人気ブログランキング | 話題のタグを見る

体内に蓄積した重金属の影響-鉛その2

昨日はボストン在住の旧知のボストニアンのドクターとイングリッシュクラムチャウダーを久々に食べました。皆さんがご存知のクラムチャウダーは白いスープのものだと思いますが、東海岸、特にボストンでは茶色の濃いスープのクラムチャウダーなんです。冬はこれにラム酒
を少し垂らしていただくと、心も体の温かくなること請け合いです!

さて、今日は鉛の2回目。
鉛が塗料からくることは昨日話しましたが、それ以外には有鉛ガソリン、かん詰、新聞紙(インキに含まれるため)、煙草、大気汚染、及び、汚染された水が考えられます。また、地面に埋設された古い水道管(戦前戦後に埋設されたもの)は鉛管を使っているところがまだあるようですが、徐々に自治体によって変換されてはいるようです。
スペインの画家Goyaは鉛中毒で死亡したことをご存知ですか?Goyaの絵画の明るい白色塗料に極めて高濃度の重炭酸鉛が含まれていることが判明していますが、この塗料は皮膚に浸透して有害な蒸気を放出し、脳障害を引き起こします。Goyaは、めまい、精神錯乱、幻覚、平衡感覚の喪失といったような症状を発現し、これらの症状はすべて鉛中毒でみられる典型的な症状で、Goyaは46歳のときに、不可解な精神障害を患い、そのことでますます奇怪になった晩年の作品の理由がつくといわれています。
体内に蓄積した重金属の影響-鉛その2_d0070361_1053224.jpg

鉛はδ-アミノレブリン酸という造血には不可欠な物質の合成を阻害します。δ-アミノレブリン酸はポルフィリンの前駆物質で、このポルフィリンは血液のヘモグロビンに不可欠な成分です。「ヘム」を作っているのは鉄とこのポルフィリンで、その前駆物質であるδ-アミノレブリン酸の合成が阻害されることで重篤な造血障害を招いてしまうわけです。
爪や毛髪分析で鉛が高い場合には医療施設で血液および尿中の鉛の値を検査して中毒域にあるか同かを確認する必要があります。水銀と同様に体内の鉛を体外への排泄促進をするためには、キレーションという方法がありますが、ビタミンA、ビタミンB6、ビタミンB3(ニコチンアミド)、ビタミンC、ビタミンD、リン、クロム、カルシウムなどのサプリメント摂取が有効です。
by nutmed | 2007-01-30 10:54