人気ブログランキング | 話題のタグを見る

週末歳時記 アトピー症状大幅に改善

今週木曜日はうれしいことがありました。
月に2回、第1と第3の木曜日の午後から栄養カウンセリングに出ている青山外苑前クリニックで昨年10月からケアをしているアトピー症状のある女性が、大幅に症状を改善しもう私のケアは必要ない状態になりホット一安心。
初めて彼女に会ったときには、イラストレーターという仕事もあってか、イラストを描くとき利き腕のヒジの部分がデスクで摩擦を起こすことによる接触性の蕁麻疹のような症状と、発汗する部分の皮膚や首まわりの赤身と乾燥、かゆみなど、軽いアトピー様症状がありました。 彼女は決してサプリメントが嫌いというわけではないようでしたが、体内環境の変化、特に食材だけでなく消化分解と吸収の仕方によってアレルギー症状、アトピー様症状の引き金になることについての説明を30分ほどして、いかに食事が大切であるかを説明しました。
彼女はそれまでに「断食」(ファスティング)というものを体験したことがあって、食事が体内にどのような影響をもたらすかを衝撃的に体験した経験があったため、食事や食材という基本的なところから今の症状の改善をスタートさせたいという希望をいただきました。
消化分解、吸収の仕方だけでなく、不用意に炎症を起こさせない、また炎症を鎮めるための体内の働きを促進させる栄養素の積極的な摂取、水分の摂取、肝臓の働きを向上させ、解毒機能を向上させる食材の摂取、皮膚の新陳代謝を向上させるための栄養素など、彼女のペースに合わせて時間をかけてじっくりケアをしてきました。食事栄養指導のケアをはじめてから3か月ほどは目に見える改善はそれほど多くはありませんでしたが、彼女本人が少しづつではあるものの、実感するものを感じはじめてくれ、真剣に取り組んでくれた結果が実を結んだことは間違いありません。
彼女のケースをそばでケアして見てきた私自身が改めて確証したことは、「ストレスをためない」ということでしょうか。そして「先を焦らず鼻から高い目標を設定しない」ということです。
彼女の場合、いきなり高い目標を設けず、私の食事栄養指導を1つ1つゆっくりとではありますが確実に前に進め、自らもそれによる改善の実感を感じながら次のステップへの足がかりにしていったようです。

結果として本人が望む、納得できる状態まで行きつくことができたのだと感じています。

そうそう、彼女は自分のブログでもこの件を1部紹介してくれているので紹介しますが、彼女のイラストは皆さんの目に触れるあちこちで見ることができるほど、使われているんですよ。彼女のイラストはなんだか気持がポワンとするような和みがあります。松尾たいこさんのHP
by nutmed | 2009-09-05 11:49