人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第780回 血圧コントロールと栄養 その8

GW初日の今朝は、自宅前の幹線道路をけたたましく走るハーレーの1団の音で目が覚めました。ざっと40台はいるでしょうか、きっと渋滞を避けてどこかにツーリングする集団なのでしょう。バイクに乗る私にとっては決して不快な音でも光景でもないのですが、早朝からこの光景には閉口する人も少なくないかもしれませんね。 今日は私もこれからワイフを乗せて鬼怒川温泉に浸かりに行ってきます。 

さて、連休初日の今日は血圧コントロールに有効な素材の続きです。

4、アントシアニン
アントシアニンは植物に含まれる赤・紫・青い色素をもったフラボノイドの1つで、クランベリー、ブルーベリー、ぶどう、ザクロ、ナス、紫いも、アロニア(チョークベリー)などの持つ色素です。日本でもブルーベリーのアントシアニンは有名ですが、強い抗酸化作用を持ったフラボノイドの1つです。2007年8月にポーランドの研究チームが発表したメタボリックシンドロームの改善治療に関する報告は興味深く、1日あたり300mgのアロニアから抽出されたアントシアニンを3回にわけ(100mg/回)2カ月飲んでもらったところ、平均で上の血圧が12.37mmHg、下が5.07mmHg低下していることが報告されています。この研究報告では、同時に総コレステロールが平均で14.84mg/dl、LDLコレステロールが12.5mg/dl、それぞれ低下していることが報告されています。、また、2008年8月にアメリカの臨床栄養学誌で発表されたイスラエルの研究チームによる報告によると、1日あたり50ccのアントシアニンリッチなザクロジュースを飲むことで、平均12%の血圧降下の作用があったことが報告されています。

5、オメガ-3脂肪酸
オメガ-3脂肪酸については昨年6月にテーマで取り上げていますが、多価不飽和脂肪酸の1つです。栄養医学研究所でも扱っているタラの肝油をはじめ、サケ、サバ、イワシ、マグロなどの魚に含まれるDHA/EPA(長鎖脂肪酸)、また、植物性素材に含まれるα-リノレン酸(ALA・短鎖脂肪酸)では最近日本でも話題のフラックスオイルをはじめ、ナッツ類、大豆、カボチャの種子、緑黄色野菜にも含まれています。ただ、植物性素材のALAの場合、短鎖脂肪酸なので、体内でDHA/EPAに変化合成させる必要があります。
オメガ-3脂肪酸が血圧を低くする作用を持つことについては、この10年間で沢山の記事や文献が報告されていますが、その1に日本の滋賀大学の上島らが2008年に発表したオメガ-3が心臓病予防と血圧コントロールに及ぼす影響についての報告は世界的にも注目されました。日本人を含むアジア人とイギリス人、アメリカ人の白人の合計4、680人が酸化した疫学調査ですが、魚油由来のオメガ-3必須脂肪酸が血圧を低下させる効果があることを報告しています。
by nutmed | 2010-04-29 07:13