人気ブログランキング | 話題のタグを見る

閉経と2型t運用病のリスク

女性の閉経後の2型糖尿病のリスクが高まることについては、以前からたくさんの研究が報告されています。
その最大の理由は、自女性ホルモン「エストロゲン」が閉経前後から閉経後、大きく変化し分泌量が減少することによるものと考えられています。
2002年にアメリカオクラホマ大学の研究チームが長期間の閉経女性のインスリン、血糖値、エストロゲンレベルの追跡調査を行った内容が報告されていますが、この報告をみると、閉経後の女性の血統コントロール、特に、インスリンの抵抗性増大による2型糖尿病への罹患リスクが高くなってきていることがうかがえます。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11874937&prev=search)
もう1つ、閉経後の女性の2型糖尿病リスクが増える背景として考えられることは、カンジダ菌の増殖によるインスリン抵抗性増大により、2型糖尿病のリスクが増えることだと考えられます。
以前にもこのブログでは、カンジダ菌が女性ホルモンエストロゲンに与える影響と、最近ではインスリン抵抗性を増大させることを紹介してきました。つまり、カンジダ菌の増殖は、エストロゲンの機能とインスリンの抵抗性の両者に直接的関節駅に影響を与えるということが考えられます。
閉経後の女性には膣カンジダ症をはじめとして、カンジダ菌による症状が増えることも報告されていますが・閉経前後から、カンジダ菌の積極的なコントロールを強く意識することは大切だと思います。

また、閉経後にホルモン補充療法を進めらr手ばあいにも、主治医にカンジダ菌の確認はしていただくべきだと思います。

by nutmed | 2017-05-29 11:25