人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第1233回 イタリアより

第1233回 イタリアより_d0070361_0265618.jpg

この日曜日に日本を出発し、当初予定だったドイツ、マストリヒトでの研究会学会が急遽ローマ開催されることとなって昨日までローマのおりました。連日の夏日のローマではセッションや討論会が全て午前中の涼しい時間帯(午前7時30分スタート!)で進められてきました。3年に1回開催されるヨーロッパを中心とする毒素ミネラルに関する臨床研究会学会ですが、今回は日本を出る前から昨年311の福島原発の件が話題になることは想像に難くはなく、案の定2日目のセッションでは日本政府の対応だけでなく、国民の食生活、特にセシウム、ウラニウムなどの放射線ミネラルの蓄積と蓄積による細胞のDNAへのダメージの予防と対応について、日本からただ一人出席していた私への質問が集中し、正に責められているような辛い場面がありました。ランチタイム中もドイツ、インド、ポルトガルから参加の旧知ドクターたちからも、今回の原発事故の影響はすでに日本だけに限らず、大気汚染を含め世界中波及していることへの日本国民の認識の低さと自覚のないことに沢山苦言をいただき食傷気味になったのは事実でした。この件については、帰国後に改めてテーマとして扱う予定です。
出張後半は自己啓発と称してイタリアの食や栄養事情に触れる旅をスタートさせ、昨日にはルネッサンスの聖地でもあるフィレンツェに移動してきました。フィレンツェは言わずと知れたメディチ家繁栄の拠点でもあり、家紋にユリの花同様医薬品の錠剤の形状が使われるなど、医療とも深い関係を持つイタリアのかつての首都です。
第1233回 イタリアより_d0070361_0265873.jpg

フィレンツェにはイノシシ薬局など世界的有名な薬局のほか、アロマ素材、フラワーエッセンスなどを扱う有名な専門店がいくつかあります。今日はその中の1軒「Spezierie palazzo Vecchio」というポンテベッキオ橋のそばにあるアロマ素材とサプリメントを扱うショップを覗いてきました。このショップ日本でも知る人が多いそうで、私が訪れた時にも、関西かやってきたアロマテラピーを行っているアロマテラピストの数名のグループが素材をどっさり購入していました。私が驚いたのは、サプリメントの棚の中に、オメガ-3オイルのフラックスに、多くの国では医薬品扱いの脂質改善薬スタチン系のリポスタチンを配合した脂質異常症改善サプリメントは堂々と販売されていたことです。国が変われば・・・とは言いますが、それにしても究極コンビネーションサプリメントに間違いないでしょう。パスタ、ピッツアなど小麦粉の消費量が莫大な国民なのに、イタリア人セリアック病や小麦グルテン不耐性が話題になったという話は耳にしませんね。
by nutmed | 2012-07-26 23:46