第1236回 ケイ素ウォーターモニター結果一部報告

今日の天気はめまぐるしいです。 朝一番でここ川越も強い雨に襲われ、昼前には雷鳴が響き、分厚い雲に空一面が覆われ。今日はほどよいお湿りの1日になるかと思いきや、これを書いている今、午後3時30分、外は一変、照りつける太陽がニッコリと顔を出し、昼まで降っていた雨のおかげもあってムシムシと暑い日が戻ってきました。

今年の6月1日にブログ誌上で募集したモニターの方にご協力をお願いして行いました、ケイ素入りの機能性ミネラルウォーターにつきまして、約3週間の試飲の体感モニター結果の途中段階での集計結果がでたので紹介させてもらおうと思います。
募集人数5名のところ、応募していただいた方の人数は30人強で、このミネラルウォーターを販売する会社の社長に相談しまして、モニター対象人数の拡大をお願いしました。最終的には16人の方にモニターをお願いすることになり、約3週間の試飲後のアンケート結果を現在集計しております。
モニター期間としては26日間と短いと言えば短かったので、協力していただいた方々に体感実感していただけるものがあるのかどうか多少不安でもありました。
モニター終了後のアンケートに回答していただく形で、期間中にケイ素入りのミネラルウォーターを継続して飲むことで、多少なりとも感じた内容を確認させていただきました。
いくつかのアンケート回答結果を見ると、想像していた以上に多くの協力者がケイ素の積極的な摂取による体内環境の変化を実感していました。
目を引いたのは、皮膚と爪に関する回答内容で、「皮膚の乾燥が少なくなった」と回答してくれたのは全体の75%(16人中12人)で、具体的に乾燥が少なくなった部位として足のかかとと顔をあげています。爪に関しては94%(16人中15人)が「爪が伸びるのが早くなった」と回答しています。爪の伸びが早くなったことは、すなわち爪を作っている構成成分の1つであるケイ素が積極的に補充され十分量充たされていたことからだと考えられます。どのようにして爪の伸びる速度が早くなったことを感じたのかという点については、面白いことに15人中8人が同じ回答で、「ソックスをはくときに爪がソックスの生地にひっかることで感じた」とコメントしてくれています。そのほか、「髪の毛のコシが強くなったと感じる」と回答した人は44%(16人中7人)で、爪の伸びが早くなった実感結果を考えると、同じたんぱく質と構成成分でできた毛髪への実感は思っていたよりも少なかったのは、単純に飲んでもらった日数の関係かもしれないと考えており、2カ月ほど飲んでもらえると毛髪へのポジティブな実感結果も得られると思っています。
ケイ素は地球上に最も多く存在するミネラルの1つです。カルシウムの吸収を促進する働き、ビタミンDの働きを促進するほか、グルコサミンの合成を促進する作用が確認されており、骨と歯を作り丈夫にする働きがあるほか、軟骨組織や皮膚のコラーゲンの生成には必要なミネラルです。地球上では炭素の次に多く存在するミネラルですから、野菜や肉など多くの食材に含まれています。一方で人間は、ケイ素は酸素と結合したケイ酸の形でなければケイ素を吸収できません。ケイ素がカルシウム、グルコサミン、ビタミンD、そしてコラーゲンの働きに関わる重要なミネラルであることを考えると、男女、そして年齢を問わず必要な必須ミネラルであるとともに、健康な体内環境と生活の質を向上させるためには、毎日意識して摂るべきミネラルであると言えるでしょう。また、ケイ素が関与する体内環境の内容を見るとわかるように、カルシウムやマグネシウムと同様に、細胞の営みを考えるとほぼ日常的に必須なミネラルの1つで、速やかな供給が重要なミネラルでもあります。現代人の食生活を考えると、ケイ素というミネラルの充足率については、カルシウムや鉄、マグネシウムに比べると圧倒的に少ないのではないかとも感じている半面、女性が大好きなコラーゲンの体内での合成には不可欠なミネラルであrと同時に、骨と歯の構成ミネラルとしても重要であることを認識し、積極的な補充は必要だと思います。
by nutmed | 2012-08-06 15:28