人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第848回 胃酸と吸収  機能を改善する素材 その2

週末は我が家の桜について毛虫の駆除をおこないました。今年は猛暑続きなので、さすがに例年よりも時期が遅いことと、数が少ないようです。 秋の虫もようやく合唱ができるほど数が増えつつあるようですが、日中の暑さのせいもあって、泣き始めの時間が深夜から早朝にかけてになるため、騒々しささえ感じることがあります。

さて、今日は機能改善のための機能素材の2回目です。

1、ショウガ(Ginger)
今までもショウガの効用については幾度も紹介してきましたし、日本人の食生活の中に日常的に使われる食材の1つでもあります。ショウガに含まれるフラボノイドのギンゲロール(Gingerol)には、血流量の増加、生理痛緩和、鎮痛作用のほか、カプサイシンと似た作用によって、食道、胃腸の粘膜を保護する粘液の分泌を促進する作用があります。
第848回 胃酸と吸収  機能を改善する素材 その2_d0070361_1091946.jpg


2、必須脂肪酸
オメガ-3、オメガ-6に代表される必須脂肪酸(EFA)には、強力な抗酸化作用があり、損傷を受けた胃腸の粘膜の回復には有効な素材です。しかし、オメガ-3(抗炎症作用を持つ)とオメガ-6(炎症を誘発する作用も持つ)のバランスは重要で、過剰にオメガ-6を摂取することは、かえって損傷部位の炎症を憎悪させてしまう可能性があるので注意が必要です。私が勧める最適なオメガ-3とオメガ-6のバランス素材は、フラックスオイルです。
第848回 胃酸と吸収  機能を改善する素材 その2_d0070361_10104439.jpg

第848回 胃酸と吸収  機能を改善する素材 その2_d0070361_10111397.jpg


3、カモミール
日本でもハーブティの素材として人気の高いカモミールには、抗炎症作用があります。カモミールはヨーロッパでは昔から胃腸の粘膜保護ハーブとして使われてきた歴史があります。特に、逆流性食道炎(GERD)の傾向がある人は、食後のカモミールティ(あまり熱くない)は、GERDによって引き起こされる食道下部粘膜の損傷緩和には有効なハーブです。
第848回 胃酸と吸収  機能を改善する素材 その2_d0070361_10114870.jpg

by nutmed | 2010-08-30 10:12