オキアミの栄養成分

あー、東京の空もついに泣き始めました・・・。やはり今年はナニーニャの勢力が弱くなってしまったんでしょうかね・・

さて、今日はオキアミについてです。読者の中には海釣りをする方がいれば「オキアミ」といえば撒エサとして熟知しているでしょう。
d0070361_17361029.jpg

エビのような格好をした甲殻類のオキアミはクジラや小魚のエサになるプランクトンの親分です。このオキアミのオイルは最近アメリカで話題の素材なんです。「Krill Oil」という名称で呼ばれており、必須脂肪酸のオメガ-3、オレンジ色の色素で強力あ抗酸化作用をもつアスタキサンチンが豊富に含まれるオイルで、今話題のメタボリック症候群の中性脂肪とLDL-コレステロールを抑制する優れた素材であることがわかっています。
最近の研究では、オキアミの色素であるアスタキサンチンには胃潰瘍の原因と考えられるヘリコバクター・ピロリ菌の繁殖を抑制する作用があることも研究報告され、オキアミから抽出されたオイルが一層注目されています。
元来、必須脂肪酸のオメガ-3は体内で炎症を抑え、痛みを軽減するプロスタグランジンに変換することがわかっていますので、このオメガ-3がリッチに含まれたオキアミから抽出されたオイルは、PMS(生理前症候群)や生理痛、痛風、腰痛などをはじめ、各種炎症を抑える素材としては非常に優秀な素材といえます。

実は日本人は昔からオキアミを佃煮や酢の物など食材として取り入れてきた民族でもありますが、最近では残念ながらあまり食す機会がなくなっています。

オキアミはどこで購入できるのかというと、食材を販売しているマーケットではなく、釣具店にいくのが一番早いでしょう。カチカチに冷凍された塊がブロックで販売されています。
解凍後、よく水で洗って低い温度(60℃くらい)の湯でさらした後に貝類やわかめと酢の物にしてもいいし、ゴハンにふりかけて食べてもおいしい素材ですよ。

カルシウムも豊富ですからお子さんや高齢者の食材としても最適でしょう。
by nutmed | 2007-07-26 17:53