人気ブログランキング | 話題のタグを見る

メタボリックシンドローム改善の食事

最近、日本でもすこしづつ名前が浸透しつつある「FLAXオイル」ですが、私自身は12年前から愛用し、またアトピー性皮膚炎やリウマチでカウンセリングにこられた方に最初にお勧めしている素材です。我が家では3年前からFLAXを庭で育てているのですが、今年も播種の時期になりました。種は一見するとゴマににていて、種はそのまま食べてもおいしいんですが、何よりもその花が美しい!最近、種も流通しているようなので一度お試しあれ!
メタボリックシンドローム改善の食事_d0070361_8525435.jpg

こんな花を咲かせてくれます。

さて、今日は日本でも本格的に国の政策としてスタートを切った、メタノリックシンドローム対策に向けて、改善のための食事内容についてお話しましょう。


1、食事内容
①脂質
・脂質の総量は全摂取カロリーの25-35%に抑える。
・不飽和脂肪酸の摂取量は全摂取カロリーの20%までにする。
②炭水化物
・炭水化物は全摂取カロリーの50-60%に抑える。
・精製漂白された砂糖、小麦などの「白物」の摂取はなるべく避ける。
・主食の米はできる限り玄米にする。
・パンはできる限り全粒粉小麦でイースト菌を使用しない自然発酵のものにする。
・豆類、穀類、果物、野菜を意識して食べるようにする。ただし、果糖の摂りすぎには注意。
③たんぱく質
・低脂肪の動物性たんぱく質を選択する。
・鶏肉、魚の摂取を増やす。
・豆類など植物性たんぱく質の割合を増やす。
④繊維質
・緑黄色野菜、リンゴなどから摂取できる植物性繊維質を増やす
⑤ミネラル
・食卓塩などに含まれるナトリウムの摂取総量は1日あたり2000mg以内にする。
・マグネシウムは1日あたり250-300mgを目安とする
・カルシウムは1日あたり800-1000mgを目安とする
・カリウムは1日あたり3500-4000mgを目安とする
*マグネシウムが豊富に含まれる代表的な食材
ブロッコリ・大豆・リンゴ・バナナ・アボカド・玄米・ニンニク
*カルシウムが豊富に含まれる代表的な食材
ブロッコリ・乳製品・アスパラガス・イワシ・大豆・ゴマ
*カリウムが豊富に含まれる代表的な食材
バナナ・アボカド・ニンニク・ジャガイモ・玄米
by nutmed | 2007-04-11 08:55