人気ブログランキング | 話題のタグを見る

今日は帰国の途に・・

今朝のシアトルは気温3℃、午後から雪の予報がでています。今は2月25日(日)の午前8時30分。これから荷造りして午後1時の便で成田に向けて出発です。
今日はロスアンジェルスでアカデミー賞の授賞式がありますね。

昨晩、私の友人でシアトルに在住している日本人の栄養士と夕食をしたんですが、最近米国でにわかに或る日本食が人気だそうです。それは「酢の物」だそうです。私の記憶では白人は日本人が好むような酸っぱさは苦手だと思っていました。せいぜいピクルスぐらい、それもかなり甘い酸味のものですからね。
なぜ、アメリカ人が酢の物に興味を示し始めたのでしょう? その背景には、もちろんクエン酸とエネルギー生産ということがあるんですが、それ以上に酢の酸が食材に含まれる栄養素、特にミネラルの吸収を促進してくれるからという点にあるようです。
事実、自然治癒療法医師(ND)やカイロプラクティショナーなどが、中高齢者、特に女性の骨粗しょう症予防にワカメとイワシや貝類の酢の物を勧めているようです。

こうしてみると、世界に数ある食事、料理の中でも我々日本人が続けてきた日本の食というものが、残念ながら当の日本では徐々に食卓から姿を消そうとしているのに、日本以外の人たちによって、その有効性や大きな可能性が見出されていることは、嬉しいような悲しいような・・・

海外出張をするたびに、日本では語られなくなった、食べることが少なくなったものを、その地で再認識させられることはちょっと複雑な思いもします。

健康食品のように加工されたものばかりがもてはやされる昨今ですが、今一度、日本の食生活と食材、そして何よりも素材の力を感受できる「旬」を意識した日本古来の食生活を見直して欲しいものですね。
by nutmed | 2007-02-26 01:43