第1362回 最近のアメリカのサプリメント話題

この1カ月間、アメリカのサプリメントマーケットを賑わせている話題は、何と言ってもDr.Ozショーで紹介されて1夜で100億円を売り上げたGreen Coffeeのクロロゲン酸による〜減量効果のデーターは捏造で効果は見られないことが暴露されたことでしう。ここへきてFDAが本格的にDr.Ozの事情聴取をすることになったようで、コーヒークロロゲン酸商品は一気に向かい風に直面しているようです。日本では今だに三ケ月マークの会社の鼻息があらいようですが。クロロゲン酸に隠れてしまいましたが、比較的インパクトが大きかった話題に、Dr,Bestブランド(日本でもアメリカのサプリメント通販ではポピュラーなブランド)のRed Yeast Rice(紅麹)サプリメントにコレステロール改善、脂質異常症の改善の処方薬成分であるロバスタチンが含まれていたことが判明し、FDAに7000本強の自主回収(リコール)申請が出されたことでしょう。元々、脂質異常症改善の処方薬の主成分スタチンは、紅麹から日本人が発見した物質なので、効果はスタチン系薬に匹敵するものがありますが、今回の商品には、明らかに医薬品のロバスタチンが配合されていたようです。アメリカでもRed Yeast Riceのサプリメントを扱うメーカーは多いので、今回の件でのダメージは少なくないようです。
http://www.fda.gov/Safety/Recalls/ucm402584.htm
by nutmed | 2014-07-08 12:50