人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第647回 ジュース療法 痛風

今朝の東京は空が高いです。めずらしく降水確率も0%です。
昨日、ビートルズのデジタルマスター盤の発売がスタートして、今再びビートルズブームに火がつきそうだということですが、今の多くの若い人たちはビートルズのことは英語の授業で知るにすぎず、もちろん当時を知っている人はいないし、中高年の記憶の中に埋もれてしまっているのでしょうか。我が家の娘もCMで流れている曲程度にしか思っていないようで少しショックではありました。

さて、今日はジュース療法の痛風についてです。
痛風が「贅沢病」と言われていたのは、一昔以前のこと。いつでも24時間好きな食べ物が好きなだけ食べられる現代、痛風はもはや現代人の潜在病と言っても過言ではないでしょう。それを裏付けるように年々痛風発症者の数が増えており、年齢層も若くなっています。最近では女性にも高尿酸血症がではじめていますしね。
痛風は、自分の体内の環境を分析し、栄養素をコントロールすることによって、特有の痛みとは無縁の生活も不可能ではありません。

痛風治療薬の使い方には注意
一般に痛風には2種類の治療薬があります。
1つは痛風特有の痛みがでた時に使用する薬、もう1つは痛風の原因となる尿酸を減少さ
せるために使用する薬です。
①劇薬扱いの「コルヒチン」
痛風の痛みと炎症を抑える抗炎症薬としての「コルヒチン」は、植物のサフランから抽出されたものです。この「コルヒチン」は劇的に痛風の痛みを減少させる効果がありますが、劇薬の指定を受けている薬でもあり、白血球減少、脱毛、出血、下痢などの副作用が報告されている注意が必要な薬でもあります。
②皮膚の発疹が出ることも少なくない「アロプリノール」
尿酸を減少させるために使用する薬の代表である「アロプリノール」は頻繁に使用されていますが、皮膚に発疹が出る副作用が少なくありません。


食事と栄養 
日本の痛風治療には食事療法があります。アルコール(特にビール)を控える、プリン体の多い魚介類・もつ類・牛肉を控える、ダイエット、水分を多く飲むなど、見るだけで生きる楽しみの40%は奪われたような気になってしまうような内容です。実際、食事療法によって痛風と「上手に付き合う」ことは可能ですが、ビタミン・ミネラルなどの栄養素を考え、コントロールすることによって、痛風の痛みに苦しむことなく穏やかな生活を送ることは夢ではありません。


1、痛風の予防改善に有効なニュートリション
①オメガ-3脂肪酸
良質のオメガ-3脂肪酸が豊富に含まれる素材としてはフラックス(亜麻)
油が最強だと考えます。フラックスオイルには、炎症と痛みを抑える働き
があります。
②ビタミンC
ビタミンCには血液中に大量に放出された尿酸を減少させる働きがあり
ます。
③フラボノイド
フラボノイドの中でも、クルクミン、アントシアニン、ケルセチンは尿酸を抑える働きをもっています。また、クルクミンには強力な抗炎症作用があります。
④葉酸
葉酸には尿酸の生成に関わる酵素を抑える働きがあります。
⑤亜鉛
痛風には鉛性痛風というタイプもあります。体内に蓄積された鉛が増加
することによって発症する痛風で、鉛によるタンパク質の合成阻害が生
じるものです。このタイプには亜鉛が有効です

2、痛風の予防改善のちょっといい話
サクランボが痛風の予防と改善に効果があることを知っていますか?
カルフォルニア大学デービス校のグループは、サクランボ摂取による痛風予防効果について、2003年に発表を行いました。
カルフォルニア州デービス周辺はサクランボの産地です。そこでは、サクランボを食べていると痛風にならないとの民間伝承があるそうです。最近、サクランボに含まれているアントシアニンの一種であるシアニジンが、痛風などと関係する炎症反応を強く抑制することがわかりました。また、臨床試験でサクランボを摂取すると痛風が軽減すると報告されていました。
カルフォルニア大のグループは、10人にサクランボを2単位(280g)摂取してもらい、血液中の尿酸の濃度を調べたところ最初214μmol/lだったのが、摂取後183μmol/lに減少したことと、炎症の指標であるCRP(C反応性タンパク質)とNO(一酸化窒素)の減少を確認しました。また、尿中に排泄された尿酸値は202μmol/mmol creatinineから350μmol/mmolcreatinineへと増加したと報告しています。以上の結果から、サクランボの摂取は痛風予防に有効であると結論づけています。

このほかサクランボにはソルビトールという物資いつが含まれていて、さわやかな冷涼感があり、後味がすっきりするのが特徴の甘味料ですが、虫歯に対する予防効果も知られています。虫歯は、虫歯菌が食物に含まれている砂糖などを餌として成育し、分泌物として、グルカンと呼ばれる粘着性物質と乳酸を作ります。このグルカンが歯に歯垢を付着させ、乳酸が歯のエナメル質を溶かします。ソルビトールは、虫歯菌の糖代謝を阻害するため、乳酸ができるのを防ぐ働きがあります。

また、サクランボの果実中にメラトニンが発見されたことです。メラトニンは、人の脳の内部、松果体で作られる睡眠のサイクルをコントロールする神経ホルモンの一種です。規則正しく、暗い所で睡眠を取っていればメラトニンの分泌量は増し、不規則な睡眠は、その分泌量を減少させます。最近の研究によれば、メラトニンは、睡眠を促進し、時差ぼけを和らげ、しかも睡眠薬のような危険性や副作用がないとされています。

3、痛風の予防改善のためのジュースレシピ
①チェリーカクテル
・生のサクランボ10個(種は取る)缶詰などの加工品はNG
・レモン1/2個
・ブルーベリー10個缶詰などの加工品はNG
・リンゴ1/2個(皮つき、種は取る)
②グリーンフレッシュ
・ホウレンソウの葉5枚
・ケールの葉3枚
・青リンゴ1/2個(皮つき、種は取る)
・メロン1/4個
・ライム1/2個


by nutmed | 2009-09-10 08:17