人気ブログランキング | 話題のタグを見る

メタボの改善にチョコレートを食べましょう!その2

昨日の中央線の変電所火災による影響は午後2時ころまで続き、結局25万人の足に影響がでたようです。おまけに山手線でも線路の亀裂が見つかり10万人の足に影響がでたそうです。
最近のJRはどうしちゃったんでしょうね・・

さて、今日はカカオニブの2回目です。
早速昨晩から今朝までにたくさんのメールが寄せれれています(笑う)。中にはこんな面白い(失礼・・)メールまで・・「主人が私のチョコレート好きを心配しています。佐藤先生からチョコレートは健康にいいんだとメールしてもらえませんでしょうか・・」
誤解を招く前に説明しておきますが、砂糖がリッチで牛乳などが配合されたチョコレートは私もお勧めはできません。あくまでもチョコレートの原料となるカカオのニブがもっている機能が健康にいいということですので・・

早速カカオニブの優れた機能性について説明しましょう。

1、非常に強力な抗酸化性をもつニブ
カカオニブには非常に強力な抗酸化性能がありその背景にはフラバノール(ポリフェノール)がリッチに含まれているためです。UCバークレー(カリフォルニア大学バークレー校)で行われた抗酸化性能を数値化するORAC分析によると以下の表のように断トツに高い抗酸化能力を持っています。

食品のORAC スコア
カカオニブ:13,120
プルーン:5,770
レーズン:2,830
ブルーベリー:2,400
ブラックベリー:2,036
ケール:1,770
イチゴ:1,540
ホウレンソウ:1,260
ラズベリー:1,220
芽キャベツ:980
プラム: 949
アフファルファ:930
ブロッコリ:890

2、微量ミネラルの宝庫!
カカオニブにはカリウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄などの微量ミネラルが豊富に含まれていて、たとえば血液中に酸素を運ぶび赤血球の働きに不可欠な銅は0.8mg/100g、体内の200種類以上の酵素の働きには不可欠な常用ミネラルでもあるマグネシウムは、131mg/100g含まれています。

3、アミノ酸が豊富!
カカオニブには神経の働きにかかわるアミノ酸が豊富に含まれています。
たとえば、憂鬱な気分高揚させる働きのあるフェニルアラニンは70mg/100g、セロトニンは3mg/100g、チラミンは2mg/100g含まれています。


このほか、カカオニブの脂質には約45%の不飽和脂肪酸のステアリン酸が含まれています。
by nutmed | 2008-04-11 12:24