第960回 アーバインから

昨晩、サンフランシスコからのナイトフライトで、アーバインに移動してきました。アーバインはこの15年で20回以上来ていますが、この2年間ほどは、以前のような目覚しい開発発展が感じられなくなり、街の勢いも薄れてきたようです。それもやはり失業率の高騰と土地家屋の価格下落が依然として底を突いていない状況によるもののようです。ここには、私が留学研修中の友人のドクターが2人いて、昨夜はオレンジカウンティ空港(Santa Ana)まで迎えに来てくれた後に、夕食をともにしましたが、10月から11月の失業率は15%を超えたそうです。 大学生の就職難は日本だけの話ではないようで、ここアーバインにあるUSアーバインの卒業生にとっても今年は過去にないほどの就職難のようです。USアーバインのMBAコースは全米でも指折りのコースですが、ここでさえ就職が厳しい状況があります。

今日は、私がフォーミュラし、栄養医学研究所で扱っているサプリメントの40%を製造を委託している工場の定期査察のために、アーバインから車で1時間ほどのMira Lomaという街まででかけてきました。Mira Lomaは1昨年にアンジェリーナジョリー主演の「チェンジリング」という映画で、この街の存在がクローズアップされました。 砂漠気候にあり、1年中ドライなので肌には辛い気候の土地ですね。

ここ最近のアメリカのサプリメントマーケットの状況は、ここ数年の新たな見解を受けて、ビタミンDの販売数が劇的に伸びています。また、マルチタイプのビタミンミネラルが多少かげりを見せ、今まで以上に体内環境と症状に対してより具体的なビタミン、ミネラル、アミノ酸そして機能性成分のサプリメントの市場が伸びてきました。

明日はSanta Anaにあるもう1つのサプリメント工場の定期査察と、新たなハーブサプリメントの開発打ち合わせです。
by nutmed | 2010-12-07 14:29