人気ブログランキング | 話題のタグを見る

再びシアトルから

こちらは今2月24日(土)午後4時15分です。チャイニーズニューイヤーのあおりを受けて、週末の帰国便が取れず、再びシアトルに戻ってきました。明日シアトルから帰国の途につきます。
それにしても、西海岸はいずこも中国人がかりが目立つ今週でした。

今回カリフォルニアのアーバインでは、今後栄養医学研究所が新たにフォーミュラしたサプリメントを製造する工場のとの提携解約をすることが大きな目的でした。
新たに提携するサプリメント製造工場は、GMP(Good Manufucuture Practice)を持ち、フォーミュレーション管理r地だけでなく、素材管理、精度管理、パッキング管理まで、各セクションに専任の博士号を持つスタッフが常任する全米でも類を見ないマニュファクチャーです。
日本でも今後、厚生労働省がサプリメントの製造に際して医薬品の製造ライン同様にGMPに準拠する工場を求めてくるでしょう。
それは消費者にとってはいいことです。ただ、危惧されることは、あくまでも食品である、サプリメントに医薬品と同等の基準や制約を求めることによる消費者への価格負担がのしかかかることであり、これはかって米国でも大きな問題になり、かえって食の安全性を妨げる結果にもなった歴史があったことから、この、問題は時間をかけて議論する余地が残されていると思います。
by nutmed | 2007-02-25 09:57