan)は、日本でも20年ほど前から健康食品市場に出回っている機能性素材です。コレステロールを抑制する作用があることが報告されて、ダイエットや脂質異常症の予防、メタボの予防などの目的で健康食品市場をにぎわせてきました。一方、医療分野では、人工皮膚の素材として今ではポピュラーに使用されています。
そのキトサンの研究を続けている研究者は世界中に存在し、キトサンの研究報告は非常に多いといえます。それらの研究報告を検索すると、キトサンには実に多種多様な機能作用があることがわかります。
資質の吸収抑制作用はもちろんのこと、糖尿病における血管新生の抑制効果によって、浸潤性黄班変性の予防と進行抑制の効果が期待されていること。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fwww.ncbi.nlm.nih.gov%2Fpubmed%2F26511978&anno=2
また、このところ特集しているカンジダ菌の繁殖抑制作用が確認されています。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ja&u=https%3A%2F%2Fwww.ncbi.nlm.nih.gov%2Fpubmed%2F26511978&anno=2
キトサンがバクテリアの繁殖を抑える作用があることは以前からいくつか報告されていますが、カンジダ菌の繁殖を抑える作用の背景には、カンジダ菌をはじめとするバクテリアが繁殖するときに形成するバイオフィルムという、いってみれば菌が繁殖成長する際に作られる膜で覆われたゆりかごのようなものです。このゆりかごの中でカンジダ菌やバクテリアはすくすくと繁殖し成長します。
つまり、このバイオフィルムの形成を阻害することができれば、カンジダ菌の増殖を抑制することができるわけですね。
カンジダ菌の繁殖抑制のための有効摂取量は、いくつかの報告によると、1日あたり1000-1400mgを3回に分けて食後にと勧めています。




# by nutmed | 2017-06-09 09:18

カンジダ菌が血液の中を流れることもあるカンジダ血症について先日のブログでも紹介しましたが、加えて、今日は寄生虫(パラサイト)が血中を流れることによる感染症状とその検査について紹介します。
かつての日本では、現在に比べて衛生面の問題や食生活の問題から、便を使った寄生虫の確認検査はごく普通に行われていました。最近、ニュースでも話題に上がった、サバなどの魚に寄生するアニサキスも寄生虫の1つですし、蚊やダニを媒介して感染する寄生虫は私たちの生活環境の中に存在し続けています。
寄生虫(パエアサイト)
d0070361_23005074.jpg
寄生虫は犬や猫だけの話ではなく、人間の体内にも感染する可能性は否定できません。
以下に挙げるのは、寄生虫が体内に侵入し、感染したときにあらわれる典型的な症状と背景です。
  1. 原因不明の便秘、下痢、ガス。IBS(過敏性大腸炎)の症状
  2. 今までに食中毒の経験がある
  3. 不眠や中途覚醒があり熟睡感がない
  4. 肌の炎症や原因不明の発疹、蕁麻疹、酒さや湿疹が定期的にある
  5. 歯ぎしりが酷い
  6. 筋肉や関節に痛みが常にある
  7. 疲労、うつ、または頻繁な無関心、無気力、集中力ん低下
  8. 食後に満腹感を感じることがない
  9. 鉄欠乏性貧血と診断されている
感がよくて勉強熱心な方は、これらの症状を見て、ピンときませんか?
2つありまして、1つは、これらの症状の発症頻度が、この20年くらいで劇的増加している可能性。もう1つは、これらの症状がカンジダ菌症の症状にダブルところが多いことです。つまり、現代病の症状としてひとくくりでかたずけられてきた症状群ですね。
このところ特集しているカンジダ菌もさることながら、原因が特定できないような不定愁訴症状の背景に、寄生虫が影を落としている可能性は否定できません。
そこで、カンジダ菌同様に寄生虫の確認検査を考えてみてもいいとおもうのですが、寄生虫の便検査は、病理の専門的な知識と経験をもった検査スタッフによって、顕微鏡によって存在を同定する検査ですので、コストも時間もかかる検査だと思います。
ただ、長年上記の症状を中心とする原因が特定できない不定愁訴で悩まれている人は、チャンスがあれば医療機関に寄生虫の検査の相談をされるべきだと思います。
少なくとも、最近の医療ではその症状の背景に寄生虫の存在を疑うことはまれではないかと思います。

# by nutmed | 2017-06-08 23:26

今日のテーマはカンジダ血症というカンジダ菌が血液の流れに侵入し感染する症状についてです。「院内感染症」という言葉はみなさんも聞いたことがあると思いますが、たいてい話題に上るのは、黄色ブドウ球菌やノロウィルス、大腸菌群ではないかと思います。世界中の医科大学、病院などが以前から院内感染についての調査報告をたくさん発表しています。最近カンジダ菌の文献をあさっていたときに私の眼を引いたのは、2008年にマサチューセッツ大学の研究チームが発表したもので、2000年から2005年に米国内の入院患者で、カンジダ血症と診断治療を受けた患者が49&も増加したというものです。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18715153
その理由は明らかにしていませんが、常在菌でもあるカンジダ菌が血液内に侵入するチャンスは想像以上に多いといえるでしょうし、今まであまり注目されてこなかったこともあるのではないかと思います。日本においてもカンジダ血症の院内感染の調査報告はいk塚あります。
http://www.chemotherapy.or.jp/journ…/jjc/05801/058010014.pdf
http://journal.kansensho.or.jp/Disp?pdf=0770030158.pdf
これらの報告を見ても、カンジダ血症の症例は増加しているようです。
これらの報告はすべて医療現場からの報告ですが、健康な人(だと思っている人?)にも、常在菌としてカンジダ菌は存在するわけですから、日常生活を普通に送っている間に、体調が思わしくない、いつもと違う体調、具体的な慢性症状などが蓄積されていく可能性は決して低くはないでしょう。
栄養療法に携わる私の立場から見ると、この短い間にカンジダ血症の感染アhが増加した背景には、医療市越の感染防御のしくみや取り組みももちろんあるでしょうが、カンジダ菌の繁殖を旺盛にさせる食生活やストレスの背景があるとみています。
最たるものカンジダ菌の餌となる糖分(砂糖など)を食べる機会が圧倒的に増えていることと、ストレス過剰によって副腎の疲労に拍車をかけ、デジタル機器による睡眠障害などから副腎の休息時間を十分に得られないこと、そして、抗生物質の多用です。確かに昔に比べて抗生物質の処方数量、種類は減ってはいますが、相変わらず抗生物質頼みの医療は否めません・
また、身近な感染ルートしては、口腔内のカンジダ菌繁殖があると思います。
カンジダ血症の死亡率は意外に高く、40-70%と報告されたいます。決して入院したときだけの話ではなく、生活習慣病や慢性症状の温床になると考えてもいいと思います。
# by nutmed | 2017-06-07 08:46

うつ症状とカンジダ菌

今日のテーマはうつ症状とカンジダ菌についてです。うつ症状、不安恐怖症など神経機能にかかわる症状の背景に、間接的にカンジダ菌がかかわっている可能性、特に最近の日本人にはその可能性が考えられるという紹介です。
まず、最初に紹介しなければならないポイントは、ビタミンB12です。日本ではほかのビタミンに比べあまり話題にならないビタミンB群の1つで、サプリメントとして販売されているビタミンB12の商品がアメリカやカナダに比べて10分の1程度しかないことからもうかがえます。
さて、このビタミンB12の重要な働きの1つに正常な神経機能のコントロールがあります。その1部を上げると・・・
正常な神経成長および発達を助ける
神経細胞間のコミュニケーションを調整
安定した副腎機能の促進
感情のコントロール
記憶力・集中力の向上
鎮静作用
これらの機能が長時間維持できなくなることで打つ症状や不安恐怖症状にもつながります。つまり、ビタミンB12が不足、欠乏することは打つ症状、不安恐怖症状を助長させることになります。https://translate.googleusercontent.com/translate_c…
ビタミンB12は動物性たんぱく質食材からほとんどが摂取できますが、食材に含まれたビタミンB12を抽出するためには、強烈な酸性の胃酸が不可欠になります。以前から私は、胃酸の重胃酸をことあるごとに声を大にして紹介してきましたが、ビタミンB12はまさに遺産が不足していた場合には想像以上に摂取できないビタミンの最たるものです。実際、私が栄養カウンセリングを行っている病院とクリニックで、うつ症状、不安恐怖症状、不眠などの神経にかかわる症状を持ったクライアントに、胃酸分泌自己チェックをしてもらうと、85%ほどの人が低胃酸状態であることに驚きます。
胃酸が少ないことで、もう1つかかわってくるのがカンジダ菌の繁殖があります。腸に繁殖するカンジダ菌は、比較的酸には強い真菌ですが、低胃酸によって繁殖が増加する可能性があります。カンジダ菌の増殖は、神経伝達物質のセロトニンの生産分泌に影響を与えることになり、またカンジダ菌のの副産物であるアセトアルデヒドもまた、ドーパミン神経伝達物質と反応し、これは不安恐怖などの症状を現す可能性が高くなります。
ここでもまrたカンジダ菌が暗躍しているようですが、カンジダ菌は日ごろからの食生活、ストレス管理、口腔ケアなどの意識行動をすることで十分に予防が可能です。

# by nutmed | 2017-06-05 06:37

【2017年の「予防医療診断士」養成講座のご案内】
「元気になりたい!」「クスリに頼りたくない!」「やせたい!」
体調が悪いのに、いろいろな症状があるのに、検査では異常なし。
カラダの中(細胞)では何かが変調をきたしているはずです。

自分の細胞の状態をチェックして見直して欲しいと思います。
予防医療(老化予防)の本質は人間が本来もっている自然治癒力を活かすことがスタートだと考えています。


本物の予防医療に興味のある方に、ぜひ参加いただきたい講座です。

「予防医療は日本の未来を変える力がある!!」

そんな想いで開始した予防医療の実践力をつける講座です。
未来を変える力の原点は、一人ひとりの地味な実践です!そのための、生きた「知恵」と「知識」と「技」を学んでもらう講座です。


◆2017年の予防医療診断士養成講座のご案内◆


「老化予防」「元気に若々しく年を重ねたい」=本物の予防医療に興味のある方が正しい情報と正しい実践方法を学ぶための講座です。予防医療20年の研究と大学病院で臨床医療16年の実践をもつ医学博士金城実が主催。講師陣は関西医科大学健康科学科の木村穣教授、栄養医学研究所の佐藤章夫先生と、とても充実した講師陣です。

【1】予防医療診断士「入門+Basicコース」

「東京」6月17,18日(2日間)

「米子」7月 1,2日(2日間)

【2】予防医療診断士「4日間集中講座」

  【1】の東京か米子(2日間)
    +7月29,30日(2日間「東京」のみ)

*********************************


詳しくは↓

ホームページ:http://www.yoboiryo.jp/

協会ブログ:http://ameblo.jp/jha2014/entry-12144007041.html


◆◆2017年6月~7月の予防医療診断士養成講座のご案内です◆◆


「老化予防、元気に若々しく年を重ねたい」=本物の予防医療に興味の
ある方が正しい情報と正しい実践方法を学ぶための講座です。
予防医療20年の実践・研究と大学病院で臨床医療16年の経験をもつ
医学博士金城実が主催。講師陣は関西医科大学健康科学科の木村穣教授、
栄養医学研究所の佐藤章夫先生と、充実した講師陣です。



詳しくは http://www.yoboiryo.jp/

申し込み、問い合せは(コンタクトフォームから)
 http://www.yoboiryo.jp/iframe/contact_iframe.html


********************************


【1】予防医療診断士「入門+Basicコース」

(講座日程)2日間の集中講座です。2日目に試験があります。
 ・「東京」6月17,18日(2日間)
・「米子」7月 1,2日(2日間)

(講座内容)ベーシック講座受講、認定試験合格後「認定証」発行。
ベーシック講座は、予防医療を詳しく勉強したい方のための
「知る」講座です。もちろん家族、友人に教えることはできます。
ベーシック講座認定後にアドバンス講座に進むことも可能です。



【2】予防医療診断士「4日間集中講座」6期生募集のご案内 

(講座日程)2日+2日で合計4日間の集中講座です(1日7時間)
  ・東京か米子での2日間の入門・Basic講座(2日間)
  ・東京でのAdvance講座:7月 29,30日(2日間)(合計7時間×4日間) 
      
(講座内容)ベーシック講座(+集中講座用入門講座)とアドバンス講座
を一緒にした4日間(2日間+2日間)の集中講座(料金もお得です)
試験合格後「Advance予防医療診断士(9期生)」認定証発行。
予防医療協会「入門コース」の開催講師ができます。この講座は、
金城実 医学博士とパートナーを組んで、予防医療を勉強するだけでは
なく、もっと広く講座やセミナーで講師として教える側になって
活躍したい方(「知る」だけではなく「教える」)のための講座です。


*********************************************


■申し込み、問い合せは(コンタクトフォームから)
 http://www.yoboiryo.jp/iframe/contact_iframe.html


■詳しい内容はHPをご覧ください

・詳しいカリキュラムは 
 http://www.yoboiryo.jp/curriculum.php
・詳しい講座日程・費用は 
 http://www.yoboiryo.jp/iframe/contact_iframe.html 
・申し込み、問い合せは(コンタクトフォームから)
 http://www.yoboiryo.jp/iframe/contact_iframe.html





# by nutmed | 2017-06-01 11:35

タウリンについて

今日のテーマはタウリンです。タウリンは人間が体内で合成できる(条件が整った場合)非必須アミノ酸の1つです。日本ではあまりポピュラーではないアミノ酸の1つですが、海外の生物学者や文化人類学者の間で、日本が長寿の国と呼ばれる背景には。このタウリンがあり、日本人は昔からタウリンが豊富に含まれる食材、とくに魚介類をよく食べていたと考える学者も多く、「昭寿ののアミノ酸」として重宝されているアミノ酸の1つでもあります。タウリンの旗r気についてはネットにもたくさん掲載されているのでそちらを参考にしてください。
残念なことに、近年の日本人は老若男女問わず、タウリンが豊富に含まれる食材をあまり食べなくなったことと、食材からタウリンまで分解する能力が低くなった胃酸と消化酵素不足)ことも考えられるでしょう。
近年の日本人に増えている症状の上位に、不安、甲状腺機能低下症、高血圧、痛風、耳鳴り、肥満、腎不全、 うつ病 があげられますが、これらの症状はそのままタウリン不足または欠乏の状態に現れる症状でもあり、かつての日本人には少なかった症状ではないでしょうか。
これらの症状がポピュラーになったことの背景の1つに、タウリンの不足が考えられると思います。
タウリンが低下するもう1つの背景に、このところ綴っているカンジダ菌の存在があります。
-この全身的な真菌が増殖している場合、腎臓でタウリンと競合するアミノ酸ベータアラニンが増え、尿を通してタウリンを失うことになります。 結果として、カンジダ菌の増殖がタウリン不足につながり、食材からの供給もづくなければ、上記のような症状の原因となる可能性が高くなります。


# by nutmed | 2017-06-01 06:14

今回は、肝機能検査とプロテインサプリメントの過剰摂取についてです。かつて、プロテインサプリメントといえば、ボディビルダーご用達、アスリート必携のサプリメントでしたが、この10年ほどで、サプリメント市場の上位を占めるほどポピュラーになりました。高齢者の体力向上から、少年サッカー選手の体つくり、減量にと、さながら万能のサプリメントのような扱いぶりです。日常的に、大豆、ホエイ、チキンなどを原料とするプロテインパウダーなどのサプリメントを採っている人は、かなり多いのではないかと思います。最近では栄養療法のクリニックで常用的にプロテインサプリメント、特に低血糖症状のサプリメント指導で出されることもあります。
さて、これらプロテインサプリメントを常用している人の中に、定期健康診断や、しょうじょうの治療で行った血液検査の結果、「肝機能があまりよくない」とか「感想をもうすこしいたわってください」などとコメントもらったことがあるひとは少なくないのではないでしょうか。中には、「肝機能が少し高めだけど、現状はセーフだから少しお酒を控えてしょくじにも注意してね」くらいの子、コメントで済まされるケースもあるでしょう。
本人としては、いたって健康的な生活で、食生活はいうに及ばず運動も定期的にこなしているのに、ちょっと意外な結果に首を傾ける人も。
ALT(アラニントランスフェラーゼ)というかんぞうの細胞に特異的な代謝酵素があり、健康診断ではほぼ確実に肝機能確認のために実施される血液検査の1つです。ALTは肝臓の細胞がアルコール、毒素、化学物質、ストレス、薬剤などによってダメージを受けると増加し、血液中に放出される酵素です。このALTは、長期間の高容量タンパク質摂取が腎臓にダメージを与え、血液が賛成傾向になり、肝臓ダメージが起こることでも上昇するす可能性があります。通常、日常生活では1ひあたり40-70g、運動をする人では体重1kgあたり1g程度のプロテイン摂取が考えられていますが、肝機能のわずかな変化にも注意することで、肝臓への負担をかけない有効なプロテイン摂取を心掛ける必要があると思います。
例えば、にちこうてきにプロテインサプリメント常用されている人は、定期健康診断の時には、2-3日ほど前からプロテイン摂取をやめて検査に臨んでみてもいいでしょう。また、栄養療法クリニックでプロテインを処方され、その後の血液検査でALTが上昇していた場合には、主治医にプロテイン摂取とのかんけいを確認するべきだと思います。
# by nutmed | 2017-05-31 06:45

カンジダ菌除菌の手段として、最も一般的な方法は、医薬品の抗真菌剤、ナイスタチンやジフルカンなどの深在性真菌症治療剤を処方してもらい服用する方法ですが、日常的にカンジダ菌の増殖抑制、除菌向上を考えた場合、薬剤ではなく、ナチュラルな方法によって除菌を考えることがポイントになると考えます。その点、乳酸菌にはカンジダ菌の増殖を抑える作用をもったものがありますので、有効に取り入れてはいかがかと思います。いかにカンジダ菌増殖を抑える働きが確認されている乳酸菌をいくつか紹介します。
これらの乳酸菌がカンジダ菌の増殖を抑える働きの1つには、乳酸菌が作る天然の抗生、抗真菌作用を示すバクテリオシンによるものと考えます。
バクテリオシンについては過去のブログ記事(http://nutmed.exblog.jp/22388133/)を参照ください。

ラクトコッカス・ラクティス
ラクトコッカスクレモリス
ラクトコッカス・ジアセチラクシス
ロイコノストッククレモリス
ラクトバチルスプランタルム
ラクトバチルスカゼイ
これに加えて、イヌリンという、植物(根茎)が作る繊維質は
乳酸菌の繁殖を向上することが報告されていますので、いかのようなイヌリンが豊富に含まれる食材を意識して食べていただくと有効だと思います、
菊芋
ごぼう
にら
タマネギ
にんにく
チコリ

# by nutmed | 2017-05-30 06:10