人気ブログランキング | 話題のタグを見る

天然成分という考え方

私の栄養医学研究所ではサプリメントを15種類ほど作っていますが、フォーミュラは全て私自身が設計したもので、その素材成分はかなり厳格な基準で選定しています。このうち98%のサプリメントは米国とドイツ、カナダで製造しており、天然、有機やオーガニックというような日本では比較的曖昧な表現をされているものではなく、「人間の体内が吸収でき活用できる素材成分」として「バイオアイデンティカル」な素材を選定しています。
栄養医学研究所のサプリメントの中にはローズマリーやシナモンなどのハーブを粉砕したものを配合しているものがありますが、先日、一般の方からあった問合せの中に「3ヶ月前に購入したサプリメントと今日購入したサプリメントでは同じものなのに色も臭いも違うけど、中身に問題があるんじゃないか?」というものがありました。
天然成分という考え方_d0070361_17432270.jpg

ここで少し考えていただきたいのは、ローズマリーやシナモンなどのハーブは皆さんが毎日食べているトマトや茄子、キュウリ、カボチャと言った野菜と同じで、季節、天候、土の養分、収穫時期、種類によってその色、形、臭いまで変わります。日本人は世界的に見ても「規格」が非常に好きな国民ですが、それでも形も大きさも色も絵に描いたように全く同じトマトやキュウリがいつも店に並んでいるとなったらどうでしょう?少し変だと思いませんか?それこそ人間が手を加えて色も形も大きさも寸分違わぬ規格とおりの野菜に安心感を感じるのであればべつですが・・
私は自然の恵みを受けて育った植物の恩恵を受けているのが人間だと考えれば、季節、天候、土の養分、収穫時期、種類によってその色、形、臭いまでもが異なることが至って自然な当たり前の考え方だと考えていて、逆に食材でもサプリメントでも天然やオーガニックとうたっているにもかかわらず絵に描いたように規格で作られたものに違和感を覚えます・・・
皆さんはいかがでしょうか・・・・・
by nutmed | 2006-08-23 17:53