人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第626回 男性型脱毛症にヤシ油が有効か!

今日は2回目の土用の丑の日、通称「2丑の日」というそうです。今日はあちこちでうなぎのかば焼きを焼くにおいが立ち込めるんでしょうね。

先日、久し振りに私の師匠であるDr.ライトから1通のメールがありました。そこには1つのニュースと1つのトピックが書かれていました。1つは以前ブログでも紹介したアメリカの女優でこの20年間自らの健康と老化抑制に対する関心の深さから、アメリカでもカリスマ的な存在でもあるスーザン・ソマーズ(Suzanne Somers)がこの6月に御主人とともにシアトルにあるDr.ライトのタホマクリニックに治療に訪れ、その模様が全米ネットのTV局でこの9月末に放映される予定だそうです。彼女の功績もあってDr.ライトの栄養療法およびナチュラルホルモン補充療法は今やアメリカのみならずEU諸国のセレブリティからの予約で多忙を極めるそうです。私にとっても非常に嬉しいニュースです。

そしてもう1つのトピックがこれから紹介するヤシの油(Palm Oil)で男性型脱毛症の改善が可能になる可能性についての研究報告です。
第626回 男性型脱毛症にヤシ油が有効か!_d0070361_9103953.jpg

この研究報告はマレーシア大学薬学部の研究チームによって行われている研究の初期段階での報告になります。男性型脱毛症の約90%は男性ホルモン(テストステロン)の働きによるものとされていますが、以前にもこのブログでは幾度も登場している酵素の5αリダクターゼによってテストステロンが非常に活性の強いDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されることで脱毛の原因を作ると考えられています。
マレーシア大学の研究チームは、28人の18歳から59歳までの男性ボランティアによる8カ月間の検討を行いました。28人を2つの年齢が平均化されたグループにわけ、1つのグループにはヤシ油から抽出されたトコトリエノール(tocotrienol)を1日あたり100mg服用してもらい、もう1つのグループにはプラシボ(偽薬)をそれぞれ服用してもらった結果、8ヶ月後の検証によると、ヤシ油を服用したグループの参加者の平均で約42%において脱毛し薄毛になっていた頭皮の部分で育毛が確認されていたという報告です。
研究チームは「現状ではまだ研究初期段階であり、ヤシ油のトコトリエノールが5αリダクターゼの抑制作用を示しているのか、DHTの活性を抑制しているのかについては明確ではないが、数少ないボランティアの検討でこれだけの育毛効果があったことは、ヤシ油のトコトリエノールには非常に期待がもてる」と報告しており、今後も詳細な研究検討を継続するとのことです。
Dr.ライトのタホマクリニックでも早速ヤシ油のトコトリエノールを使って男性型脱毛症改善の検討を進めたいとコメントしています。
5αリダクターゼの活性を抑制する作用を持った植物性機能性分は自然界には多く、ポピュラーなものはノコギリヤシや大豆のイソフラボンなどもその1つです。これらの素材とヤシ油に含まれるトコトリエノールが同じ働きをするものか、また違った作用を持ったものかを含め、マレーシア大学の研究チームの今後の研究報告には注目です。
by nutmed | 2009-07-31 09:12