第1143回 白内障の改善素材

第1143回 白内障の改善素材_d0070361_15271988.jpg 今日はこの冬一番の寒さの東京です。ここ中央区の新富町界隈でも昼前にチラホラと雪でもなくみぞれでもないようなものが一瞬舞いました! このまま寒くなるかと思いきや、明日からまた17℃くらいに気温が上昇するそうで、本当に体調管理が難しくなりますね。
今日は、夕方から武道館でのクラプトンのコンサートにでかけます^o^ そとは寒くなりますが、武道館のアリーナは熱くなるでしょう!

さて、今日は読者の方からの問い合わせに答えたいと思います。以前から、白内障の予防や、すでに始まった症状の改善、また手術などの施術前後のサポートに有効な素材を教えて欲しいという方々からの問い合わせが比較的多かったので・・・

白内障は年齢が50歳を過ぎてから比較的多く見られる疾患で、症状としては視野に霧がかかったようになる、景色や文字が二重に見える、茶色の点が視野にかかるなどがあります。
食生活では、眼球レンズの濁りを改善するため、強力な抗酸化作用を持つバイオフラボノイドが豊富な緑黄色野菜を積極的に食べることが最大のお勧めです。
それに加えて、以下の栄養素を摂取することが、白内障の進行を和らげ、症状の改善に有効です。

ビタミンA(10000IU/日)
ビタミンC(1000mgX3/日)
β―カロチン(25000IU/日)
ブドウ種子エキス(300mg/日)
ルテイン(80mg/日)
ビルベリーエキス(1000mg)
セレン(100μg/日)
亜鉛(50mg/日)
銅(3mg/日)
マンガン(10mg/日)
L-リジン(500mg/日):牛乳はL-リジンの吸収を妨げるので避ける
ビタミンB6(100mg/日)
グルタミン酸(300mg/日)
ユッカ(1000mg/日)ハーブ
タラの油(γリノレン酸 400mg/日)


これらの栄養素は、加齢性の黄班変性や緑内障の予防改善にも有効なもので、別な見方をすれば、これらの栄養素は目の働きには不可欠でもあると言えます。

さて、明日から週末ですね。
来週はまた気温が高くなるようなので、週末は体調管理に努めてください。
それでは皆さん、良い週末を!
by nutmed | 2011-12-02 15:44