第1397回 代謝タイプについて

皆さんは「代謝」という言葉についてはご存じだと思いますが、今日のテーマに入る前に、代謝とは何かを簡単に説明しておきます。代謝とは、飲食によって摂取した食物を、様々な化学変化のプロセスを経て、体の細胞臓器が活動するために必要なエネルギーを得ることです。このプロセスで重要な役割を担っているのが「燃焼」または「酸化」というプロセスです。
この代謝でエネルギーを得るための食材の対象は、炭水化物・たんぱく質・脂質の3台栄養素になりますが、どの栄養素をエネルギー源とするのが得意なのか不得意なのかのタイプが人間にはあるらしいことがわかりはじめてきました。 アメリカやカナダでは、エネルギー獲得のために、自分がどのタイプなのかを知ることが、健康管理、ダイエット、症状の改善に有効であることが報告され始めています。
大きく分けると、炭水化物タイプ」「たんぱく質タイプ」「ミックスタイプ」の3つに分けられ、さらにミックスタイプは「炭水化物傾向」と「たんぱく質傾向」の2つに分けられます。
わかりやすく説明すると、たんぱく質タイプの人は、強力な火力のハイカロリーバーナーを持ち、炭水化物タイプの人は火力はそれほど強くないカセットコンロを持っていると考えると理解しやすいかもしれません。
d0070361_9453417.jpg

d0070361_9462159.jpg

代謝タイプは、エネルギーを得るために、食物を燃焼)酸化)させる能力が速いタイプと遅いタイプのどちらであるかを知るということでもあります。
たんぱく質、脂肪は酸化(燃焼)に時間がかかり、炭水化物は酸化(燃焼)に時間はかからないということです。
たんぱく質タイプ
酸化(燃焼)が速いタイプ=Fast Oxidizer
エネルギーを生産するためには高たんぱく質、高脂肪、低炭水化物の食物が最適。  常時エネルギーを作り出すためには燃焼に時間のかかるたんぱく質と脂肪を速く酸化(燃焼)させることが要求される
炭水化物タイプ
酸化(燃焼)が遅いタイプ=Slow Oxidize
エネルギーを生産するためには高炭水化物、低たんぱく質、低脂肪の食物が最適  エネルギーの供給が途絶えることで細胞の働きに影響がでるため、すぐに燃焼してしまう炭水化物を時間をかけてゆっくり酸化(燃焼)させることが要求される

代謝タイプを知ることのメリットは、自分がどのタイプなのかを知ることで、効率的なエネルギーを得ることができることです。 炭水化物の食材は言ってみれば、ティッシュペーパーや新聞紙のようなもので、弱い火力でも燃やす(燃焼)ことができますが、複雑な構造の大木のようなたんぱく質を燃やす(燃焼)ためにあ、強力な火力でなければいつまでたってもエネルギー源の糖分を得ることができません。つまり、炭水化物タイプの人が肉や脂肪ばかりを食べていれば、なかなかエネルギーを得て代謝することができない、逆にたんぱく質タイプの人が、すぐに燃えてしまうティッシュペーパーのような小麦や米ばかりを食べていれば、どちらもエネルギーの枯渇状態になり、疲労感、集中力、記憶力の低下、パフォーマンスの低下につながる可能性が高くなります。
by nutmed | 2015-05-27 10:07