週末は山梨県牧丘町(最寄り駅はJR塩山)にある保険農園ホテル「フフ山梨」で、合宿体験学習型のセミナーを行ってきました。
d0070361_9391589.jpg
標高800mほどの山の斜面に広がる巨峰ぶどうの畑を眼下に見下ろし、遠くに霊峰富士山の頂を臨む絶好のロケーションです。私にとって、合宿形式のセミナーは初めての試みで、増しては今回のように大自然に囲まれた環境での講義は初体験でした。
d0070361_9432392.jpg
今回のテーマは「ホルモンバランス」でしたが、多くの皆さんが想像している女性ホルモン、男性ホルモンではなく、私のブログではお馴染みの副腎疲労に関わる「副腎ホルモン」のバランスを考え、副腎疲労を予防改善するためのお勉強をしていただきました。 折角の大自然の中でのセミナーなので、施設のオープンスペースを使った屋外での講義、またフフ山梨さんの協力で、副腎疲労改善と予防に有効な地元で収穫された旬の素材をふんだんに使ったレシピの朝夕食は、参加者の皆さんも大満足で、リラックスした雰囲気の中で消化分解のいい食事ができました。
d0070361_10442464.jpg

食事の時には、私のブログでは定番のレモン水を使った胃酸分泌能力の有無を体験自己判定してもらうことも摂り入れて、一方通行の講義を聴くだけではなく、各自が体内環境と副腎の働きうに必要な栄養素が、正しく吸収される環境があるかどうかを体感してもらいました。自分の胃酸の状態をチェックするのは全員が初めてだったようで、非常に新鮮な気持ちの中、昼間の講義の内容を理解するためのバックグラウンドとしては十分効果があったようです。
d0070361_10451665.jpg

今回の1回目のセミナーの参加者は全員女性で、皆さん最初は難しい話が始まったと思っていたそうですが、副腎の働きが女性男性ホルモン、炎症、アレルギー症状、うつ様症状、ストレス管理、に加え、女性のが最も興味のある体重の増減、肌の状態、シミ、しわにも直接的な関わりを持っていることを説明しはじめるや、身を乗り出して聴講してくれました。
d0070361_11312952.jpg

講義の合間に陽春堂さんの協力得て、各自の自律神経のバランスを分析検査する時間を設けて、副腎の働きが自律神経にどのように影響を与えるのかを実感してもらいました。
d0070361_1045333.jpg

夕食後のワークの時間には、ブログで紹介している懐中電灯を使った副腎の疲労状態を確認する自己チェックを、2人1組で行っていただき、自宅にいながら自分で副腎の疲労状態を知る方法を体得してもらいました。

2日目の朝は、カイロプラクターの先生による、副腎機能の向上に役立つ、簡単にできる骨盤の歪み改善方法のレクチャーと、自分でできる副腎を刺激して副腎の働きを向上させる体操の実践レクチャーを全員で行い、充実の2日間でした。
合宿セミナーを終えて、参加者の皆さんは副腎という臓器の存在だけでなく、その働きは多岐多様にわたり、日常的にみすごしている自覚症状や悩みの背景に直接的にも間接的にも関わっていることを理解してくれたようです。今後は自分の手の届く範囲の中で、できることから副腎疲労の予防を実践していきたいと、参加者のの多くがコメントしてくれました。

私にとっても初めての経験だった合宿セミナーでしたが、非常に新鮮で、机上の知識だけでなく、食事や運動を取り入れた総合的で立体的な講義ができることに、今後のセミナーのあり方の1つとして参考にしたいと思いました。
なお、フフ山梨での合宿セミナーは、今後定例化さえれることが決定しまして、この秋から冬には、新たなテーマで合宿セミナーを企画することtになりましたので、興味のある方は是非参加くださいね。
by nutmed | 2013-06-24 15:40