人気ブログランキング | 話題のタグを見る

秋に向けてカンジダ菌対策 その1

昨晩の雷と突然の大雨には驚きました! 落雷や停電で電車など交通機関にも影響があったようで帰宅途中の方への影響も大きかったようですね。
つまらない話ですが、英語で言う「Thunder」は雷鳴のことで、いわゆるピカッと光る稲光は「Lightning」と言うんですが、ご存知でしたか?・・・

さて、今朝は猛暑も和らぎ少しだけ秋の気配を感じましたね。まだまだ油断は許せませんが、もう35度を大きく越える猛暑はない・・ことを祈ります。
この夏は猛暑で皆さん食事環境がかなり崩れてしまったのではないでしょうか。 これから秋の収穫シーズン、自然の旬の恵みが1年で一番多い時期です。その旬の恩恵を受けるためにも、この時期に消化の働きと腸内環境を整えてみてはいかがでしょうか。
そこで今日は腸内環境を整える時のポイントでもあるカンジダ菌の対処方法について少しお話しましょう。
カンジダ菌については以前のブログでも少し紹介してますのでそれを参考にしてみてください。
今日の話題はカンジダ菌を除菌する素材についてです。
カンジダ菌の除菌には、日本では一般的にナイスタチンという抗真菌薬が使われています。非常に効果が高い反面、長期使用における弊害がないわけでもありません。カンジダ菌症に対する認識が非常に進んでいるアメリカでは、カンジダ菌の除菌のために医薬品を使用するケースは以前に比べ低くなってはいます。主に使用される素材はハーブを主体としたこのサプリメントで、栄養療法医師、カイロプラクティクス医師だけでなく、臨床医にもハーブを処方するドクターは多くなっています。カンジダ菌除菌の目的で使用されるハーブで最もポピュラーな素材は、パウダルコ(Pau D’Arco)と呼ばれる中南米を原産とするいわゆる樹皮で、日本でもタヒボ(Taheebo)という名前で健康食品として紹介されていますね。パウダルコと同じくらいポピュラーに使われているハーブが皆さんにもおなじみの「オレガノ」です。その他シナモン、ニンニク、ゴールデンシールといった素材が使われています。これらの素材はカンジダ菌や真菌に非常効果がありますが、注意するべき点がないわけではありません。
秋に向けてカンジダ菌対策 その1_d0070361_1059119.jpg

パウダルコの木・・こんなにきれいな花を咲かせます。ハーブとして使われるのは木の樹皮成分です。
秋に向けてカンジダ菌対策 その1_d0070361_1101863.jpg

お馴染みのオレガノです・・使われるのは種の抽出成分になります。
続きは次回に・・・
by nutmed | 2007-08-29 11:01