人気ブログランキング | 話題のタグを見る

メタボの改善にチョコレートを食べましょう!

今朝は車で出社したんですが、車内で聞いたラジオの交通情報で中央線の変電所が火災で上下線が早朝から全面ストップとのこと。中央線は首都圏の大動脈の1つでもあるので朝のラッシュ、おまけに雨の今日はしばらくダイヤが混乱するでしょうね・・

さて、今日から数回にわけてメタボの改善にチョコレートを食べましょう!と、少し唐突かもしれませんが、お話しましょう。

私の師匠でもあるシアトルはタホマクリニックの院長でもあり世界的に著名な栄養療法医師Dr.ライトは、5年ほど前から私が会うたびにチョコレートの機能性について熱弁してくれていました。余談ですが、シアトルと言えばスターバックスやシアトルベストコーヒー、タリーズなど名だたるコーヒーショップの発祥の地。私は幾度もDr.ライトと奥様のホリーと食事をする機会があり、かつて3回、Dr.ライト夫妻と一緒にKENT市郊外のショッピングモールで夕食をともにした後、ホリーが「スターバックスに行こう」と言い出しました。Dr.ライトは日頃から「コーヒーは毒」に近いことを提唱しているのでスターバックスに行くことなどあり得ないと思っていました。
ホリーと私はラテのトールサイズを注文しているとDr.ライトが「私はホットチョコレート。ニブで砂糖は抜きだよ」これには私も少し驚きましたが、その後の彼の話を聞いて納得でもありました。

まさにこれからお話するのがチョコレートはチョコレートでも私たちが一般に食べるチョコレートとは少し違うものなんです。この「ニブ:Nib」が今回のキーワードになります。
チョコレートの原料になるのは皆さんもご存じのカカオですね。
メタボの改善にチョコレートを食べましょう!_d0070361_946735.jpg

こんな風に木になってますよね。

一般にカカオ豆は成熟したカカオポッド呼ばれる大きな実(上の写真がカカオポッドになります)のなかに30-40粒含まれています。カカオポッドから取り出されたカカオ豆は発酵過程を経た後ロースティングされ、続いて分離工程で豆殻(カカオシェル)が排除され胚乳部(Nib:ニブ)が取り出されます。このニブは粉砕されペースト状になるとカカオバターとカカオマスが分離されます。これらを原料にチョコレートが製造されています。
メタボの改善にチョコレートを食べましょう!_d0070361_1027289.jpg

これがNib:ニブです。

私たちが一般に食べているチョコレートはこのニブを原料としてここに砂糖や香り、スパイスなどを入れたものです。

このニブには非常に多くの栄養成分、機能性成分が含まれていますが、幸か不幸か他の植物同様に、カカオが生育している土壌や肥料、周辺環境によって含まれる栄養成分、機能性成分の内容や量は大きく変わります。ただ、このニブ入ってみれば現代社会人がさらされている環境要因によって変化しさまざまな症状を表わす状態を改善するために非常に大きな可能性をもった素材と言っても過言ではないでしょう。
最近では日本でもこのニブを加工したり、生のニブを食材として販売する業者もちらほらと出始めています。
ニブの驚くべき機能性の1つを紹介して今日の最後とします。
それは抗酸化性能ですが、皆さんの頭の中に強力な抗酸化性能をもった素材を1つ思い浮かべてくださいと言ったら何を想像しますか? 多くの方はブルベリーやトマトに含まれるポリフェノール(フラボノイド)を想像するのではないでしょうか。このニブはブルーベリーの持つアントシアニン(ポリフェノール)の実に6倍の抗酸化能力を持っていると言えばその可能性の高さを理解していただけるかもしれませんね。

次回はニブの持つメタボ改善の大きな可能性について・・・
by nutmed | 2008-04-10 10:38