人気ブログランキング | 話題のタグを見る

投稿内容の訂正と・・・ハイパーフォリン

急に暖かさが増してきた関東では、どうやら桜の開花も少し早まるような・・。我が家の桜の蕾の1つは今朝すでに開花しました。

さて、今日は読者の方からの問合せで判明した私のブログ記事内容の記載ミスについてこの場を借りて訂正とお詫びを・・・m(_ _)m

古い話ですが昨年2007年1月5日のブログ記事「今年以降話題になる素材」の中で紹介しました「Hyperforin(ハイパーフォリン)」の摂取量で欠落事項ありましたので以下のように訂正いたします。
「日あたりのハイパーフォリンの摂取上限量は、すでにうつ症状や記憶障害などを持っている場合では2mg/日、予防の目的で使用する場合には1mg/日を目安・・」は「日あたりのハイパーフォリンの摂取上限量は、すでにうつ症状や記憶障害などを持っている場合では2mg/kg/日、予防の目的で使用する場合には1mg/kg/日を目安・・」となり、これは体重1kgあたり何mg摂取すればいいかという量になります。
申し訳ありませんでした・・・

ついでに質問者の方に送ったメール内容を見ていて、きっとほかにも同じ症状を持っている方がいるのではと思いますので、ここに紹介させていただくことにします。

国内外問わずSt.Jonn's wartのハーブサプリメント全てにハイパーフォリンが配合されているとは限りませんので必ず確かめてください。通常、ハイパーフォリンの含有量はSt.Jonn's wartの総量に対して3-5%が良識或るメーカーのものですが、多くは0.5%前後ですね。私がカウンセリングでクライアントにお勧めしているのはBio Nurix社のAMORYNという商品です。このサプリメントは確かな医学的エビデンスがありパキシルとの比較試験でもパキシル以上の有効性をあげています。インターネットでAMORYNと検索すると商品が購入できるサイトがいくつかでてきます。
AMORYNにはハイパーフォリンのほかにうつ症状改善のための以下の成分が配合されています。
AMORYN1カプセル中成分量
ハイパーフォリン:18mg
5-HTP(5-hydroxytryptophan):25mg
Rhodiola Rosa(紅景天):90mg
ビタミンB6:20mg
ビタミンB12:30mcg
葉酸:300mcg
ビタミンD3:400IU
亜鉛:15mg
ビタミンC:10mg


飲み方ですが、あまり症状がひどくない初期症状であれば1カプセル/日を朝食後に、症状が中程度の場合には2カプセル/日で、朝食後に1カプセル、昼食後に1カプセルがいいです。必ず服用の間は最低4時間あけてください。これを2週間継続して何らかの効果実感がなければ、朝食後に1カプセル、昼食後に1カプセル、夕食後に1カプセルの1日3カプセルにしてください。1回に1カプセル以上は飲まないようにしてください。今までのデータで実感をする平気的な時間は5-7週間で87%の方が実感をしています。
副作用は稀ですが、今までに報告されているものとしては頭痛、不眠、胃痛があり、飲み始めてから1週間以内に起こるようです。頭痛の場合には水を多めに飲むことで、不眠の場合には1日の最後に飲む時間を就寝の4時間前までに飲むようにすることで、胃痛の多くは空腹状態での服用が原因なので必ず食後20分以内に飲むことで解決するはずです。
既にパキシルやプロザックなどのSSRI薬を処方されている場合には主治医に相談してからAMORYNを飲むようにしてください。
内容素材に米粉が入っていますのでアレルギーがある場合には避けたほうがいいですね。

ドクターにはハイパーフォリンやビタミン・ミネラルの件を相談するとき「そんなワケのわからないものはやめなさい」と一括されないと思いますので以下の文献集の部分をコピーして持参するといいでしょう。

参考文献
(1) Szegedi A, Kohnen R, Dienel A, Kieser M. Acute treatment of moderate to severe depression with hypericum extract WS 5570 (St John's wort): randomised controlled double blind non-inferiority trial versus paroxetine. British Medical Journal 2005 Feb.
(2) Fava M, Alpert J, Nierenberg AA, Mischoulon D, et al. A double-blind, randomized trial of St. John's wort, fluoxetine, and placebo in major depressive disorder. J Clin Psychopharmacol 2005 Oct;25(5):441-7.
(3) Gastpar M, Singer A, Zeller K. Efficacy and tolerability of hypericum extract STW3 in long-term treatment with a once-daily dosage in comparison with sertraline. Pharmacopsychiatry 2005 Mar;38(2):78-86.
(4) Kasper S, Dienel A. Cluster analysis of symptoms during antidepressant treatment with Hypericum extract in mildly to moderately depressed out-patients. A meta-analysis of data from three randomized, placebo-controlled trials. Psychopharmacology (Berl) 2002 Nov;164(3):301-8.
(5) Schulz V. Clinical trials with hypericum extracts in patients with depression--results, comparisons, conclusions for therapy with antidepressant drugs. Phytomedicine 2002 Jul;9(5):468-74.
(6) Lecrubier Y, Clerc G, Didi R, Kieser M. Efficacy of St. John's wort extract WS 5570 in major depression: a double-blind, placebo-controlled trial. Am J Psychiatry 2002 Aug;159(8):1361-6.
(7) Friede M, Henneicke von Zepelin HH, Freudenstein J. Differential therapy of mild to moderate depressive episodes (ICD-10 F 32.0; F 32.1) with St. John's wort. Pharmacopsychiatry 2001 Jul;34 Suppl 1:S38-41.
(8) Brenner R, Azbel V, Madhusoodanan S, Pawlowska M. Comparison of an extract of hypericum (LI 160) and sertraline in the treatment of depression: a double-blind, randomized pilot study. Clinical Therapeutics 2000 Apr;22(4):411-9.

by nutmed | 2008-03-19 14:47