人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第698回 耳鳴りの改善 その3

今日11月30日は「いい味噌の日」だそうです。11月はみんな「いい・・」なんとかの日になるのでしょうね。
これからの季節、具たくさんのみそ汁がおいしい季節です。

さて、今日は耳鳴りの改善のための食材についてです。

1、塩分の強い食材を避ける
慢性的に塩分の多い食事を続けることによって血圧を上昇させ、脳だけでなく耳組織への血流量を低下させることがあるため、塩分の濃い食事はさけたほうがいいでしょう。
2、精製漂白された「シロモノ」単純炭水化物を避ける
耳鳴りをもつ人の約90%が高インスリン血症であるという研究報告があり、食後ただちに糖に変換する砂糖、精製漂白された小麦など、単純な炭水化物は脳および聴覚器官が必要とするエネルギー源のグルコースの安定供給ができないことがあります。特に砂糖はアドレナリンの放出を促進させることで内耳における血管収縮を引き起こす可能性が高い素材のため、極力回避するべき素材です。
3、アレルゲン食材を避ける
アレルギー検査によって反応してしまうことが確認された食材は極力(ストレスのない範囲で・・)避けるべきでしょう。
4、症状が強くなる食材は避ける
食べて耳鳴りの症状が明らかに強くなるような食材は避けるべきです。
5、消化分解の促進
食事に集中し、ゆっくり時間をかけて咀嚼を十分に行う食事をこころがける。

血管収縮を促す食材は避ける
ラードやバター、マーガリン、ショートニングなど室温で固まる飽和脂肪酸の摂取抑制
砂糖の摂取抑制(アドレナリン放出を促し結果として内耳付近における血管収縮を招く)
血管拡張を促す食材を積極的に摂取する
マグネシウムとカリウムの積極的な摂取(杏、ジャガイモ、バナナ、緑黄色野菜、ナッツ)ただし、アレルギー反応を示す食材は避けるべきです。
by nutmed | 2009-11-30 13:52