人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ピアノの調律

昨日は今期2度目のサプリメントカウンセラー養成講座の講義に行ってきました。今回のテーマは欧米のサプリメント事情についてでした。内容はほとんどがアメリカの事情でしたが、なぜアメリカがサプリメント大国の道を歩み始めたのか?からその背景についてでしたが、いつものことかなが時間にもっと余裕を持っておけばいいのですが、どうしてもしゃべりだすと皆さんに知ってもらいたいことが沢山あって時間が押してしまいますね・・・

さて、今朝は朝から娘の友人(プロの調律士)が我が家に来て、暫く調律を怠っていたピアノの調律をしてくれました。調律は、ピアノ線の音を確かめながら、湿気、温度などの環境だけでなく、弾く人間の癖や使われ方によって調子が乱れた状態を治すそうですが、どうも私の立場から見てると人間と同じなんだな、と思われてきます。
長い時間、食生活、住環境、そしてストレスなどの要因によって酷使されてきた人間の体は、ピアノのように都合よく調律して治してくもらうわけにはいきませんね。ピアノだって、素人からみればちゃんと音が出ているように思うのですが、調律士や音楽家に聞かせれば一目瞭然で調子の悪さが浮き彫りになってしまいます。
人間も同じですね。毎日何気なく見過ごしている些細な自覚症状や体の変調が、当たり前のようになっている日常生活を送ってはいないでしょうか? 我々には調律士のような存在がいません。医者だって私たち本人が地自覚症状をうったえていかなければ何がなんだかわかりませんね。
そのために、毎日の体調の変化を観察する癖をつけることが大切なんだということを私はずっと提唱してきています。健康で調子がいいときこそ、その状態を覚えておき、毎日の生活の中でそれを確認しながら体調、体内環境の変化を自分自身でチェックすることです。
by nutmed | 2006-10-29 14:49